本紙購読

特集ページ

« 県などが特別融資 | メイン | 華つねまつ」でイベント »

2016年4月30日 (土)

市子連定期総会に35人出席

 別府市子ども会育成会連合会(池辺栄治会長)の平成28年度定期総会が29日、青山町の豊泉荘で開催され、約35人が出席した。

04302

 開会に先立ち、出席者全員で熊本地震で犠牲になった人たちに黙とうを捧げた。
 総会では、池辺会長が「年々、子ども会会員が減少しています。連合会は、解散してはいけない団体と思っていますので、各種イベントなどを行い会員を増やしていきましょう。そして、今後もコミュニティースクールの中で地域と連携していきましょう」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘市長が「市子連の活動が、非常に苦しい状況になっていると聞いています。そんな中、連合会を絶対になくしてはいけないという使命感で展開していただいていることと思います。子どもたちに、普段体験できないような野外活動や奉仕活動など、社会教育活動を通じて、経験を積ませて下さい」
 森山義治市議会副議長(議長代理)は「家庭、地域、学校が連携し、それぞれの役割を発揮して触れ合うことで、子どもたちは人間として豊かに育っていくと思います。そのような観点から見ても、子ども会は本当に重要な役割があり、今後も必要と思っています」とそれぞれあいさつした。
 寺岡悌二市教育長、市子連顧問の首藤正・子ども会を支える市議会議員連盟会長(市議)、永野康洋市教委生涯学習課長が紹介された。
 池辺会長を議長に議事に入り、昨年度の理事会、総務部、文化部、体育部、研修部、ジュニアリーダース部の行事、同連合会とジュニアリーダースクラブの決算を報告。
 役員改選(任期1年)があり、池辺会長、副会長に後藤智さん、大鍛治光子さん、山川忠臣さん、上村松治さん、溝部雅宏さんの5人、事務局長に小中利夫さんがそれぞれ再任した。
 今年度の行事計画は、スポーツ大会、絵画作品コンクール、第36回県子連芸能文化祭、第39回わくわく広場inおじか&城島など、それぞれ総務部、文化部、体育部、研修部、ジュニアリーダースクラブの計45行事計画と予算が承認された。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気