本紙購読

特集ページ

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月26日 (土)

いいたい砲台

指揮官の資質
 「稲田防衛大臣は少々頼りないですが…」――自衛隊の秋田地方協力本部所属の自衛官が、募集活動のため制作したビラに「自虐ネタ」を込めて各所に配布した。
 防衛省は大臣を批判し、女性蔑視につながる、不適切な表現だったとして担当者に事情聴取し処分を検討するという。
 何言ってんだ!防衛省。よく聞け。稲田朋美さんは防衛大臣として少々どころか、大いに頼りない。大臣就任当初は改憲保守の最右翼に論陣を張り、靖国参拝を怠らず、尖閣諸島に徹底した領有権を主張し、身体を張って上陸した。
 ところが、就任するや国会審議の場で民進党の辻元清美議員から戦没者慰霊祭での欠席を咎められるや、涙してこれに答弁。徹底的に脇の甘さを突かれた。「駆け付け警護」という新任務付与のため、アフリカの南スーダンを視察するも、わずか数時間の滞在で野党からこれまた物笑いのタネに。
 稲田大臣は福井県の出身、早大卒で弁護士の資格を有し、閣内第3位の資産家でもある。福井の特産はメガネ。自身もダテメガネをかけ、特産品をPRしている。防相ポストはダテではこまる。総理大臣に次ぐ、自衛隊の最高指揮官が、人前(公前)で涙を出すこと自体、指揮官として不適切。一時期マスコミは「ポスト安倍」として持ち上げたが、防相として自衛隊に対する貢献と鋭い監督性は皆無に等しい。前途のビラを「女性蔑視」として受け止めるなら、職責逃避に等しい。男女共同参画社会の実現などという美辞に逃げるな。この「自虐ネタ」で将来の自衛官をスカウトしようとした隊員をむしろ、「よくやった!」と褒めてみろ。人様の命をあずかる指揮官なんだよ、あなたは!
     (陽)


長谷部冨貴子さん

 別府市湯山の特別養護老人ホーム静雲荘に入所している、長谷部冨貴子さんが11日に100歳の誕生日を迎え、25日午後1時40分頃、長野恭紘市長がお祝いに訪れた。

1126t2

 長谷部さんは日田市出身で、農家の家に育った。福岡県の和服店で住み込みで働きながら和裁を覚えたという。昭和17年に結婚して北朝鮮へ。終戦1年後に帰国したが、引き上げる時には子どもは連れていけないと言われたが苦労してまだ小さかった長女を連れて帰ることが出来た。その後は日田に戻って農林業をしながら子どもたちを育てた。夫亡き後も93歳まで一人で暮らしながら、野菜を作っては近所に配るなどしていたという。平成24年に長男の與(あたえ)さんが暮らす別府に来た。
 長寿の秘訣は「食べ物の好き嫌いなく、バランス良く、よく噛んで食べること。穏やかな心で過ごすこと」などと話す。子ども4人、孫4人に恵まれた。
 この日は、入所者や家族も一緒にお祝い。長野市長は表彰状とお祝い金などを手渡し「とても働き者だとうかがっています。別府には温泉もたくさんあるし、皆さんと仲良く、これからも健やかに長生きしてくださいね」と声をかけると、長谷部さんはうなずいていた。全員でハッピーバースデーを歌いながら、誕生日ケーキでお祝いした。

西 謙二さん

 「お互いに切磋琢磨し、少しでも力を合わせて別府観光のために尽力したい。そのためにも会員の皆さんは、別府商工会議所に気軽に相談、問題提起などをしてもらいたい。我々も会員のところに行き、話を聞く。意見を集約して、関係機関に伝えていく」と官民の橋渡し役を強調した。

