本紙購読

特集ページ

« 神楽女湖花しょうぶ鑑賞会 | メイン | シニアカレッジ »

2016年6月18日 (土)

「あさみサミット」で地域振興

 朝見1丁目1区、同2区、朝見2丁目、朝見3丁目の各自治会とあさみ地域振興会で構成する「あさみサミット」が立ち上がり、「みんなでつくろう安全・安心で健康のまちづくり」事業を始めた。

0618t2

 地域の人でまちおこしをしようと取り組んでいる。朝見地区は高齢者が多く、健康と安全安心なまちづくりを進めようというもの。別府市協働のまちづくり補助事業。
 約1500の全世帯に「皆でつくろう安全・安心で健幸のまちづくり手帳」、体操カード、マップをセットにして配布。
 手帳は、災害時にも使えるように名前や住所の他に血液型やかかりつけの病院、常用している薬、災害時に決めている避難場所、いざという時の連絡先などが書けるようになっており、あさみサミットでは、「コピーして冷蔵庫に貼るようにお願いしている。そうすれば、いざという時、手帳を探さなくても冷蔵庫を見れば良い」と呼びかけている。
 毎月、防災と健康に関するひとくちメモを交互に掲載。体を動かした時間や場所によってポイント制にし、1日のポイントを書き込み、1週間ごとにポイントを計算できるようにしている。ポイント数に応じて、認定書を発行する予定。また、普段の手帳としても使えるように工夫している。2冊目から200円。
 マップは、避難場所、AEDの設置場所や危険場所の他に、ウォーキングコースを掲載。1周4㌔のコースを100㍍、500㍍ごとに区切り掲載することで、自分に合ったコースを選択できるようにした。コースにはシールを貼って、楽しみながら歩けるようにした。また、体操カードには座ってできるものなど様々な体操が紹介されている。
 19日には午後6時から朝見1丁目1区公民館で、市危機管理課の村野淳子さんが「災害時は日常が支える」と題して講演する。毎月、防災や健康についての講演会を行う。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気