本紙購読

特集ページ

« 食物科の第8回作品展示会 | メイン | 警察が女子短大生2人に感謝状 »

2016年1月30日 (土)

姉妹都市ロトルアへ訪問団

 長野恭紘市長を団長とする、別府市公式訪問団が24日から28日まで、姉妹都市のニュージーランド・ロトルアを訪れた。長野市長にとっては就任以来初の姉妹都市訪問。

0130t2

 訪問団は、長野市長を団長に、堀本博行市議会議長、西謙二県ニュージーランド友好協会長、西貴之RWC2019大分県推進委員会役員、梅野雅子市観光協会副会長ら8人。
 ロトルア市役所に着くと、マオリ式の歓迎を受けた。長野市長からスティーブ・チャドウィック市長に竹細工のラグビーボールをプレゼントし、チャドウィック市長からマオリ族の伝統工芸品が贈られた。
 25、26日の2日間にわたり、様々な交流について協議をした。青少年の国際交流とW杯開催機運の醸成を目的に、ロトルア市内の高校ラグビー部や学校関係者と10月に青少年ラグビー交流を行うことを話しあった。また、キャンプ誘致の取り組みなどをプレゼンテーションし、2011年ニュージーランド大会でキャンプ誘致に携わった関係者と意見交換。チャドウィック市長や関係者から、官民あげて協力するとの話があった。

0130t3

 ニュージーランドラグビー協会の中にあるベイ・オブ・プレンティーラグビー協会のマイク・ロジャース最高経営責任者と会談することが出来た。
 さらに、クイラウ公園の開発で、地獄蒸し料理を提供する「別府・キッチン」について、建設予定地が変更になり、現地を視察。2017年度の完成を目指してビジネスパートナーを模索中だと説明を受けた。
 2017年6月にロトルア市で開催される、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとマオリ・ブルーブラックスのテストマッチ会場で別府ブースを開設できることになったという。水面下でキャンプ地誘致合戦が行われている中、姉妹都市として全面協力すると約束したロトルア市との絆を深めた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気