本紙購読

特集ページ

« 市協働のまちづくり推進委員会答申 | メイン | 元町友愛会の餅つき大会 »

2016年12月27日 (火)

11月の月間県警ベスト交番賞

 別府駅交番(所長=堀紘陽警部補・9人)が通算18回目となる月間県警ベスト交番賞(11月)に選ばれ26日午後1時40分、別府警察署署長室で授与式が行われた。駅交番は過去、県警ベスト交番賞を平成19年4回、20年5回、21年4回、22年1回、25年1回、26年1回、27年1回、28年1回と計18回、年間ベスト交番を平成19年、22年の2回受賞している。

12273

 県下15警察署32交番を対象に、県警本部地域課が審査。別府駅交番は、11月の犯罪検挙実績や各世帯を巡回する地域警察活動などが評価された。
 式では、高山譲二生活安全部長から、堀所長に賞状、早崎雄太主任(巡査部長)に記念の盾が贈られた。
 高山生安部長は「昨年7月以来、18回目の受賞。交番管内の皆さんの期待に応える地道な活動を、頑張った成果。11月中の成績は、2位、3位を大きく離してダントツの1位だった。今年も残り少なくなり、市民はもとより観光客も増える時期になる。市民が平穏に年末年始を迎えられるよう、この受賞を機にさらなる活動をしてほしい」。
 堀所長に激励品を手渡した和田正遠・大分県警察官友の会別府支部長も「別府駅交番は忙しい中、駅前という繁雑な場所ということもあるのか、成績を挙げるのは大変なところ。今後もこれを機会に頑張って下さい」とねぎらった。
 最後に、堀所長は「本年は交番員が少ない状況の中、始まりました。体制が整った夏ごろから、ベスト交番をめざし努力してきました。その中で、これまでの最高順位は2位にとどまり、交番員一同、悔しい思いをしてきました。そのため、今回の受賞は、喜びもひとしおと感じております。しかしながら、この受賞に満足することなく、今後も職務にまい進し、再びベスト交番が受賞できるよう取り組んでいく所存です」と受賞の感想を述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気