本紙購読

特集ページ

« 渡る世間は狭すぎて… | メイン | 赤い羽根共同募金運動 »

2016年10月 1日 (土)

市内公立小学校が秋の運動会

 別府市内の公立小学校(別府中央と東山を除く)で1日、運動会が行われた。

1001t3

 南小学校(森日出夫校長)では、全校児童と幼稚園児の320人が赤と白の2組に分かれて整列し、午前9時から入場行進を行った。
 森校長が開口一番「みんな、おはよう!心の準備は出来たかな?息をいっぱい吸って、答えてみよう!」と問いかけると、「はい!」と元気あふれる声がグラウンドに響いた。
 続いて、「幼稚園、1、2年生は玉入れの高いところ目掛けてがんばりましょう。3、4年生は『南っ子ハリケーン』(団体表現競技)のダンスの練習を一生懸命していました。台風や雨が多くて外でなかなか練習できなかったけれど、がんばった成果を今日みんなに見せてください。6年生は今年最後の運動会です。5年生と一緒に見せてくれる組み体操ではオリンピックにちなんで世界一周をテーマにしてくれました。それに今年初めて騎馬戦を行います。保護者の方から多くの協力をもらって初めて行うことができました」とあいさつした。
 坂本勅乃児童会長(6年)が開会宣言をしたあと、四井俊輔赤組応援団長(6年)と甲斐大路郎白組応援団長(6年)が両組にげきを飛ばす応援パフォーマンスを見せた。
 引き続き各組の応援合戦が行われると、応援団10数人だけでなく各組の児童全員が共に精一杯声を張り上げてこたえる姿があった。各学年で徒競走を行い、全学年の選抜メンバーで綱引きやリレーを行った。最後に保護者、PTA、地域の人たちも含めた全員音頭「ヤッチキ」があった。
 なお、別府中央小は2日に実施予定、東山小はすでに行っている。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気