本紙購読

特集ページ

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月22日 (木)

いいたい砲台

国土は「命」
 北方「領土」の返還は暗礁に乗り上げた感がある。安倍首相は戦後70年の総決算としてオバマ大統領の広島訪問。元従軍慰安婦の賠償問題を解決する女性募金の設立。首相自身、ハワイの真珠湾を訪問して戦没者を慰霊。―――70年の総決算の一つが、北方四島の返還。しかし相手が悪かった。米韓は同盟意識があるから比較的、口では異を唱えても納まり所はある。
 ロシアは別だ。旧ソ連の時代、昭和16年(1941年)締結の「日ソ中立(不可侵)条約」を一歩的に破棄、昭和20年(1945年)の8月9日に日本に対し宣戦布告。南樺太、千島列島および満州国。朝鮮半島北部に侵攻した。「日ソ中立(不可侵)条約」とは、昭和14年(1939年)5月に発生、4カ月間にわたる「ノモハン事件」における国境紛争の反省から、両国不可侵をうたったもの。ロシアの日本侵攻はヤルタ会談において急遽参戦を表明したソ連と連合国首脳との密約によって、日本に対する戦宣を決めたもの。北方4島の占有権は終戦直後の極東軍事裁判で確定した。
 プーチン大統領は山口県での日露首脳会談で「日露間に領土問題は存在しない。北方4島はロシアの領土」と主張する談話を発表。返還に向け期待感の入った関係者は冷水を浴びせられた。それでも安倍首相は相互の経済協力を基軸として長い時間をかけて相手方(ロシア)の譲歩を狙うという。
 不可能に近い。相手はロシアだ。4島返還のタイミングは過去に何度となくあったハズ。
 まず、戦勝国が一方的に敗戦国を裁いた、極東軍事裁判の無効を求める提訴(なぜしなかったのか)。米国が占領した沖縄を返還した時。ソ連邦の崩壊時。日ソから日露に変わった瞬間。北方領土占有権者がソ連からロシアに変わった時。社会主義体制が崩れたゴルバチョフ時代。―――すべてのタイミングを逸して、はるか70年前の時代に戻せとは「虫が良すぎるぞ日本!」となる。当然だ。
 「領土は我が国の若者達が血を流して手に入れたもの。獲得したもの」と主張するロシア。金の問題ではない。国民の「命」なのだ。そこが理解できなければ、この問題を解決することはできないのでは。
     (陽)



協働のまちづくり事業公開プレゼン

 平成29年度「別府市協働のまちづくり事業補助金」の第2次審査会として、公開プレゼンテーションが22日午前8時45分から、市役所レセプションホールで行われた。

1222t2_2

 地域の様々な問題を解決すためには、複数の団体等がそれぞれの得意分野で責任と役割を分担して協力し、取り組むことが必要。事業計画は、市民提案型と行政提案型の2種類がある。行政提案型では、移住定住促進、「親亡き後等の問題」解決に必要な情報の周知、みんなで健活べっぷを健幸~延ばそう健康寿命!、みんなですすめる「読書のまちづくり」があげられている。採択されると、対象経費の10分の9、上限100万円を補助する。
 2次審査には、市民提案型、行政提案型各4件が参加。10分の発表時間内に健康づくりや障がいへの理解促進、就職サポート、まちづくりイベントなどそれぞれの事業について説明し、審査員4人が細かい部分についての質問をした。審査員は、課題の把握や目標、公益性、計画性、熱意、協働の必要性、相乗効果など13項目、100点満点で行った。
 採択の結果は、各団体に通知され、来年1月に協定書締結の説明会を予定している。

心を込めXマスプレゼント

 別府発達医療センターボランティアの会(立川敬子代表)は22日午前10時半、同センターへ手作りクリスマスプレゼントを贈った。毎年、手作りのおもちゃなどをプレゼントしている。今年で17回目。ボランティア9人が出席。

