2016年9月28日 (水)

海自護衛艦「くらま」最後の公開

 海上自衛隊佐世保基地所属の第2護衛隊護衛艦「くらま」(水田英幹艦長、5200㌧)が26日に別府国際観光港第3埠頭に寄港し、27日午前10時、歓迎式典が行われた。

0928t3

 「くらま」は昭和56年に就役。海上自衛隊艦艇で初めてCIWS(近接防空火器)を装備し、対艦ミサイルからの個艦防御能力を強化。長距離で潜水艦を探知できる戦術曳航ソナーも初じめて装備され、搭載ヘリと連携して、敵潜水艦が接近する前に探知・撃破を可能にした。54口径5インチ単装速射砲やアスロック、3連装短魚雷発射管などを搭載している。3年に1度行われる観艦式では、4回連続で観閲艦として、歴代総理大臣を乗せてきた。しかし、就役以来36年が経過し、来年3月で除籍が決まっており、別府での一般公開はこれで最後となった。

0928tb2

 入港歓迎式で、阿南寿和副市長(市長代理)が「市民を代表して、心から歓迎します。別府は自然に恵まれ、温泉だけでなく美味しい物も沢山あります。日頃の疲れを日本一の温泉で癒やし、色々な魅力に触れてもらいたい」とあいさつ。江藤勝彦大分県自衛隊父兄会長(市議)は「市民をあげて歓迎します。別府には6回寄港してもらい、市民には馴染みの深い艦。心身をリフレッシュし、明日からの公務に励んでもらいたい」と述べた。
 ミス別府の篠田菜央さんが花束を、阿南副市長が記念品を水田艦長に手渡し、水田艦長から阿南副市長に記念品が贈られた。くらまには5人の大分県出身者が乗艦しており、代表して、別府市出身の立川一行3曹(32)が「除籍前に地元に入港することが出来て、うれしく思います。少しでも親孝行をしたい」と話した。

0928tc2

 水田艦長は「昭和56年に就役以来、主力艦隊として活動をし、来年3月に退役を迎える。くらまは珍しく、定繋港が佐世保のみという艦で、九州の皆さんに愛され、協力してもらいました。そのお礼が出来ればと今回、寄港しました。伝統を次の部隊へ引き継げるように『その先へ』をスローガンに1年やっている」とあいさつした。
 市立別府中央小学校の放課後児童クラブ「ポラリス児童クラブ」から寄せ書きがプレゼントされ、お礼に缶バッジが贈られた。
 午前中は関係者のみの公開だったが、埠頭には多くの人が訪れ、写真を撮るなどして楽しんだ。午後からは一般公開を行い、大勢の親子連れなどが訪れていた。

スナック街は財産の一つ

 別府商工会議所観光業部会の講演会「スナックからの地方創生」が26日午後4時半、ラフィネマリアージュ迎賓館で開催され、約100人が参加した。別府料飲協同組合が共催。

09282

 始めに、山口巧部会長が「谷口先生は、別府市出身で日本で例を見ない学術的な観点からスナックの研究をしています。今までと違った視点で、スナックの現状を話してもらうことで、サービス業に従事する皆さんが何かしらのヒントをつかんで帰れると思っています」とあいさつ。
 講演に移り、講師の首都大学東京教授でスナック研究会代表者の谷口功一さんがなぜスナックの研究をしているのかを「スナックは社交の場であり、地域コミュニティー活動の延長としての側面があるため、もう少し調べてみようと思った」と述べた。
 「ラウンジ、ニュースナック、キャバレーなど呼び方はいろいろあるが、スナックとはママがいてカウンター越しに接客する。飲み方はボトルをキープして、それを飲むところで間違っていないと思う」と語った。
 スナックからの地方創生について「別府は食べ物が素晴らしい。それ以外にも多くの財産があり、スナック街もその一つ。そして、スナックは超高齢化社会の社交の場でストレス発散になっている。それをどのように生かしていくかが大切。ピンチをチャンスに変えることができれば、と思います」と述べた。

