« 節分豆まき | メイン | 別府大学に小説家3人集う »

2016年2月 2日 (火)

第65回別府大分毎日マラソン大会

 「第65回別府大分毎日マラソン大会」(九州陸上競技協会、県、県教委、別府市、別府市教委など主催)が7日、号砲響かせスタートする。日本実業団陸上競技連合海外派遣男子選手選考会、リオデジャネイロ・パラリンピック視覚障がい者マラソン代表選手最終選考会を兼ねている。コースが6年ぶりに変更された。
 新コースは、大分市の水族館うみたまご前を正午スタート、国道10号を北上して別府市亀川漁港前の国道10号を折り返す。そのまま、国道10号を南下し大分市街地に入り県立美術館前を通過。大分市の三佐田交差点手前を折り返して、大分市営陸上競技場にゴールする42・195㌔。
 海外招待選手6人、国内招待選手4人、視覚障がい者選手20人、ペースメーカー3人、一般出場は男性3656人、女性226人の大会史上最多3915人がエントリーしている。
 招待選手は次のとおり。(名前、自己ベスト、年齢、国籍・所属)
 【海外招待選手】エバンス・ルト、2時間7分49秒(32、ケニア)▽シュメ・ハイル、2時間9分6秒(28、エチオピア)▽アンソニー・マリティム、2時間9分39秒(29、ケニア)▽キフロム・シウム、2時間11分9秒(29、エリトリア)▽イオル・オレフィレンコ、2時間12分4秒(25、ウクライナ)▽サラ・ブナスル、2時間14分8秒(25、モロッコ)
 【国内招待選手】白石賢一、2時間10分36秒(33、旭化成)▽秋葉啓太、2時間10分53秒(36、小森コーポレーション)▽伊藤太賀、2時間11分15秒(29、スズキ浜松AC)▽平山竜成、2時間12分38秒(27、安川電機)

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気