本紙購読

特集ページ

« 国際交流の夕べに500人 | メイン | 別府市長杯学童軟式野球大会 »

2016年7月26日 (火)

事故防止の心構え

社会福祉法人「福祉の森」の北地輝昭理事長が交通事故に逢った話を聞いた。
 北地理事長が車で走行中、交差点の信号待ちで止まっていた時に後ろからぶつけられた。相手の人は車内で物を拾っていて前方不注意だった。事故当時は体も怪我などなかったのだが、数日後に「むちうち」の症状がでたそうだ。「運転中はちゃんと注意をしてほしい」と北地理事長。
 前方不注意での事故は、後をたたない。車の運転中だけでなく、自転車に乗車中、歩行中でも前方だけでなく周囲を意識して事故を起こさず、合わずの気持ちをもっと心がけなければと思う。
(福島)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気