本紙購読

特集ページ

« 美術家の藤内さん韓国・慶州市の交流行事へ | メイン | 杉乃井ホテルに59人が入社 »

2016年3月31日 (木)

教育大綱

 平成27年度第2回別府市総合教育会義が30日、市役所で開かれ、「別府市教育大綱」の内容について審議、承認した。

0331t2

 長野恭紘市長が「総合戦略と総合計画と大綱をしっかりとすり合わせ、子どもたちの未来に向け、教育のまちとしての別府市をつくっていきたい。子どもの教育は、ライフワークとしてやっていきたい」とあいさつした。
 平成26年の地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、地域の実情に応じた教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱を定めることになり、策定された。
 昨年10月に策定された「まちをまもり、まちをつくる。べっぷ未来共創戦略」や28年度から施行する「別府市総合計画後期基本計画」及び毎年見直しを行っている「別府市教育行政基本方針」との整合性を図りながら、平成32年度までの5カ年の方向性を示すもの。
 学校・家庭・地域が協働した子育てのしやすいまちづくりを推進し、郷土への誇りと夢を併せ持つ豊かな人間性や社会性、国際性を備えた人材を育成することを基本理念としている。
 取り組みの方向性としては▽国際観光温泉文化都市別府の未来を創る人材の育成のための「別府学」の推進=別府の歴史・文化を伝える環境の整備、学校・家庭・地域の協働による教育の推進、グローバル化に対応した人材の育成、ICT(情報通信技術)の活用・推進▽安心して子育てができる教育環境の整備=幼児教育の充実、生きる力を育む学校教育の充実、特別支援教育の推進、教育環境の整備▽生涯を通じて学びを深める学習の場の整備=人権尊重のまちづくり、生涯学習の充実、歴史的・文化的財産の保存と活用、スポーツの振興ーを行う。
 教育委員からは、具体的な取り組みとして子ども会の再構築や地域の人の学校への協力の在り方など幅広い意見が出た。大綱は大枠を決めるもので、具体的なものついては、大綱に沿って市教育行政基本計画の中で取り組んでいくことを確認した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気