本紙購読

特集ページ

« 生の声を聞いた! | メイン | 小松悠香さん個人戦優勝 »

2016年5月27日 (金)

女将と青年部で「鉄輪がんばる隊」

 先月に発生した熊本・大分地震を受け、別府八湯のひとつ・鉄輪温泉の旅館ホテル12軒の女将と青年部が集まり、「鉄輪がんばる隊」を結成した。地震以後の観光客数の落ち込みと風評被害に対し、意見を交わし何か少しでも出来ることを考え活動する場として立ち上げた。

05273

 「鉄輪は小さな旅館が集まる地域。みんなで知恵を出し合い、みんなで支え合うことが大切」と、隊長の後藤美鈴さん(入舟荘の女将)。
 鉄輪では来月16日から5日間、恒例の「カラコロ鉄輪祭り」が開かれる。早速これを広く知ってもらおうと、PR活動に励んでいる。
 大分県福岡事務所がこの熱意に賛同し協力。27日に福岡市を訪れる。午後4時半からは、博多駅構内の「マイング」と「博多地下街・一番街」の2カ所に立ち、チラシと湯の花入浴剤や宿泊クーポン券等を配布する。クーポン券は1泊2食付プランに限る等条件付きで「鉄輪がんばる隊」の旅館ホテルで使うことができる。前日26日の袋詰め作業の間も、互いに冗談を言い合うなど朗らかな様子だった。
 後藤さんは「今できることをやろう!前を向いてやるっきゃない!博多の人たちにも、大分・別府の元気を伝えたい」と笑顔で話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気