11262_2

 千壽健夫前会頭からバトンを受け取り今年11月1日、会頭へ。
 「中央の情報を商店街など中小企業に与えることで、企業を変化させたい。また、故郷である別府を外から見ている第三者の視点を持つ人を参与として招くことで、中からは気づきにくいことやアドバイスをもらうようにしている」。
 「私が生まれ育った故郷に関する情報をもらい、別府の町イコール商工業の生き抜くことのお手伝いをしていく。みんなで力を合わせることが必要」と語った。
 別府市長が代わり、別府市東京事務所を国会議事堂の近くに開設。時の流れは変わってきている。別府市も若い次世代のメンバーが一緒に参加してチャレンジしていくことが重要という。
 「別府市は観光の町。自然が豊かで景色も良い。これは金に換えることができない。別府市のためにも外部からのアドバイスを聞き、会議所が観光の手助けをしていく」と述べた。
 4月16日の震災で、改めて別府市は観光の町と認識した。観光客は昨年と同様のレベルに戻ってきているが、耐震工事や補強などまだまだ必要な経費はかかる。そのためにも、別府経済の中心である観光をどのように盛り立てていくかを考えている。
 「別府で生活する1人として、みんなで知恵を出し合って発展させたい。官民一体となって、手を差し伸べていく。また、時代は変化して商店街の近くにコンビニやドラッグストアができて、商店街は生き残るためにどうすればいいか試行錯誤している。地域商工会の代弁者として行動し、会議所として皆さんの役に立ち、少しでも恩返しができればと思い、会頭を引き受けた」と語った。
 昭和24年生まれ、別府市出身の67歳。昭和47年3月、日本大学経済学部を卒業。平成2年6月、別府商工会議所の議員になる。13年11月に常議員、21年6月に副会頭を経て、28年11月に現職。
 趣味は、世話好き。よく相談に乗るという。また国内外を旅行し、リフレッシュすることもある。
 座右の銘は「攻撃は最大の防御なり」。攻撃=行動することで、立ち止まらずに前向きに動くことを重要視している。
 家業の西石油代表取締役は昭和62年8月に就任した。

さんふらわあ乗り場でテロ対策訓練

 おおいた観光サービス主催、別府警察署協力の「テロ等に係る不審者(物)発見時の初動措置訓練」が25日午後1時半、汐見町の県営3号上屋(フェリーさんふらわあ)1階などで行われた。同サービス関係者など約30人が参加した。年1回行っており、今年で3回目。

11262

 大分県指定管理者の「おおいた観光サービス」は、国内外におけるテロなどの事件を未然に防止または対応するため、県港湾課の指導に基づき、管理する別府国際観光港駐車場・県営3号上屋などの危機管理を目的に、フェリーさんふらわあ別府支店と協働の訓練を実施した。
 今回の訓練は、県営3号上屋の1階待合室で爆発物らしき不審物を発見。110番通報するとともに、フェリー乗客の避難誘導などを行う。現場に到着した警察官が不審者(物)を確保する―と想定した。
 フェリーさんふらわあ別府支店の桑村裕人支店長のあいさつ後、訓練開始。
 別府国際観光港駐車場勤務員が巡回中に待合室1階ベンチで「リード線などがついた爆発物」を発見。周囲に所有者らしき人物がいないため、上司の事務所長に電話で報告。事務所長の指示で、フェリーさんふらわあ受付カウンターに行き、受付勤務員に状況を報告。館内放送するとともに、駐車場に避難するよう乗客を誘導した。
 110番通報を受けた警察官2人が、現場に到着。上屋内に誰も残っていないか確認中、不審者を発見。職務質問をすると、爆発物を置いたことを自供したため、パトカーに乗せた。
 続いて、不審者・不審物件の早期発見と対応の注意事項を学んだ。
 訓練終了後、東田別府警察署警備課係長が講評した。

2016年11月25日 (金)

技能功労賞8人、優秀技能賞6人

 別府市は、平成28年度技能者表彰式を24日午前10時、市役所で行った。優れた技能者を表彰することで、広く技能尊重の気風を浸透させ、技能者の地位向上と産業の発展に寄与することが目的。

