本紙購読

特集ページ

« 明星幼稚園でラグビー教室 | メイン | 空き家 »

2016年9月29日 (木)

いいたい砲台

奮い立て日本

 安倍晋三内閣総理大臣が、臨時国会の所信表明に立った。演説の最中、自民党議員がスタンディングオベーション(起立して拍手すること)を行った事で、物議をかもし出した。「ヤリすぎだ」「一強独裁の最たるもの」「自民党のオゴリ」。今や無敵の安倍政権、野党の批判も何のその。しかしそのうちコケることもある。政治の世界は一寸先は闇。
 本題は安倍首相が語った、憲法改正を意識した表現の一つ。「今こうしている間にも、この国を守るために力を尽くしている、海上保安庁職員や警察官、自衛官に感謝の心と……」という讃辞に呼応した自民党議員が立ち上がり、彼らを改めて公式の場で感謝する表現をとったものとして受け止めたい。中には安倍氏にヨイショする軽薄無恥な議員も居たことは確か。ただ、党首をはじめとする代表議員の演説で、聴衆の議員達がこのような形で内容を評価する自由も認めなければ。傲慢の極みと批判をくり返す野党のアゲ足取りにはウンザリする。蓮舫さん、志位さん、小沢さん、立ち上がって「反自民」「反改憲」のノロシを上げ、議員を奮い立たせよ!それに加え、自民の「期待の星」小泉ジュニアが「私も思わず皆さんと一緒に立って拍手したが、これはヤリすぎ……」何と、どこかの、あと出し評論家のようなインタビューがあった。選挙マスコットだけではだめだ。真に批判するならトコトン相手を追いつめろ。
 それが出来ないなら、首相演説の真意を若者らしく受け止めろ。
     (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気