本紙購読

特集ページ

« 幼稚園お別れ会 | メイン | 別商は118人羽ばたく »

2016年2月25日 (木)

5月に第18回アルゲリッチ音楽祭

 5月1日からスタートする第18回別府アルゲリッチ音楽祭のチケット販売が3月5日午前10時、エトウ南海堂やトキハ別府店などで始まる。今回のテーマは「平和と音楽」。

02253

 出会いから始まる音楽祭オリジナル企画として、昨年の平和コンサートで共演した広島交響楽団との音楽祭初共演。ベスト・オブ・ベストシリーズ第4弾として、マルタ・アルゲリッチとバイオリン奏者ワディム・レーピン(ロシア出身)が日本初共演する。
 スペシャルコンサートとして、しいきアルゲリッチハウスでアニー・デュトワとの朗読による母娘共演がある。
 今回、5月14日にiichiko総合文化センターで開催される「ベスト・オブ・ベストシリーズ第4弾」のピノキオ招待席に20人を招待する。応募資格は小学1年から19歳まで、中学生以下は保護者同伴。
 往復はがきに①郵便番号②住所③希望者全員の氏名(ふりがな記入)、年齢(学年)④電話番号を記載。郵便番号874―0903、大分県別府市野口原3030―1、「ピノキオ招待席アルゲリッチ&レーピン室内楽コンサート」係まで。締め切りは3月11日必着。応募多数のときは、抽選となる。
 問い合わせは、アルゲリッチ芸術振興財団(電話272299、メールinfo@argerich-mf.jp)まで。
 音楽祭の日程は、次のとおり。(かっこ内は、開場時間、開演時間、場所、出演者、プログラム、金額)
 ▽5月1日=大分県出身若手演奏家コンサート(開場午後2時半、開演3時、ビーコンプラザ国際会議室、出演者は3月上旬発表、無料で全席自由だが整理券必要)
 ▽7日=アルゲリッチ ショスタコーヴィチを弾く~オーケストラ・コンサート~(開場午後4時、開演4時半、ビーコンプラザ・フィルハーモニーアホール、アルゲリッチや辻本憲一ら、ピアノ協奏曲ショスタコーヴィチなど、全席指定席でGS1万5千円、S1万3千円、A1万円、B7千円、C5千円、ユース2千円)
 ▽8日=フィルムコンサート第1回音楽祭より(開場午前10時半、開演11時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、アルゲリッチやチョン・ミュンフンら、バイオリン・ソナタイ長調、全席自由千円)
 ▽14日=ベスト・オブ・ベスト第4弾アルゲリッチ&レーピン室内楽コンサート(開場午後5時15分、開演6時、iichiko総合文化センター、アルゲリッチやワディム・レーピンら、ベートーベンのバイオリン・ソナタ第9番イ長調「クロイツェル」、全席指定でGS1万5千円、S1万3千円、A1万円、B7千円、C5千円、ユース2千円)
 ▽15日=公開バイオリン・マスタークラス~レーピンが伝えるロシアの魂~(開場午後1時半、開演午後2時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、、ワディム・レーピン、全席自由で聴講料1500円)
 ▽17日=日本生命プレゼンツ・アルゲリッチベートーベンを弾く(開場午後6時半、開演7時、東京オペラシティコンサートホール、アルゲリッチや高関健など、GS1万5千円、S1万3千円、A1万円、B7千円、ユース3500円)
 ▽23日=しいきアルゲリッチハウス未来つなぐためにピアノと朗読で贈るスペシャルコンサート(開場午後6時半、開演7時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、アルゲリッチやアニー・デュトワなど、全席自由だが5万円)※このコンサートの収益金は、ハウスの運営に使われる。
 ▽26日=全日本学生音楽コンクール第70回記念アルゲリッチアンサンブルの夕べ(開場午後6時半、開演7時、アルモニーサンク北九州ソレイユホール、アルゲリッチなど、詳細は後日)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気