09282_2

 講演会終了後、同所で試飲会があり、多くの参加者がグラスを傾けた。また、午後6時からの懇親会(別府料飲協同組合主催)は、杉村千春同協同組合理事長、講演会で講師を務めた谷口さんがそれぞれあいさつし、懇親会がスタート。会場は大いに盛り上がった。

石垣神社秋季大祭

 別府市石垣西の石垣神社(弥田弘幸総代長)で25日午前11時、秋季大祭が行われた。

0928t2

 石垣神社は、少彦名命(すくなびこなのみこと)と菅原道真公を祀っている。元々、山神社が鎮座していたところに、承平7(937)年、医薬の祖神と崇められた少彦名命を出雲国の午間天神社より勧請し、人々の無病息災を祈願したと言われている。その後、文亀3年(1503)年の夏、菅原神に雨乞いをしたところ大雨に恵まれたことから、菅原神を合祀した。毎年、9月の最後の日曜日に秋季大祭を行い、3年に1度は山車が出て賑やかに実施される。
 午前11時から八幡朝見神社によって神事が行われ、大分市の片島里神楽による神楽が行われた。時折、雨がぱらつく天気だったが、大勢の人が訪れて楽しんだ。また、夕方に2回餅まきがあり、盛り上がった。

2016年9月27日 (火)

別府商工会議所と自治会が陳情

 別府商工会議所(千壽健夫会頭)と別府市自治会連合会(塩地奎三郎会長)、鶴見町、荘園町、南荘園町の各自治会は、県道別府山香線の拡幅工事に際し、別府市にも県へ呼びかけるように陳情書を26日午後4時、長野恭紘市長に手渡した。

0927t2_2

 県別府土木事務所には別府市選出の県議らと陳情を行ったが、なかなか進まないことから、別府市にも協力を求めた。
 今回陳情しているのは、南立石の鶴見地獄北交差点から九州横断道路につながる鉄輪温泉入口までの通称「鉄輪線」。現在片側1車線で慢性的な交通渋滞が起きているという。特に、変則5差路である原交差点付近は渋滞がひどく、利便性を阻害していると訴えた。
 また「別府市に乗用車で訪れる観光客にとりましても、鉄輪地区と中心市街地を結ぶ重要路線である本線を利用する機会が多く、混雑することで別府市のイメージ低下を招く恐れがある。さらに、周辺には新別府病院、西別府病院、鶴見台病院など主要な医療施設も多く、本線の混雑が緊急車両等の通行を妨げ、市民の安全性という面においても、多大な問題がある」としている。
 陳情には、会議所から千壽会頭、浦松大八工業部会長、自治会から塩地会長、松宮健太郎鶴見町自治会長、地元の野口哲男市議らが出席。千壽会頭と塩地会長からそれぞれ陳情書が長野市長に手渡された。千壽会頭は「ここ十年で周辺には多くの住居ができ、車も増えた。渋滞を緩和してほしい」と話し、松宮自治会長も現状を訴えた。浦松部会長は「根気強く陳情を重ねていく必要があると思うが、地元の別府市が真剣に必要性を訴えてくれればと思う。せめて、調査費を早くつけて、現状の調査を行ってもらいたい」と話した。
 長野市長は「県に感触を探ってみるが、これは相当な用地買収が必要になると思う。やってくれればこんなにうれしいことはないが」と答えた。

今年3人目の交通死亡事故発生

 26日午後2時45分ごろ、浜脇1丁目の国道10号線で、大分市方面に走行中の大型貨物自動車(10㌧トラック)と第二種原動機付自転車(90㏄バイク)が衝突する事故が起きた。10㌧トラックを運転していた石垣東8丁目の会社員吉平光夫さん(51)にけがはなかったが、バイクを運転していた浜脇3丁目の無職大津一幸さん(85)は頭を強く打ち、意識不明の重体で市内の病院に搬送された。大津さんは1時間29分後、同病院で死亡が確認された。今年3人目の交通死亡事故。

09272

 調べによると、大津さんが運転するバイクが第1車線から第2車線に車線変更した。その際、第2車線を走行していた吉平さん運転の10㌧トラックが第3車線に車線変更しようとした。しかし、第3車線には車が近づいていたため、トラックが第2車線に戻っていたとき、トラックの左前部とバイクの右前部が衝突した。大津さんは市内の病院に搬送されたが、脳挫傷が原因で死亡が確認された。
 別府署は、秋の全国交通安全運動(30日まで)期間中で全県交通非常事態宣言(27日まで)発令中の交通死亡事故のため、速度超過などの取り締まりを強化している。