1222t2

 今年は、別府整肢園に誕生日おめでとうのタペストリー、めじろ園に春のタペストリー、ひばり園にひな祭り、七夕、夏の物のタペストリー、ほっとにダーツゲーム、こじか園とりんくに恐竜的当てゲームをプレゼントした。事前にリクエストをもらってから、会員が少しずつ手作りした。みんなに喜んでもらおうと、カラフルにしたり、的当てゲームでは安全に遊べるように布製のボールが的に当たるとひっつくようにするなど工夫をした。
 立川会長が「皆さんの顔を思い出しながら、喜んでくれるかな、遊んでくれるかなと考えながらみんなで一生懸命縫いました。メンバーも25人ほどに増え、毎回、ワイワイ楽しくしています。これからも頑張りたい」とあいさつ。それぞれの代表者にプレゼントを手渡した。
 福永拙センター長が「子どもたちの笑顔が輝いている。毎年、本当にありがとうございます。見て、触って、楽しめるもの。大切に使いたい」とお礼を述べ、利用者らからお礼として、メッセージカードが贈られた。

2016年12月21日 (水)

別府っ子心のケアプロジェクト

 別府っ子心のケアプロジェクト(リーダー・湊博秋教育次長、12人)は第2回プロジェクト会議を20日午後4時、市役所で開いた。4月の地震発生以後、子どもたちが抱えるストレスや不安にどう対処するかなどを協議している。

1221t2

 寺岡悌二教育長が「今でも、地震の映像を見ると、大人でも不安を覚える人がおり、子どもにはフラッシュバックなど問題があるのではないかと思う。心と体の状況を把握するため、2回目のアンケート調査を実施した。どんな取り組みが必要なのか、専門的な立場から協議していただきたい」とあいさつ。
 10月3~14日に、2回目のアンケート調査を幼稚園児(4~6歳児)500人、公立小学校児童4853人、公立中学校生徒2637人を対象に実施。園児は保護者が、小・中学生は学校で本人が回答した。専門家の意見を聞きながら、地震に特化した質問にならないように配慮し、ポジティブな項目、メンタルヘルスを中心とした質問とした。内容は、▽寝付きがよい▽小さな音やちょっとしたことで、どきっとする▽学校の授業に集中できている▽ちょっとしたきっかけで、地震のことを思い出したくないのに思い出してしまう▽ごはんをおいしく食べている▽友だちとあそんだり話したりすることが楽しいーなど9の項目について「ない」から「ひじょうにある」まで4段階で答え、自由回答で▽いらいらしたとき、どんな工夫をしているか▽がんばっていること、がんばりたいことは▽楽しいこと、楽しみにしていることはどんなことかーを聞いた。
 調査結果を分析した、別府大学臨床心理相談室の矢島潤平教授が「園児は比較的健康で、小学生は影響が残っている子が1割程度おり、影響を受けている子と受けていない子の両方が存在している。中学生は、全体的に問題にある生徒は少ないが、女子の方が若干ネガティブ気分が高い。しかし、影響があるといっても、楽しいことがあげられているので、それほど問題はないと思う」などと話した。
 2学期になると、運動会など学校行事がいろいろとあったことも、子どもたちの心に影響を与えていると見られる。
 今後も子どもたちの様子を注視しながら、ケアに努めていくことを確認した。

花で心を癒やして

 亀川四の湯町二区白寿クラブ「輪」(野村幸雄会長)が19日午前10時半、市立上人小学校(糸長憲司校長)に花の苗を贈呈した。今年4月に、熊本地震が発生し、子どもたちの心の癒しになれば、と6月にプレゼントして以来2回目。

1221t3

 今回は、葉ボタン、ノースポール、なでしこ、虫取りナデシコ24個入り20ケースを贈った。野村会長ら3人が学校を訪れ、児童会の栽培美化委員3人に手渡した。
 野村会長は「普段から、頑張っている皆さんに元気と勇気をいただいている。6月の贈呈をきっかけに、結びつきが一層深まったと思う。今回も花の苗を持参したので、空きスペースにでも植えて、心の慰めにしてほしい」とあいさつ。
 糸永校長は「普段から、花を見てキレイだなと慰めになっていると思う。時期的にも花の少ない季節なので、ありがたい」とお礼を述べた。松尾陽向太委員長(11)が「前回に続いて、苗をありがとうございます。大切に育てます」とお礼。一緒に玄関前の花壇に苗を植えた。

