特集ページ

« No1759 | メイン | No1761 »

No1760

井手野さん所蔵写真より
映画ロケの有馬稲子

 海地獄内に写真館をかまえていただけに、ロケ風景を脇からパチリと撮影したのだろう。

0119o3

 主演は高橋貞二と有馬稲子。映画は昭和34年(1959)公開の松竹映画「危険旅行」(中村登監督)。
 映画のあらすじはこうだ。有馬扮する売れっ子作家はマスコミにももてはやされ、多忙な日々を送っていたが、ある日嫌気がさして行方をくらましてしまった。
 高橋は雑誌に写真を提供するカメラマン役。2人は旅先で偶然一緒になり、霊柩車でヒッチハイクしたり、宿を求めて酔っ払ったふりをして留置所で一夜を明かすなど珍道中を繰り広げる。
 別府でのシーンは、地獄のほかに、さんばし、浜町にあった別府警察署、そしてなぜロケ地に選ばれたのか不思議な気もするが、現在のロープウエイ近くで加藤清正像のある旗の台。
  ◇  ◇  ◇  

0119o2

 井手野写真館の撮影ではないが、ロケの時に宿泊した「ホテル赤銅御殿」の写真の中に、有馬や高橋が写ったものがある。掲載したのは、同ホテルの玄関前でレンズに顔を向ける有馬で、さすがに美しい。ホテルの従業員がさんばしのシーンでエキストラをつとめたのだそうだ。

0119o2_2

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2