イノベーション会議

 別府市は、観光に携わる市内の企業や個人が協働して、具体的な観光施策に取り組む場となる産業連携・協働プラットホーム「B-biz LINK」の立ち上げに取り組んでいる。そのための産業連携イノベーションネットワーク会議を26日午後1時30分、水道局会議室で開いた。

0927t2

 「B-biz LINK」は、これまで個々に活動してきた人たちに対し、プラットホームの機能を持ち、新しい考え方で中核企業の支援を行うとともに、起業の支援も行う。
 ネットワーク会議は、行政、金融機関、大学、観光関係者など21人で構成され、斎藤雅樹東海大学海洋学部教授をアドバイザー、大分みんなのキャリア支援センターの小島健一統括をコーディネーターに迎えた。今後は、「B-biz LINK」の設置に向け、別府市の“稼ぐ力”スパイラルアップに必要な、新たな「ひと・もの・しごと」づくりを支援する4「B」i(※)の活用、DMOや産業連携の必要性、金融機関・大学との連携など幅広い分野にわたり議論を交わす。
 長野恭紘市長が1人ひとりに委嘱状を手渡し「昨年10月にこれから5年間の大きな方向性を示す『べっぷ未来共創戦略』を策定し、B-biz LINKの設置を目指している。この会議は、その柱を作る上での母体会議という考え方で議論してもらいたい。あるものを継続し、発展させると共に、新しい挑戦もしていかなければいけないと思うが、行政だけでは出来ない。稼ぐ仕組みの主眼となるもので、100年先も続くものを作る足がけになるという意味では意義のあるもの。沢山の意見を出してもらい、知恵を貸していただきたい」とあいさつ。
 座長に今村正治立命館アジア太平洋大学(APU)副学長、副座長に別府インターナショナルプラザの稲積京子事務局長が選任された。
 議事に入り、別府市の現状と課題(より細かなデータ収集・分析、稼ぐ力の強化など)、協議内容などについて、事務局のDMO推進室から説明があった。12月までには方向性を決め、新しい組織づくり(B-biz LINK)を進めることにしている。
 ※4「B」ⅰの「B」は、別府市、ビームス(東京に本社のあるセレクトショップを運営する株式会社)、BEPPU PROJECT、B-biz LINKの頭文字。様々な支援を受けられる拠点。

2016年9月26日 (月)

別府八湯ウォークガイド募集大会

 平成28年別府八湯ウォークガイド募集大会が25日午後1時30分、市公会堂で行われた。約70人が参加。

0926t2

 別府八湯ウォークは、別府八湯を地元ガイドが案内をしながらディープな別府の魅力を楽しめると人気がある。現在、竹瓦、別府湾、朝見、浜脇、観海寺、堀田、実相寺、亀川、鉄輪の9エリアで18団体が活動をしている。
 平野芳弘共同代表が「ウォークを始めて18年目になるが、現在150人ぐらいのガイドがいろんな場所で活躍をしている。年間約1万人が参加し、別府の観光まちづくりの名物という位置づけになっていると思う。別府の良い所を広く長く伝えていくことが必要。高齢者には生き甲斐づくりに役立つし、若い人には新しい発見をビジネスに結びつけるきっかけになる。一緒に楽しみながらガイドをしていきましょう」とあいさつ。
 別府八湯極楽巡り達人(23人)の4人が紹介され、参加した感想を「違うウォークに参加することで、知識が深まった」「地元の人にももっと参加してもらいたい」などと話した。
 今年から八湯ウォークに参加している。別府八湯てんてくウォークの勝正光さんとネコサファリーの田仲慎司さんが活動内容を紹介。各団体がコースの魅力をそれぞれPRした。
 引き続き、各団体のブースでまち歩きの個別説明会を行い、ガイドをしてみようかなと考えて参加した一般の人も話を聞いていた。