1125t3

 今回は、理容師、テレビ・家電品販売修理、美容師、調理師、電気業、左官職、表具・内装師、造園業、塗装業、配管業から技能功労賞に8人、優秀技能賞に6人が表彰された。
 長野恭紘市長が1人ひとりに表彰状を手渡し「長年培った技能と豊かな経験で、それぞれの業界の技能向上、産業発展の原動力になっている。後進の育成や技能の継承、さらなる産業の向上にご尽力いただきたい」とあいさつ。
 来賓の堀本博行市議会議長と渡邊秀一別府商工会議所専務理事(会頭代理)が祝辞を述べた。受賞者を代表して、技能功労賞の平松茂保さん(77)=亀川四の湯町、テレビ・家電品販売修理=が「受賞者はそれぞれの分野に長年たずさわり、技能を磨き後進の育成にも努めてきました。表彰は身に余る光栄。これを機に意を新たにし、研さんを重ねてこの栄誉に報いていきたい」と謝辞を述べた。平松さん以外の受賞者は次のとおり(敬称略)。
【技能功労賞】星野金弘(理容師)渡邊明子(美容師)坂本泰(調理師)仲野透(電気業)平岡勉(調理師)中村幸夫(左官職)安部直和(表具・内装師)
【優秀技能賞】松尾栄二(調理師)藤内勝(造園業)溝田貴樹(塗装業)福本洋(配管業)森朱美(美容師)都留弘昭(電気業)

市議会全員協議会で明らかに

 別府市議会の全員協議会が24日午前11時、別府市議会全員協議会室で開催された。市議会議員、執行部が出席した。

11252

 今回の議案は、市の組織機構改革について。市役所事務分掌条例第1条、第2条の改正と、現行の6部を8部に再編する。実施時期は、平成29年4月1日。
 阿南寿和副市長が「機構改革により『地域を磨き、別府の誇りを創生する』ため、時代の要請や新たな課題に対応し、地方創生の取り組みを加速するとともに、『政策市役所』の実現をめざして人材育成や組織体制の強化を図ることが目的」と述べた。
 工藤将之企画部長が、組織機構改革のねらいを①市総合戦略などを着実に実行する体制づくり②現場の実情を踏まえて地域の課題を探求し、的確な政策を打ち出す「政策市役所」の実現をめざす体制づくり③新たな行政課題の解決に果敢に取り組む体制づくり―と説明した。
 ▽ONSENツーリズム部を「観光戦略部」と「経済産業部」に再編。「共創戦略室」(部相当)を新設し、迅速な意思決定と着実な政策実現をめざす。ONSENツーリズム部観光課を「観光戦略部観光課」とし、別府ブランドの構築と発信を行う。ONSENツーリズム部商工課を「経済産業部産業政策課」とし、地域産業の一層の活性化を図る。福祉保健部に「福祉政策課」を新設し、福祉政策の企画・立案を行い、課題解決に取り組む。
 ▽「企画部政策推進課」を「企画部総合政策課」と「企画部財政課」に再編。市有施設などの管理と住宅政策の充実を図るため、「建設部建築住宅課」を「建設部施設整備課」と「建設部建築指導課住宅政策室」に再編。教育庁教育総務課を「教育政策課」とし、教育政策の企画・立案を来ない、課題解決に取り組む。
 ▽「総務部収納課」を「総務部債権管理課」とし、私債権を含む総合的な債権管理に取り組む。「第33回国民文化祭・おおいた2018」の開催に向けて、「観光戦略部文化国際課」に「国民文化祭準備室」を設置する。「ONSENツーリズム部競輪事業課」を「経済産業部公営競技事務所」に改め、対外的な交渉や新規レースの誘致などを積極的に展開する。「福祉保健部児童家庭課」を「同部子育て支援課」とし、子どもを取り巻く新たな課題に取り組むとともに、将来的に子どもに関するワンストップ窓口をめざす。平成28年熊本・大分地震を踏まえ、防災危機管理体制を強化するため、「防災危機管理課」とし、共創戦略室に移管する。
 執行部の説明後、市議らが質問。阿南副市長や工藤企画部長が答えた。

