本紙購読

特集ページ

« 鶴嶺会 | メイン | 渡る世間は狭すぎて… »

2016年9月30日 (金)

バレーで笑顔と感動を

 熊本・大分地震の復興支援として、バレーボールの地元大分の三好ヴァイセアドラー(チャレンジリーグ男子1部)とサントリーサンバーズ(プレミアリーグ男子)によるチャリティーマッチが29日午後6時、べっぷアリーナで開催された。

0930t3

 はじめに三好の細川優樹キャプテンが「いまだに不自由で不安な生活を送っている人が沢山いる。私は5年前の東日本大震災の被災者でもあり、友人、知人を亡くした辛い体験をした。だからこそ、同じ九州の1人の人間として、少しでも笑顔と感動を与えられるように、力になれればと思う」。サントリーの栗山雅史キャプテンも「何か少しでも出来ることはないかとチャリティーマッチを行うことになった。明るく一生懸命プレーするので、応援よろしくお願いします」とあいさつ。

0930ta2

 サントリーから応援メッセージが書かれたフラッグとボールが大分県バレーボール協会に贈られた。また、開催地である別府市の宣伝部長「べっぴょん」が登場し、三好の選手にサポートしてもらいながら始球式を行い、盛り上げた。
 試合は、サントリーが高さのある攻撃や日本代表の柳田将洋選手の活躍で第1セットを先取。続く第2セットでは、三好が細川選手を中心に地元の意地を見せ、勝ち取った。試合は最終セットにもつれ込み、三好も健闘したものの一歩及ばす、サントリーが2セットを取って勝利した。

0930tb2

 試合終了後、三好の小川貴史監督は「サントリーと試合が出来て、大分のためになったと思う。プレミアリーグへの昇格を目指し頑張る」と会場で約束した。入場料は義援金として、大分県に手渡した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気