特集ページ

« 2015年6月 | メイン | 2015年11月 »

No1774

梅園町にあった岩尾旅館
温泉開設にも一役
明治末に移り住んで開業

1016o25

 戦後いち早く開業した喫茶「北平」の羽田ムツの実家は、梅園町の旅館だった。
 西法寺の山門から海に向かって路地を下っていくと、梅園温泉がある。今では静かな路地だが、昔は人通りが多かったようだ。この界隈(一丁南の竹瓦温泉に下る通り沿いや、北側の新宮通り沿いも)が梅園町。
 別の土地で代々神職の家柄だった祖父岩尾久美衛が明治の終わり頃、別府へ移り住んで旅館を始めたらしい。旅館名簿には明治43年創業とあり、翌44年の別府駅開業で発展が見込まれる梅園町に目を付けたものと思われる。
  ◇  ◇  ◇  

1016o25_2

 掲載したのは、岩尾久美衛が顧客に差し出した大正3年元旦の年賀状。「本年も相変わらずご愛顧の上、ご投宿ご入浴あらんことを伏して懇願たてまつりそうろう」と丁寧な言葉で新年のあいさつを述べており、差し出し人の欄は「豊後速見郡別府梅園町/入湯旅館/岩尾久美衛/(電話四一七番)」とある。
 ちなみに、この時期に電話を引いている旅館は多くはなく、格式のある宿だったことがわかる。大正6年頃、梅園町の旅館12軒のうち、電話を持っているのは山陽館(三四一番)と岩尾旅館だけだった=大正6年「泉都別府温泉案内」の旅館一覧より=。
  ◇  ◇  ◇  

1016o2

 梅園温泉の開設にも一役買ったようだ。
 大正元年、温泉ができた時と思われる登記書類は、岩尾を含め9人の共同名義になっている。梅園町の発展には温泉が欠かせないと旅館主や商店主らが、お金を出し合って建てたことと思われる。
 この書類で、岩尾の住所は「大字別府六百九十七番地寄留」となっている。「697番地」は梅園温泉から少し上った通りの右手あたりだが、同じ番地が新宮通りの北側まで広い範囲にまたがっていて、当時の岩尾旅館がどこだったのかいまひとつ確定できない。なお「寄留」とは、まだ本籍を別府に移していなかったことを意味しているのだろう。
  ◇  ◇  ◇  
 久美衛の息子新一の名前は、大正9年の旅館名簿に登場する。昭和5年12月からは1期、旅館組合の代議員もつとめている。

1016o2_2

 戦後は市会議員(4期=昭和22、26、30、34年)を務めた。昭和39年頃の資料では、梅園町で旅館東洋(元町5番9号)と旅館梅の井(北浜一丁目4番33号)を経営していた。
―――――――――――
 ※大正9年現在の旅館名簿「別府旅館能力調査表」には「(開業年月日)明治四十三年十月十一日/(家号)岩尾/(電話番号)四一七/(旅館主氏名)岩尾新一/梅園町/二階建/木賃/(内湯数)二/(女中数)四」とある。客室は「(八畳)五/(六畳)九/(客室総数)一四/(畳総数)九四、〇/(収容定員数)四九」で、小さな旅館ではなかったようだ。
 ※梅園温泉の登記書類は大正元年10月1日付けで、共同名義の9人は「野口正人、藤沢安太郎、末定七、岩尾久美衛、田仲慶太郎、後藤七五三、二宮代八郎、上尾乕夫、荒金幸吉」となっている。=「大分区裁判所別府出張所図面綴込帳」・別府大学附属図書館(アーカイブズセンター)所蔵より=。
 ※梅園温泉について、大正4年の案内書「通俗別府温泉案内」には、「梅園温泉は別府港より西四丁別府駅へ約四丁字梅園町に在る、此浴場は梅園町の旅館や商店が、地方発展の為め共同して建設した温泉である、之も開放してあるから誰れでも自由に入浴が出来る、此周囲にも沢山の旅館がある。」とあり、大正2年9月5日付けの温泉分析書(鉱泉分析成績書)も掲載している。

No1773

戦前は京都で映画助監督
銀座裏の「北平」
夫守久は印刷会社経営

1015o25

 銀座裏で喫茶「北平」を経営した羽田守久・ムツ夫婦。妻ムツ(旧姓岩尾)は、大正8年別府生まれで、北小(昭和6年3月卒)、別府高女(同10年3月卒、15回生)の出身。梅園町で旅館を経営し、戦後4期市会議員を務めた岩尾新一の長女。少女時代はピアニストにあこがれた、音楽好きの女性だった。
 夫守久は明治41年、福岡県の折尾出身。10代で家を飛び出して上京。日本大学芸術学部の前身に入学し、働きながら学んだが中退。京都の撮影所に入った。
  ◇  ◇  ◇  
 助監督をつとめた作品に、現在非常に評価が高いオペレッタ時代劇「鴛鴦(おしどり)歌合戦」(マキノ正博監督、京都日活撮影所製作、昭和14年12月14日公開)がある。女性に大モテの男前の浪人が主人公(片岡千恵蔵)。腕前もめっぽう強く、隣の傘職人の窮地を救いその娘と結ばれてハッピーエンド。他愛ないストーリーだが、軽快なタッチがどこかフランス映画を感じさせる。
 この映画に出た俳優・歌手のディック・ミネは、戦後別府を訪れた時に会いに来ている。「鞍馬天狗」の映画で知られる時代劇スター嵐寛寿郎とツーショットの写真も持っていた。後年、テレビで出演者やスタッフの名前が出てくると「こいつ、知っている」と話していた。