湯~園地

 別府温泉をPRしようと制作したプロモーション動画がYouTubeで100万回再生されると「湯~園地」計画を実現させるとした長野恭紘市長の公約連動型動画が24日午後1時すぎに100万回を突破。午後4時、市役所で会見を開いた。

1125t2

 動画は別府ONSENアカデミアシンポジウムの初日、21日午後1時に公開され、実質3日間での達成となった。動画の中で、長野市長は100万回を達成した際には、市内で遊べる温泉「湯~園地」を実際に開設。そのためのスペシャルタスクフォースチームを早急に立ち上げ、1年以内の実現を目指すーとしている。
 会見の冒頭、長野市長は「アップロードから実質3日間で、目標とした100万回再生を達成するというスピードの速さ、反響の大きさに驚いており、やってしまった感でいっぱいです」としながらも、「これだけ多くの方々からの思いをいただいた以上、独創的な温泉の活用可能性の実現化、具体化に向け、今後タスクフォース(任務のために編成するチーム)や専門チームを編成し、協議していきたい」と実現に意欲を見せた。
 プロモーション動画はあくまでもイメージで、どういった物ができるかはこれから。「遊び心あふれるものにしたい。公約を出す以上、達成するだろうとは思っていたが、もう少しじんわりくると思っていた。面白いじゃないかという期待感があったのだと思う。別府が持つ本当の価値にまだ我々が追いついていないところがある。別府に住む、特に若い人たちが『別府はおもしろい』と感じて自慢し、誇れるふるさとを実感してもらいたい。我々が思っている以上に潜在能力がまだある」と話した。
 「湯~園地」は、趣旨に賛同した人からの寄付金などで実現する方向で、すでに寄付の申し出があるという。

2016年11月24日 (木)

第8回内竈堂面棚田の文化祭

 内竈堂面棚田を再生する会主催の「第8回内竈堂面棚田の文化祭2016」が22日午前10時、内竈公民館で開催され、多くの人でにぎわった。

11242_4

 主催者の高橋武良会長が「地域活性化事業として、皆さんと継続して進めてきましたが、後継者の問題をどうしようか考えています。今後も一生懸命していきますので、支援しちゃあげたいという人がいましたら、一緒に活動をしましょう」。
 来賓の小林文明市農林水産課長(市長代理)は「内竈は、市民と別府市が一体となって自分たちの住む町を良くしていこうという協働の取り組みの見本となる町です。海の見える棚田として多くの人に愛されるとともに、この文化祭が長く続くことを熱望します」。
 山本章子県東部振興局長は「楽しい催しが計画されており、その一つに溝部学園の皆さんが、ジビエ料理を振る舞ってくれます。鳥獣害対策の一つの利活用として、県も推進しています。ぜひ味わって下さい」。

11242_5

 同会一員でもある河野数則市議は「堂面棚田は再生できましたが、後継者が問題となっています。地域の皆さんの力が必要となっています。ぜひ、会員となり、田植え、稲刈りなどの加勢していただければ幸いです。皆さんのご協力を心からお願いします」とそれぞれあいさつ。
 また、来賓として溝部仁別府溝部学園理事長、恒松直之市農業委員会会長、芝尾慎太郎JAべっぷ日出常務理事、松本英樹市立亀川小学校教頭(校長代理)、安藤文年ひらた保育園園長、恒松恵典内竈自治会会長が紹介された。
 棚田写真コンテストの表彰式に移り、最優秀賞2人、優秀賞3人に賞状と景品、参加賞3人に景品がそれぞれ贈られた。
 ステージで、ひらた保育園児による神楽舞、恒松自治会長による生け花などが披露された。園児の神楽舞では、観客から「かわいい。頑張れ」と声援が飛んだ。
 また、自治会婦人部によるサトイモ、ゴボウ、ハクサイ、豚肉などが入った豚汁とオニギリを無料配付した。餅つきは用意した棚田で収穫したもち米30㌔を、大人と園児がぺったんぺったんとついた。つき上がった餅は、あんこ餅、しいら餅、酢餅にして販売。それぞれ、長蛇の列ができた。
 公民館内では、コンテストの写真が展示されており、多くの人が観賞した。
 コンテスト入賞者は、次のとおり。(敬称略)
 ▽最優秀賞=奥村元一、牧ツヤ子▽優秀賞=宇都宮勤、仲野太郎、田中実▽参加賞=千住勝義、後藤孝之、宇都宮敬