別府署がコンビニ店長に感謝状贈呈

 別府署(横山弘光署長)は21日午前9時15分、LINE(ライン)乗っ取りによる詐欺被害を未然防止した加藤文彦さん(52)=市内在住、ローソン別府上田の湯店店長=に感謝状を贈った。

12212

 感謝状を手渡した横山署長は「高齢の方がだまされる直前に防止でき、本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします」と述べた。
 加藤さんは今年11月14日午後6時半ごろ、同店に高齢女性から「4万円分のウェブマネーを購入したいが取り扱いはありますか」と電話を受けた。高額だったので不審に思い、購入理由を聞くと「海外にいる知人からLINEで頼まれた」と話した。詐欺を疑い、別府署に通報するとともに、女性に対して「詐欺の可能性があるので、知人本人に連絡した方がいい」と注意喚起した。その後、LINEが乗っ取られていたことが判明した。
 感謝状を受け取った加藤さんは「大したことはしていないが、感謝状を贈られたことは感激しています。詐欺被害を防げたことは、本当に良かったです。後日、女性に会ったとき、LINEの文章がいつもと少し違っていたとも言っていました」と話した。

2016年12月20日 (火)

湯の町探求プロジェクトの成果発表会

 県立別府鶴見丘高校の「1年生湯の町探求プロジェクト」成果発表会が19日午後2時半、同校体育館で行われた。1年生280人、行政関係者、保護者らが聴講した。

12202

 同校では「総合的な学習の時間」を中心に、キャリア教育を実践している。その一環として、平成28年度の1年生は、総合的な学習の時間において同プロジェクトを題して実施。今年9月から別府・日出の魅力と問題点を発見し、どのようにその魅力を発信するかなど、高校生の視点から提言を行う。
 今回は、先週の分野別(国際、観光、経済、芸術・文化、教育、防災、医療、環境・科学技術の8分野)発表で選ばれた11班が発表した。
 観光分野で「ゲームで伝える別府の魅力!」をテーマに生徒4人が発表。

12202_2

 生徒は、別府の観光客における若年層に着目。新しいイベントとして、地域を巻き込んだ「謎解きウォークラリー」を提案。ルールは、生徒が参加した「ガストロノミーウォーキング」を参考にした。
 防災分野では「二次災害を防ごう!空き家の活用方法」をテーマに生徒5人が発表した。
 「大分・熊本地震で多くの建造物が倒壊しました。その現状から、空き家を減らすための方法と、空き家の活用方法を考えました」と述べた。
 話し合いさまざまな案が出た結果、携帯アプリを活用することなどを提案した。
 発表終了後、長野恭紘別府市長が「みんな、私が高校1年生の時より考えている。いろいろな意見があり、まとめるのが大変だったと思う。調べれば調べるほど、別府の魅力を再認識し、好きと感じたと思います。皆さんの素晴らしい発表を聞いて、刺激になりました。良い提案は、別府市政で実現できればと思います」、寺岡悌二市教育長がそれぞれ講評した。
 最後に同プロジェクトを振り返って、古庄亜美さんと小山雄大さんが感想を述べた。

