« 「スライド・ザ・シティ」 | メイン | 高齢者及び障がい者虐待防止ネットワーク »

2016年7月29日 (金)

幼年少年消防クラブの研修会

 別府市少年婦人防火委員会(会長、河原靖繁消防長)主催の幼年少年消防クラブ研修会が28日午前9時、市消防本部で開催され、新別府幼年消防クラブ4人、火売少年消防クラブ7人、保護者6人の計17人が参加した。

07292_2

 4階大会議室で、予防課員が火災や地震についてDVDを使って説明した。続いて、通信指令室で119番が鳴ったときの対応などを見学した。
 駐車場に移動し、消防署員が消防車や救急車などの消防車両を説明。放水体験では消防署員や保護者に子ども用の防火衣を着せてもらい、署員と一緒に放水した。
 消防本部東側訓練塔前に移動し、無害の煙を充満させた3・5㍍のテント内を歩く煙体験を行った。また、はしご車体験では、子どもは浜町出張所のシグマ型屈折はしご車で約7㍍の高さまで行き、十分に安全が確保された状態で訓練塔の3階部分に渡った。
 救助体験では、署員が補助をしながら大型油圧救助器具の油圧カッターで鉄パイプの切断をした。
 後藤悠輝さん(8)=朝日小3年=は「はしご車から3階に渡るとき、下を見て怖かった。放水やパイプを切るのが楽しかった」と感想を述べた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気