上平田きらきらクラブのお楽しみ会

 上平田町自治会きらきらクラブ(後藤三佐子部長)主催のお楽しみ会が20日午後1時、同町公民館で開催され、約70人が参加した。

1124a2

 今回は、戦中・戦後の激動の時代を、日本人がどのように生きてきたかを映像と劇で回顧した。
 劇に参加する自治会長らが旗を振りながら登場すると、見学者から大きな拍手が起こった。
 後藤部長、西尾文博自治会長がそれぞれあいさつし、露営の歌、若鷲の歌など軍歌3曲を歌い、劇がスタートした。
 真珠湾奇襲攻撃で開戦した太平洋戦争中、5人の戦死者を出している上平田村に1通の召集令状が届いたところから始まった。
 召集令状を受け取った息子役の山坂さんは「ありがとうございます」と大きな声で郵便局員に返事をした。しかし、その横で母親役の井上竹子さんは頭を下げながら目頭をふいた。その後、叔父と叔母に相談し、村長役の西尾自治会長に報告した。そして、村民役の町民が舞台に上がり、お祝いを言った。

11242_3

 第一幕終了後、実際に戦争に行った能丸幸利さんが「体が弱かったので、母親から梅エキスを渡されて、戦地に行った。そして帰ったとき、母は『よく帰ってきた』と言い、私の体をさわった。そのとき、『もう二度と戦争には行かない』と母に言ったことを覚えている」と思い出を語った。
 第二幕では、武運長久の祈願祭を行い、万歳三唱で山坂さんを送り出した。
 劇終了後、童謡3曲(われは海の子、ふるさと、小さい秋見つけた)、戦後の歌謡曲3曲(リンゴの唄、お富さん、チャンチキおけさ)を参加者全員で歌った。また「神風特攻隊員の遺書」の映像が流されると、多くの参加者の涙を誘った。
 最後に二人羽織で笑いも起こり、お楽しみ会が終了した。

別府料金所で強盗対応訓練

 西日本高速道路サービス九州別府料金所(扇山町、小島護所長)主催の強盗対応訓練が24日午前10時、大分自動車道別府料金所であり、同料金所職員、別府警察署員から26人が参加した。

11242

 世相不安を反映し各地で凶悪事件が起き、別府料金所でも多額の現金を取り扱うことから、深夜の強盗事案を想定。有事の際、迅速で確実な対処容量を習得し、防犯意識の向上を図ることが目的。
 訓練は、午前1時、大分自動車道別府料金所5番ブースから県道よりの場所で乗用車が停車。助手席から男1人が降りて、ブースに近づき勤務中の女性職員に凶器を突きつけて現金を奪い逃走する―と想定。
 料金ブースにいた女性職員に、強盗にふんした生活安全課員が銃を突きつけて「金を出せ。早くしろ」と現金を要求。女性職員は現金の入ったジェラルミンケースを渡しながら、犯人の特徴を覚えた。犯人は、銃で威嚇しながら、待機させていた車で逃走した。職員は追いかけて車のナンバーなどを覚えて、事務所に戻ると110番通報した。
 その後、別府署地域課員2人がパトカーで到着。署員は、犯行当時の状況や強盗犯の人相などを聞き取った。

11242_2

 石川優子別府署生活安全課生活安全係長(警部補)は「抵抗せず犯人の特長を覚えるため時間を稼ぎ、事務所に連絡し、防犯ブザーも鳴らせた。犯人の人相、服装、車のナンバー、色、タイプを正確に覚えることが重要。そしてイメージトレーニングを繰り返し行い、いざという時のために備えてほしい」と講評した。
 訓練後、料金所駐車場で実際に動いている車に対して、カラーボールに見立てた水風船を投げる訓練を行った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気