特集ページ

« No580 | メイン | No582 »

No581

西小の山手に建った家秋葉通り14丁目 昭和8年撮影の写真から

1206o081425  まだ人家が少なかった、現在の中島町あたりの昔の様子を紹介しているが、今回も秋葉通り14丁目下角に昭和5、6年頃に建った住宅の話。
 今の西小学校運動場のすぐ上の、文具店あたりに、かつては別府石の石塀で囲まれた別荘風の立派な家があった。
  ◇  ◇  ◇  
1206o141  掲載した絵葉書は、西山教充という人が昭和9年元旦に出した年賀状。裏面が「星宝窟」と名づけた自宅の写真になっていて、昭和8年晩秋の撮影と書き添えられている。また文面には、移り住んで3年とあり、昭和5、6年に建てたということになる。
 どこから来た人かはわからないが、あいさつ文は「当地に転住してすでに三星霜(三年のこと)経過して、邸内の木々も次第に茂ってきて体裁が整い、住み心地も一層良くなった。何より幸福なのは老妻ともども一度も医者にかかることがない。これは天与の温泉と、平田式心療法との賜と感謝している。当地へ用事の節は何なりとお申しつけ下さい」といった内容。
  ◇  ◇  ◇  
 昭和30年前後の住宅地図を3つほどめくっても、西山という人の名はすでになく、名字が次々と変わっているようだ。
 地元の人によると、戦後の記憶だが、立派な別荘風の屋敷があり温泉もあり、広かったという。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2