本紙購読

特集ページ

« 第8回内竈堂面棚田の文化祭 | メイン | 市議会全員協議会で明らかに »

2016年11月25日 (金)

湯~園地

 別府温泉をPRしようと制作したプロモーション動画がYouTubeで100万回再生されると「湯~園地」計画を実現させるとした長野恭紘市長の公約連動型動画が24日午後1時すぎに100万回を突破。午後4時、市役所で会見を開いた。

1125t2

 動画は別府ONSENアカデミアシンポジウムの初日、21日午後1時に公開され、実質3日間での達成となった。動画の中で、長野市長は100万回を達成した際には、市内で遊べる温泉「湯~園地」を実際に開設。そのためのスペシャルタスクフォースチームを早急に立ち上げ、1年以内の実現を目指すーとしている。
 会見の冒頭、長野市長は「アップロードから実質3日間で、目標とした100万回再生を達成するというスピードの速さ、反響の大きさに驚いており、やってしまった感でいっぱいです」としながらも、「これだけ多くの方々からの思いをいただいた以上、独創的な温泉の活用可能性の実現化、具体化に向け、今後タスクフォース(任務のために編成するチーム)や専門チームを編成し、協議していきたい」と実現に意欲を見せた。
 プロモーション動画はあくまでもイメージで、どういった物ができるかはこれから。「遊び心あふれるものにしたい。公約を出す以上、達成するだろうとは思っていたが、もう少しじんわりくると思っていた。面白いじゃないかという期待感があったのだと思う。別府が持つ本当の価値にまだ我々が追いついていないところがある。別府に住む、特に若い人たちが『別府はおもしろい』と感じて自慢し、誇れるふるさとを実感してもらいたい。我々が思っている以上に潜在能力がまだある」と話した。
 「湯~園地」は、趣旨に賛同した人からの寄付金などで実現する方向で、すでに寄付の申し出があるという。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気