本紙購読

特集ページ

« 第1回別府署協議会を開催 | メイン | べっぷの海辺のにぎわい創生 »

2016年6月30日 (木)

別府市観光協会の定時総会

 別府市観光協会(梅野朋子会長)の平成28年度定時総会が29日、ホテル白菊で開催され、59人が出席、115人が委任状を提出した。

06302_2

 梅野会長が「観光協会は、観光立市別府の繁栄をめざす253人の会員の支援と、行政の連携で成り立っています。熊本・大分地震で観光客のキャンセルが相次いでいますが、ピンチをチャンスに変えるべく、官民一体となって活動しています。この時局にこそ、皆さんの要望などに耳を傾けて、この難局を乗り切らなければならないと考えています。職員一同、なお一層の努力を重ねていきますので、ご支援をお願いします」とあいさつ。
 梅野会長を議長に議事に入り、平成27年度の事業報告、決算、監査が報告された。
 公益目的支出計画の継続事業として、JR別府駅などで観光案内所運営事業を実施。観光案内所に来場した客に観光案内を行った。旅行業など取扱業務と連動し、観光バスチケット、宿泊斡旋、温泉本などの販売を実施した。
 一般事業として、別府市観光協会運営事業・誘客推進事業・観光ボランティアガイド育成事業・油屋熊八大学校事業を実施。誘客推進事業は、おんせん県おおいたディスティネーションキャンペーンJR博多駅PRイベント、同キャンペーン別府駅お出迎えなどを行った。観光ボランティアガイド育成事業として、別府八湯ウォークの実施、ガイド養成講座、ガイド研修などを実施した。

06302_3

 収益事業として、旅行業等取扱事業・別府八湯温泉道段位認定事業を実施。旅行業等取扱事業は、JR別府駅総合案内所で宿泊斡旋・バスチケットの販売、温泉本等の各種販売物の取り扱いと各種旅行業の取り扱いを行った。段位認定事業は、別府八湯の愛好者を増やすとともに、リピーターを含め観光客を誘致することが目的。
 別府観光みらい創生委員会の提案事項は①会員としてのメリットを生かした情報発信②別府コンプリート(総合)マップ③まつり振興会のあり方の検討―など7点で、今後の取り組むべき課題が浮き彫りとなった。
 任期満了に伴う理事改選(任期2年)があり、梅野会長が再任された。
 総会終了後、午後5時半から講演会、6時半から懇親会が行われた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気