« ハロウィーン | メイン | 1日に決算特別委員会閉会 »

2016年10月31日 (月)

野口・北地区でモデル防災訓練

 別府市は、野口・北地区で平成28年度モデル地区防災訓練を野口ふれあい交流センターをメイン会場に、30日午前9時から南石垣児童公園の2カ所で実施。地区住民ら約千人が参加した。

1031ta2

 午前9時に南海トラフを震源とする地震が発生し、別府は震度6弱を観測。85分後に1㍍の津波が到達する大津波警報が発令されたーとの想定で行われた。
 住民は、歩いてそれぞれの避難場所に行った。野口で行われた開会式で、長野恭紘市長が「4月16日に別府でも6弱の地震があり、皆さんも大変な思いをされたと思います。別府市も災害の発生を考え、最大限の努力をしてきたつもりでしたが、まだまだ細かい対応が必要だと感じました。起きてすぐは、自分の命は自分で守り、近隣の人の命を守り、その後が公助になる。公助と合わせて対応してほしい」とあいさつ。

1031tb2

 心肺蘇生法、消火体験、バケツリレー、搬送法、展示ブースの5グループに分かれて訓練を実施した。全員真剣な表情で積極的に参加した。展示ブースには、NTT西日本やドコモ、日本公衆電話会、大分ガス、九州電力が、災害時の対応などについて紹介した。
 また、陸上自衛隊第41普通科連隊などによる炊き出しや水道局の給水車による給水訓練も行われた他、別府警察署も協力した。最後に、心肺蘇生法、搬送法、初期消火を組み合わせた防災運動会があり、地区の代表が習ったことをしっかり生かして人命救助を行った。
 北地区会場では、防災訓練の他、飲料水兼用型耐震貯水槽の取り扱い訓練もあった。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気