本紙購読

特集ページ

« 若草町をハロウィン仮装パレード | メイン | 県法人会連合会女性部会連絡協議会 »

2016年10月28日 (金)

美術協会

 別府市美術協会(荒金大琳会長)は、平成28年度市美展でONSENツーリズム賞を受賞した日本画、書道、写真、洋画、工芸彫刻各1点を市立朝日中学校に寄贈。27日午後4時30分、協会役員らが中学校を訪れて寄贈式を行った。作品の寄贈は毎年行っており、4回目。

1028t3

 荒金会長は「優秀な作品をいろんな人に見てもらいたいと思い、寄贈をしています。日本の教育は、一番優れているなと私は思っています。誰もが自由に教育を受けられることは、こんな素晴らしい事はない。しかし、小、中学校に美術品が少ないと感じている。作品を見て自由に論議して、明るい広場が少しずつでも出来ればと思います」とあいさつ。
 寺岡悌二教育長もあいさつ。各作品の作者が紹介され、作品に込めた思いを語った。
 生徒を代表して、秦優希菜生徒会長(15)が「このような立派な作品をいただき、ありがとうございます。色々な思いが込められた作品なのだと知り、すごいなと感じました。全校生徒にも紹介し、これから入学してくる朝中生にも見せ、少しでも美術の腕が上がるように努力したい」とお礼を述べた。溝部敏郎校長も「大事にしていきたい」と話した。
 式終了後には、生徒が作者に作品について話を聞くなどして熱心に見ていた。寄贈作品と作者は次のとおり(敬称略)。
 ▽日本画=橋本洋子「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」▽洋画=左山律子「雨あがり」▽工芸彫刻=大山恵理香「空想」▽書道=荒金和佳子「春の野」▽写真=中野清子「涼」。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気