夏休み絵画作品コンクール

 別府市子ども会育成会連合会(池辺栄治会長)主催の「平成28年度夏休み児童絵画作品コンクール」(市、市議会、今日新聞社など後援)の表彰式が25日午前10時、別府市北部コミュニティーセンター2階ホールで開催された。

09262

 同コンクールは昭和52(1977)年から行われており、40回目の節目を迎えた今回は81作品の応募があった。
 表彰式には、別府市長賞の秦菜々子さん(11)ら入賞者24人と保護者が出席した。
 池辺市子連会長が「今回入賞者24人のうち、7家族の兄弟、姉妹が受賞しています。過去最高です。皆さんが切磋琢磨して、描いた結果だと思います。8月28日に市子連役員や文化部員、審査委員長ら10人で審査しました。名前を見ず、子どもらしい元気のある作品を見て選びました」とあいさつ。
 来賓の阿南寿和副市長は「皆さんの気持ちが伝わってくる作品ばかりでした。これから勉強もしっかり頑張ってもらい、見る人に感動を与えられるような絵を描いて下さい」
 森山義治市議会副議長は「多くの作品の応募がある中、見事受賞した皆さんにお祝いを申し上げます。市議会としても、青少年の健全育成という観点から皆さんとともに子どもたちを支えていくことが大人の役割と思っています」とそれぞれ祝辞を述べた。
 入賞者は名前を呼ばれると元気に返事し、賞状、トロフィーや盾を受け取った。保護者は、デジタルカメラやビデオカメラを持ち我が子の晴れ姿を撮影していた。審査委員長の勝正光さんが講評した。
 市長賞に輝いた秦さんは「頑張って描いた絵が賞に入って、嬉しかったです。絵を描くのが好きなので、来年も描いて応募します」と笑顔を見せた。
 作品展示会は10月3日より31日まで、大分みらい信用金庫荘園支店ロビーで開催される。
 入賞者は次のとおり。(敬称略、かっこ内は学年、所属子ども会名)
 ▽別府市長賞=秦菜々子(小5、鉄輪東)▽別府市議会議長賞=福田涼太(小2、鶴見)▽別府市教育長賞=加藤光(小4、火売)▽別府商工会議所会頭賞=佐藤こころ(小3、中島町)▽別府市観光協会会長賞=多田はるひ(小2、荘園)▽子ども会を支える市議会議員連盟賞=佐藤はるか(小1、中島町)▽別府市PTA連合会会長賞=山内俊輔(小5、火売)▽別府市子連会長賞=杉浦育美(小2、荘園)▽審査委員長賞=小野翔音(小2、荘園)▽大分みらい信用金庫賞=梅木真広(小4、山の手)▽別府市美術協会会長賞=杉浦はなの(幼稚園、荘園)▽別府市社会教育委員長賞=志賀仁美(小2、山の手)▽社会教育関係団体会長賞=山内孔太(小1、火売)▽別府市社会福祉協議会会長賞=本城瑛翔(小5、鉄輪東)▽別府保護司会会長賞=福田悠太(幼稚園、鶴見)、志賀美咲(小6、山の手)▽別府商工会議所青年部会長賞=尾林泉(幼稚園、馬場)▽別府青年会議所理事長賞=佐藤玲菜(幼稚園、中島町)▽大分合同新聞社賞=鈴木皐月(小1、中島町)▽今日新聞社賞=増山皓大(小4、火売)▽OBS大分放送賞=秦萌々子(小3、鉄輪東)▽TOSテレビ大分賞=本城さやな(小3、鉄輪東)▽CTBメディア賞=佐伯拳士(保育園、浦田)▽実行委員長賞=古川勇志(幼稚園、荘園)

2016年9月24日 (土)

図書館・美術館を一体的に

 別府市教育委員会は、市立図書館及び市美術館整備基本構想検討委員会を立ち上げ、23日午後1時30分、市役所で委嘱状交付式と第1回委員会を開いた。委員は、学識経験者や図書館、美術館関係者、社会教育関係者、大学生、公募市民の14人で構成されている。

