本紙購読

特集ページ

« べっぷ浜脇薬師祭り始まる | メイン | 成長出来ていなかった »

2016年8月27日 (土)

大分県市長会の秋季定例会

 平成28年度大分県市長会(会長・佐藤樹一郎大分市長、14市)の秋季定例会が26日午後1時30分、別府市野口元町のラフィネ・マリアージュ迎賓館で行われた。

0827t2

 開催地の長野恭紘別府市長が「4月16日に大地震があり、各市でも被災されたと思います。心からお見舞い申し上げます。今でも対応に追われていると思います。今回の地震でいち早く温かいご支援をいただき、感謝します。日頃からの連携の大切さを感じました。お盆の宿泊客を昨年比でほぼ100%に戻したいと観光業界と協力して、目標を達成出来たのではと思いますが、息の長い戦いになると思う」とあいさつ。
 佐藤大分市長は「地震から平常に戻るという意味でも、まだ努力が必要。市長会、自治体の連携の必要性を改めて認識したと思います。課題は山積しており、地方の現状を一番よく知っている私たちが、課題について議論し、国に訴えていく必要があると思います」とあいさつ。来賓の堀本博行別府市議会議長が祝辞を述べた。
 平成27年度の決算と監査報告を了承。議事に入り、九州市長会提出議案と県への要望議案を審議、承認した。九州市長会には▽社会資本整備総合交付金に係る要望額と交付額の乖離の縮減▽公共施設の老朽化対策に伴う起債要件の緩和及び財政措置の拡大▽県営土地改良事業に係る国庫負担率等の引き上げ▽地籍調査における所有者不明地の境界確認▽学校施設の計画的整備に係る財源の確保▽民生委員児童委員一斉改選に伴う推薦要件等の緩和▽文化財の保護・保存・整備・活用・災害復旧等に係る補助金の拡充▽港湾整備事業の促進に向けた予算総額の確保ーについての8項目を提出する。第121回九州市長会総会は佐伯市で開催されることになっている。
 引き続き、九州市長会総会での各市開催分担金や今後の九州市長回総会における意見交換会の運営方法について協議。次回、県市長会の開催市を中津市と決めた。
 その後、行政視察で市内を回り、懇親会を行った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気