1015o25_2

 守久とムツはいとこの間柄。熱烈なラブレターを送って口説いた。撮影所をやめて結婚し、中国に渡った。
 平和な時代であれば映画の仕事を続け、監督になったかもしれない。時局は厳しくなり、自由に映画を作れる時代ではなくなっていった。
  ◇  ◇  ◇  
 戦後、引き揚げて来た別府でムツが喫茶店を切り盛りする一方、守久は野口の線路際で印刷会社「不二印刷」を経営した。活字好きだったので、古書店をするか印刷会社をするか迷ったらしい。
 掲載した写真は、大ヒット曲「月の法善寺横丁」(昭和35年)で知られる演歌歌手、藤島桓夫(ふじしまたけお)が印刷会社を訪ねてきた時の記念撮影。この時、守久はプロモーター的な役割で、送り迎えなどをしたようだ。

1015o3

 印刷会社の経営は、駅前通り(現在の近鉄跡地)に中村百貨店が開店(昭和34年4月)した頃は、包装紙の注文を受けるなどして順調だったが、のちに倒産。その後は若草町で細々と印刷の仕事を続けた。
 早くから自動車を持ち、遠くまでドライブするなど、当時としてはハイカラな生活ぶりだった。守久は昭和48年、ムツは平成15年に他界した。(続く)
―――――――――――

1015o1

 ※1959年「別府市商工名鑑」には「株式会社不二印刷/(代表者)羽田守久/(所在地)大和区/(電話)417」とある。

No1772

戦後いち早く喫茶店開業銀座裏の
「北平」北京引揚のハイカラ夫婦

 戦後の喫茶店ブームの先駆けの1つが、銀座裏の「北平(ほくへい)」。

1014o3

 北京から引き揚げてきた、羽田守久・ムツのハイカラ夫婦が終戦翌年の昭和21年に始めた。
 北平(ベイピン)は北京の旧称。夫婦は戦時中、中国・北京で暮らし、羽田は領事館に職を得て働き、妻ムツはタイピストをしていた。好きだった町の名前を店に付けた。
 喫茶店の前は、闇市でまんじゅうの商売をした。イモ餡のまんじゅうは飛ぶように売れ、働き過ぎて病気になるほど忙しかった。
  ◇  ◇  ◇  
 店は夫の名義だったが、ムツが切り盛りした。

1014o2_2

 掲載した写真は昭和25、26年頃の店内の様子。若い頃友人に誘われ足繁く通った、溝部展男さん(86)=上野口町=がセルフタイマーを使って撮影した。

1014o194915

 「コーヒーが好きだったのでよく行った。電蓄(レコードプレーヤー)があったので音楽を聞くのも楽しみだった」。
 テーブル席が4つほどで、広い店ではなかった。若い女性従業員が2人ほどいた。ムツと親しく口をきいたことはないが、「上品な奥さんでした」。
 壁に掛けられた絵、スタンドの照明、窓のカーテンなど、写真からは落ち着いた店の雰囲気がうかがえる。カウンターを写したもう1枚には、ショートケーキを収めたガラスケース、向かって左端にはコーヒーカップの受け皿が重ねられ、スプーンを立てた筒が置かれているのも見える。
  ◇  ◇  ◇  
 夫婦の長女、松本菜保子さん(65)=市内中島町=によると、コーヒーはネルで淹れていた。紅茶、ココア、ミルクセーキのほか、ホットケーキやプリンも出していた。ソフトクリームの機械を入れたのも、「別府でも最初だったのではないだろうか」という。

1014o15

 住まいは、店からほど近い新宮通り沿いで、現在の石松寿司やグリルみつばあたりの裏手。店に行くことはめったになかったが、小学2年生頃いち早くテレビが入った時は、相撲を見に行った。西鉄ライオンズの稲尾和久投手をモデルにした映画「鉄腕投手稲尾物語」(昭和34年撮影・公開)のロケ時には、スタッフが店に来たのを覚えている。
 電蓄について、「母はジャズやクラシックがとても好きだった」と話している。

1014o15_2

 一家が新別府に引っ越す昭和35年頃までに、店を手放した。「だんだんお客さんも少なくなっていた。黒字のうちにやめたいと思っていたようです」。(続く)
―――――――――――
 ※1949年版「大分県商工銘鑑」には「北平/別府市梅園町六九九/純喫茶/創昭和二十一年七月/経営者羽田守久/電一五二七番/銀東京銀行」とある。
 ※観光雑誌「湯けむり」昭和28年5月号の記事「喫茶街彷徨記」では次のように紹介されている。
 ――銀座裏の「北平」は「白十字」と共に戦後逸早く開業した組で良心的なものを飲ませる。――

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2