0924t2

 別府市は「べっぷ未来共創戦略」や「別府市総合計画後期基本計画」の中で、図書館と美術館の整備を検討しており、基本構想を策定するために委員会を設置した。委員会は全5回で、11月から来年1月までの間、月1回のペースで市民参加のワークショップも行いながら、より身近で親しまれる図書館、美術館づくりを目指す。
 図書館や美術館は多くの市民や観光客が利用する場で、図書館は蔵書の管理、駐車場の問題、美術館は老朽化などそれぞれ様々な課題を抱えていることから、一体的な整備を行い、機能面での融合化、まちなかにおける拠点化などを考えながら議論する。
 寺岡悌二教育長が1人ひとりに委嘱状を手渡し「後期計画で一体的な整備を掲げており、基本構想を作りたい。歴史、文化、産業を磨いて愛着を持って発展していく、将来あるものを作りたい。様々な分野、幅広い年代から委嘱をさせいただきました。これは、新たな1歩。短い期間ですが、方向性がみられればと期待しています」とあいさつ。
 1回目の委員会を行い、委員長に中山昭則別府大学教授、副委員長に平石栄二市図書館協議会委員長を選任した。現状と課題、各委員が図書館、美術館に対する想いを話した。委員から「図書館は地域文化のバロメーター。自由に楽しく使え、もう1度行きたくなるものが良いと思う」「アートだけでなく、博物館的な要素も残した美術館にしてほしい」「別府のまちそのものが図書館であり美術館という位置づけが必要では」などの意見が出た。
 ワークショップの意見も踏まえながら、来年3月にはまとめを行うことにしている。

APU入学式

 立命館アジア太平洋大学(APU)の2016年秋の入学式が23日午後1時半、ビーコンプラザ・フィルハーモニアホールで行われた。

09243

 今回入学したのは、学部はアジア太平洋学部(APS)207人、国際経営学部(APM)235人、大学院はアジア太平洋研究科博士前期課程27人、同後期課程1人、経営管理研究科(MBAプログラム)22人、短期・交換留学生・科目等履修生81人を合わせて573人。そのうち、新たにブルキナファソ、ソマリア、南スーダン、バヌアツ、アゼルバイジャンからの留学生も加え、入学した外国人留学生は533人。
 学園歌の斉唱後、是永駿学長が「日本には国公立合わせて約800の大学があるが、一昨年、日本の文科省がこの中から『スーパーグローバル大学』として37の大学を選んだ。APUも日本の高等教育の国際化をけん引してきた実績が認められ、その内の1校に選ばれた。この37大学の中でもAPUの多様性は際立っており、私たちはこの多様性あふれる多言語多文化環境を活かして、対話と強調を通して新しい価値を生み出す世界市民を育てる、というビジョンを掲げている。また、APUは創立時から日本の経済界と密接な関係をもって、発展してきた。APU生が日本経済界に歓迎されているのは、学生たちの言語能力や異文化接触の能力、専攻した社会科学の専門性、そしてグローバル・マインド。皆さんの人生を切り開く理想的なプラットフォームを選択した。理想的なプラットフォームAPUにようこそ」と式辞を述べた。
 来賓の二日市具正大分県副知事(県知事代理)が祝辞、在校生代表の赤尾紀明さん(APM4回生)が歓迎の言葉をそれぞれ述べた。
 新入生を代表して、ゼナ・ファディラさん(APS、インドネシア)が「私たちは52カ国以上の国と地域から来た。私たちは慣れ親しんだ土地を離れ、これから何が起こるか分からないけど、人生の新しい幕が上がる。皆さんも私と同じように、夢の第一歩に立っているので心配する必要はありません。APUに入学することを決めた瞬間から、自分の国だけでなく、APU全体の代表になることも強く望んでいる。手を取り合ってより良い変化を起こすことができる次世代のリーダーとして自分自身を高めていきたい」
 モラン・グティラッツ・ブリアン・バルモアさん(MBA、エルサルバドル)も「多文化の環境に身を置くことで視野が広がること、世界トップレベルの教育が皆さんの未来をつくり、世界をより良い場所にするのに役立つことを信じている。私はAPUにこのような価値があると感じており、それがこうして皆さんの前に立っている理由。そして、皆さんと一緒にわくわくするような新しい旅に出る準備ができている」と学生生活への期待を語った。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気