別府市議会第4回定例会最終日

 別府市議会は平成28年第4回定例会の最終日の20日、本会議を再開した。

1220t2

 はじめに、長野恭紘市長が、地獄蒸し工房鉄輪の指定管理者の議案について「事業報告書に事実と異なる報告があったことが判明した」として、議案を取り下げることと、それに伴う補正予算案の一部訂正について説明。全会一致で承認された。
 この問題については、13日に行われた観光建設水道委員会(山本一成委員長、8人)で問題点が指摘されており、それを受けて市が調査した結果、虚偽記載が判明した。指定管理料は、収益などの経営状況をみて、適正になるように調整されていることから、金額の見直しが必要となる。昨年度までの4年間で約2500万円低く申告していた。
 地獄蒸し工房鉄輪は、平成22年にオープンし、地獄蒸し料理が楽しめるなどで平成27年度は11万3千人が訪れた人気施設。当初は市直営で運営されてきたが、24年度から指定管理者制度を導入しNPO法人鉄輪共栄会(園上重一理事長)が5年間の指定管理を任されている。
 引き続き、森大輔観光水道委員会副委員長、平野文活厚生環境教育委員会副委員長、加藤信康総務企画消防委員会委員長から審査の結果が報告された。竹内善浩氏(日本共産党議員団)から反対討論が行われ、表決の結果、すべての議案を原案とおり可決。また、別府市立別府商業高校の廃校に伴い、条例改正については議長も含めて起立による特別表決を行い、全員が起立した。
 市長専決処分の報告。選挙管理委員及び補充員の選挙を行い、議長の指名との動議が行われ、堀本博行議長が委員と補充員各4人を指名した。
 議員提出議案として、地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書と地域防災力の向上と災害に強い防災拠点の整備を求める意見書が出され、可決された。

2016年12月19日 (月)

「やさしい日本語」ワークショップ

 別府市と立命館アジア太平洋大学(APU)言語教育センター共催の平成28年度別府市多文化共生フォーラム「やさしい日本語」ワークショップが17日午後2時、市役所で開かれた。外国人留学生や言語ボランティア、一般から約90人が参加。

1219t3_2

 市内には、留学生約3千人を含む約4200人の外国人が暮らしている。国籍や民族の異なる人がお互いの価値観や文化的な違いを認め合って対等な関係を築きながら、多文化共生社会をつくるのが目的。また、災害時だけでなく平時でも日本語を使ってコミュニケーションを取るために、「やさしい日本語」とはどういうものかを学んだ。
 はじめに、帝塚山大学(奈良市)の森篤嗣現代生活学部こども学科教授が「やさしい日本語」の考え方について講義した。森教授は「留学生を念頭に置くと、勉強がよくできて、勉強する環境や習慣が身についているが、一歩町に出ると、必ずしもそうではない。『やさしい日本語』とは、困っている人に役に立つ必要最低限もの。40年日本に住んでいる女性に話を聞くと、日本語はすごくしゃべれるのに、読むことはできない。それでも助けてくれる日本人がいればスムーズに暮らしていける。困っている人がいれば、まず声をかける。ジェスチャーでもよい。ここは日本なので、日本語で話しかけてほしい。やさしい日本語は、どれくらい実用的かを考えることが大切」などと話した。
 14グループに分かれて、災害時のポスターづくりについて話し合った。現在の避難所が午後5時で閉まり、それ以後は公会堂に移動するように促す内容。班ごとに電話番号や地図を入れたり、時間表記を「pm」にしたりと留学生にも伝わりやすいように考えた。また、「避難所」の表現では、漢字圏の留学生には意味が伝わるが、漢字圏以外の留学生には分かりにくいなど、漢字とかなどちらを使うかも考えが分かれた。
 一般参加の板井俊一さん(55)は「普段使っている日本語を外国の人に伝えるのは難しい。良い経験だった」。スリランカ出身のドミニカさん(19)=APU2回生=も「日本語は少しわかりますが、早口だったら、言葉を知っていても聞き取ることが出来ない。色々と学べてとても良かった」と感想を述べた。

別府ラグビースクール

 第4回別府ラグビースクールフェスティバル「東九州開通記念・別府でスクラム組もうぜ」が18日午後1時、野口原総合運動場で開催された。別府市ラグビーフットボール協会主催。

1219t3

 福岡県行橋市の京築(けいちく)のチームを招いて、別府ラグビースクールと試合を通じて交流を深めた。
 1年から6年生まで、学年別に試合を実施。ゴールキックはなしのトライのみの得点で競った。子どもたちはボールを手にコートを所狭しと走り回り、思いっきりぶつかり合い、真剣勝負を繰り広げ、気持ちの良い汗を流した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気