本紙購読

特集ページ

« 別府鶴見丘1年生が湯の町探究 | メイン | 別府市の平成27年観光動態 »

2016年10月26日 (水)

別府溝部学園短期大学の弓道部

 別府溝部学園短期大学の弓道部が、第54回九州学生弓道選手権大会(福岡市、4~7日)で準優勝を飾り、主将の丹生朋美さん(19)が11月19日から21日に伊勢神宮で行われる第40回女子東西学生弓道選抜対抗試合に西日本代表の1人として出場する。

1026t3

 弓道部は現在、2年生の丹生さん、1年生の赤池未奈さん(19)、川野花菜子さん(18)の3人。九州大会は、3人1組の団体戦で争われ、得点を重ね、準優勝に。
 東西対抗戦出場者決定戦は、台風の影響で日程が変更となる中、練習ではあまり調子がよくなったという丹生さんは、3立12射すべてを的に当てトップで2年連続で代表に選ばれた。
 普段は、外部の先生から指導を受ける他、自分たちでチェックをし合うなど、3人で話し合いながら練習を行い、団結を強めてきた。特に2年生で最後の試合となる丹生主将は「これまで、新チームで予選を突破することが出来ず、悔しい思いをしてきました。最後の九州大会なので、お互いを思いやり、1本当てる度に感謝の気持ちを持ってやりました。東西決定戦では、練習で調子が悪かったので、楽しんで自分らしくやることだけを考えて臨んだら、すべて命中して自分でもびっくりしました。昨年はよく分からないまま終わってしまい、途中で交代させられてしまったので、今年は最後まで出られるようにしたい。めったに出来ない経験なので、楽しんでやりたい」と力強く決意を語った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気