« いいたい砲台 | メイン | わくわく農産品フェア賑わう »

2016年12月24日 (土)

別府北RCが少年野球教室

 別府北ロータリークラブ(後藤明文会長)は、別府市出身の福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手を招いて少年野球教室を23日午後1時から、別府市民球場で行った。今年で3回目で、別府市と由布市から約320人が参加。

1224t3

 後藤会長が「青少年の健全育成のために行っています。今宮選手は4年連続でゴールデングラブ賞を受賞するなど、名実ともに日本一の選手。今回は、4月の地震で大きな被害を受けた由布市の子どもたちも招きました。楽しんでほしい」とあいさつ。後藤一彦別府市軟式野球連盟会長、長野恭紘市長もあいさつをした。
 今宮選手からボールが、出身校である明豊高校のインターアクト部から花束が今宮選手に贈られた。
 グループごとに内野、外野、バッティングなどの練習を行った。内野練習では、今宮選手が自らノックをしたり、守備のお手本を見せ「ボールを怖がらず、どんどんテンポよく受けて」などとアドバイス。子どもたちは、時折雨が強く降る中でも大きな声を出して元気よくボールを受けていた。
 北浜スポーツ少年団の一井開登さん(11)は「普段は投手をしていますが、サードの守備に入ったりする。今宮選手のプレーを見て、僕ももっとうまくなりたいと思いました」と話した。
 今宮選手は「人数が多いので、1人ひとりに指導が出来なったが、野球を始めた当初、僕も下手で一生懸命白球を追いかけていたのを思い出した。今は好きという気持ちをもって楽しくプレーしてほしい」と話し、来年の目標について「一番はやはりチームの勝利。その後で個人の成績がついてくると思うが、5年連続でゴールデングラブ賞は絶対に取りたい」と語った。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気