本紙購読

特集ページ

« 湯~園地 | メイン | 技能功労賞8人、優秀技能賞6人 »

2016年11月25日 (金)

市議会全員協議会で明らかに

 別府市議会の全員協議会が24日午前11時、別府市議会全員協議会室で開催された。市議会議員、執行部が出席した。

11252

 今回の議案は、市の組織機構改革について。市役所事務分掌条例第1条、第2条の改正と、現行の6部を8部に再編する。実施時期は、平成29年4月1日。
 阿南寿和副市長が「機構改革により『地域を磨き、別府の誇りを創生する』ため、時代の要請や新たな課題に対応し、地方創生の取り組みを加速するとともに、『政策市役所』の実現をめざして人材育成や組織体制の強化を図ることが目的」と述べた。
 工藤将之企画部長が、組織機構改革のねらいを①市総合戦略などを着実に実行する体制づくり②現場の実情を踏まえて地域の課題を探求し、的確な政策を打ち出す「政策市役所」の実現をめざす体制づくり③新たな行政課題の解決に果敢に取り組む体制づくり―と説明した。
 ▽ONSENツーリズム部を「観光戦略部」と「経済産業部」に再編。「共創戦略室」(部相当)を新設し、迅速な意思決定と着実な政策実現をめざす。ONSENツーリズム部観光課を「観光戦略部観光課」とし、別府ブランドの構築と発信を行う。ONSENツーリズム部商工課を「経済産業部産業政策課」とし、地域産業の一層の活性化を図る。福祉保健部に「福祉政策課」を新設し、福祉政策の企画・立案を行い、課題解決に取り組む。
 ▽「企画部政策推進課」を「企画部総合政策課」と「企画部財政課」に再編。市有施設などの管理と住宅政策の充実を図るため、「建設部建築住宅課」を「建設部施設整備課」と「建設部建築指導課住宅政策室」に再編。教育庁教育総務課を「教育政策課」とし、教育政策の企画・立案を来ない、課題解決に取り組む。
 ▽「総務部収納課」を「総務部債権管理課」とし、私債権を含む総合的な債権管理に取り組む。「第33回国民文化祭・おおいた2018」の開催に向けて、「観光戦略部文化国際課」に「国民文化祭準備室」を設置する。「ONSENツーリズム部競輪事業課」を「経済産業部公営競技事務所」に改め、対外的な交渉や新規レースの誘致などを積極的に展開する。「福祉保健部児童家庭課」を「同部子育て支援課」とし、子どもを取り巻く新たな課題に取り組むとともに、将来的に子どもに関するワンストップ窓口をめざす。平成28年熊本・大分地震を踏まえ、防災危機管理体制を強化するため、「防災危機管理課」とし、共創戦略室に移管する。
 執行部の説明後、市議らが質問。阿南副市長や工藤企画部長が答えた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気