特集ページ

« No619 絵葉書特集 | メイン | No621 絵葉書特集 »

No620 絵葉書特集

噴水や休憩所も整備御座所は大正8年温泉神社に

0203o25  明治40年の皇太子殿下(大正天皇)行啓記念に建設された別府公園には、噴水のある大きな池や休憩所などが整備されていった。茶店や料亭もあったらしい。
 運動場のほか、のちに青山小学校の校舎にも使われた大分県物産陳列場(大正5年)、現在もアリーナ向かい側にある忠魂碑(同8年)も建てられた。大正8年12月の許可により温泉神社もできて、御座所(御休息場)の建物に祀られた。
  ◇  ◇  ◇  
0203o2  大正9年『別府温泉案内』では、休憩所や茶店、料亭のことも出てくる。木立の中をあちこち散歩すると爽快で、入浴後の保養に適しているなどとPRしている。
 「園内には陛下の記念殿(檜作り)あり 御手植の松等あります、園内一帯松林の中に休憩所、茶店、料亭、の設けもあり、園内には噴水池あり、運動場あり、更に魏々粛然として立つ忠魂碑等あります、公園の入口には大分県物産陳列場がありまして別府名産品は素より普く県下の物産を一堂に網羅してありますのでおみやげ品の撰択なさるるに便利であります 付近には陸軍療養所、神社、等もあり森林中を彼方此方を散歩すれば爽快にして楽く浴後の保養第一であります。」
 大正13年『最新別府案内』には御座所に温泉神社が祀られていることも書いてある。「聖上未だ東宮に在せし時、恰も明治四十年十一月鶴駕を此地に駐めさせ給ふた記念の清跡。檜造りの当時の御座所には温泉神社を奉祀せられ、其境内には東宮殿下御記念の御手植の松も保存せられてあります。」(続く)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2