本紙購読

特集ページ

« 共産党議員団が被害地区を視察 | メイン | 別府署が男性2人に感謝状 »

2016年4月25日 (月)

少年少女発明クラブの開講式

 別府少年少女発明クラブ(幸治男会長)の平成28年度(第25期)開講式が24日、鶴見幼稚園の同クラブ教室で開催された。小学4~6年生の男女16人が出席した。

04252_3

 幸会長が「発明と聞くと難しそうに思えるかもしれないが、想像力があればどこにいてもできるもの。このクラブでいろいろな体験をしたことが、大人になったときに役に立ちます」、来賓の吉岡誠司大分県発明協会参事、田中博之別府市小中学校校長会会長、宮川久寿市教委学校教育課指導主事、後藤優治県工業振興課技術振興班主査がそれぞれあいさつした。
 年間カリキュラムと指導員の紹介をし、クラブの歌を全員で歌って閉会した。
 続いて「楽しい実験」では、全員でプロペラカーを作製した。
 最後に、第32代宇宙メダカの配布もあった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気