特集ページ

« No1767 | メイン | No1769 »

No1768

浜脇の石田さん
続き
父の船が回天に接触!?
特攻隊志願と血で書く

0316o25

 今は姿を消した大分市の旧茶屋町(現在の都町)生まれで、父(松成晋一)が耳鼻咽喉科医師だった石田梧郎さん(85)=浜脇1丁目=の話題は前回でひとまず終了したが、ほかにも非常に興味深いエピソードがいくつもあるので、ぜひ紹介させていただきたい。
  ◇  ◇  ◇  
船が回天の
潜望鏡壊す
 大分市への空襲が激しくなると松成晋一医師は、故郷の香々地へ船で疎開した。
 日出の大神には人間魚雷「回天」の基地があったため、手旗信号で近寄るなと合図があったが船長は理解できずに接近し、回天の潜望鏡を曲げてしまった。
 7時間も足止めされ、絶対に他言はならないと厳しく口止めされた。そのため決して人に話さなかったという。
中津の下宿か
ら徒歩で帰省

0316o2

 非常に倹約家だった松成医師。旧制中津中学時代、故郷香々地を離れて中津に下宿していた。
 生田(しょうだ)という元家老の家だったためにしつけが厳しく、ほかの下宿人はみな逃げ出したのだそうだ。
 香々地に帰省する時は、乗り物には乗らず歩いて帰ったため到着するのは真夜中になり、山でキツネに化かされたのだそうだ。
自らの血で
特攻を志願
 石田さんが旧制大分中学3年の時、沖縄での玉砕が伝えられ、生徒全員を集めて校長が「先輩たちに代わってお前たちが国土を守れ」と訓示した。
 その言葉を受けて予科練を志願。石田さんは願書に「特攻を志願する」と自分の血で書いたのだそうだ。
 それほどの覚悟を持っていた石田さんだったが、福岡県芦屋に行かされると、すでに飛行機は残っていなかったのだという。
片づける
のが癖に

0316o15

 「玄関の靴もきちんと並べずにはいられません」と石田さん。散らかっているのを見ると、公共の場でも片付けてしまうのが癖になっている。軍事教練や予科練での教育のせいで習慣になっていて、「嫌味じゃないんです。ついついやってしまうんです」と話している。

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2