特集ページ

« No1776 | メイン

No1777

野球部の学校名はどっちユニフォームの胸
に2通りの名前がNICHU?AOYAMA?

1216o2

 今はない別府球場(現在のべっぷアリーナの位置)で記念撮影に収まる青山中学校野球部員たち。すぐ後ろに粗末なバックネット、左端に入場口、画面奥に松林(現在のテニスコート)が写り、左奥の煙を吐く2本の煙突は進駐軍のボイラー施設だった(現在のハローワーク西側)。
 昭和26年度の3年生部員の卒業記念撮影らしく、最後列に背広姿の柴田教頭(右端)と芦刈校長も姿を見せ、ワイシャツ姿の河越先生(コーチ)もいる。1年生部員たちは普段着で写っていて、写真を提供していただいた高平憲吉さん(76)=北浜3丁目、後列左から3人目=やプロ入りした山本征良=同4人目=も。

1216o2_2

 青山中学校は昭和22年に現在の青山小学校の位置で「二中」の名前でスタートした。同26年9月から「青山中」に改称したため、野球部員のユニフォームの胸には「NICHU」と「AOYAMA」の両方の文字が、帽子にも「N」と「A」が混じるという奇妙な場面となった。
 7月の中体連で三中(中部中)に敗れ2位。3年生部員は、前列のかすかに「二位」の文字が確認できる表彰状を手にする丸山(ピッチャー)から右に、カップを持つ森田キャプテン(ファースト)、まだ若い矢野監督をはさんで、ケースを持つ高平さんの兄静一(ショート)、バットを持つ藤本(サード)、生徒会長もした富田(キャッチャー)、野崎(セカンド)の6人。

1216o2_3

 中体連では翌年も中部中が優勝し、その翌年高平さんが3年生の時に青山中が優勝を果たした。

最近の写真

  • 1216o2_2
  • 1216o2_3
  • 1216o2
  • 1128o2
  • 1128o272
  • 1128o25
  • 1128o3
  • 1127o2625
  • 1127o2625_2
  • 1127o262
  • 1127o15
  • 1127o2