本紙購読

特集ページ

« 青山忠魂碑慰霊祭に65人出席 | メイン | 公民館の9月館報 »

2016年9月23日 (金)

第57回鉄輪温泉湯あみ祭り

 第57回鉄輪温泉湯あみ祭り(鉄輪温泉共栄会主催)が23日まで開催され、22日は同地の温泉を開いた一遍上人の座像を洗い清める珍しい湯あみ法要や、3歳から6歳の20人の華やかな稚児行列が行われ、賑わった。

0923t3

 きらびやかな衣装を着た稚児たちと一遍上人像は、温泉山永福寺を出発。渋の湯やむし湯で河野憲勝住職が一遍上人像を入れ、お湯をかけ洗い清めた。むし湯前では稚児が上人像にひしゃくで湯をかけて拝んだ。
 このあと熱の湯前や、かつての鉄輪銀座などを歩いた。大勢の家族らが同行し、カメラやビデオでわが子の姿を撮影していた。
 地元だという田中瑚桜さん(4)は、母親も稚児をしたことがあり、参加したという。「楽しかった」と笑顔で話した。
 最終日の23日は、午後8時(受け付けは6時30分)までむし湯を無料開放。午後5時から黒木劇団による演劇、7時から大谷公園で踊り念仏の奉納踊りが予定されている。踊り終了後には、餅まきも行われる。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気