本紙購読

特集ページ

« わくわく農産品フェア賑わう | メイン | 警察業務への支援や事件検挙に貢献 »

2016年12月24日 (土)

HANABIファンタジア開催

 「べっぷクリスマスHanabiファンタジア2016」が23日午後5時半、的ケ浜公園・スパビーチであり、音楽とシンクロした8千発の花火を大勢の見物客が楽しんだ。

12243

 このイベントは、別府青年会議所(JC)が23年前に立ち上げた事業で、最初は150人足らずの子どもたちと、ご褒美の花火25発だった。それが今では、県内外を問わず楽しめる、冬の一大イベントに成長した。
 開会式では、主催者の梅野朋子別府まつり振興会会長(観光協会長)が「この冬の花火は今年で23回目を迎え、別府青年会議所をはじめとする関係者の支援や後援をいただいています。年々お客さまが増えており、20万を超える人を別府に迎えて、天高く澄み渡った空の下、音楽に合わせて打ち上がる冬の花火は、皆さんに格別の感動を与えると思います」。

12242

 来賓を代表して長野恭紘市長が「今宵はテンションを上げていただき、2日合わせて1万6千発の花火を余すことなく楽しんで下さい。4月には大きな震災がありました。別府も多くの被害を受けました。しかし、皆さんの心一つにし、力を合わせて復興が成し遂げられている状況です。熊本など被害の遭った場所のためにも、『別府は元気だ』というメッセージをこの空から届けていきましょう」とそれぞれあいさつ。
 子どもたちとクリスマスソングを歌う会の開始前に、小城崇宜冬の祭典実行委員長(JC41代目理事長)が「今年も多くの子どもたちが参加し、クリスマスソングを歌えることを嬉しく思います。クリスマスソングを歌い終わったら、花火を楽しんで下さい」と開会宣言した。
 会が始まり、500人の児童が「あわてんぼうのサンタクロース」、「上を向いて歩こう」、「きよしこの夜」などを歌った。
 鶴見おろしが吹き、花火の打ち上げが危ぶまれたが、来場者らの願いが届いたのか、風が弱まり予定通り花火の打ち上げとなった。
 「家族を楽しむクリスマス」をテーマに、クラシックなどの音楽に合わせて、色鮮やかな花火8千発が打ちあがった。スパビーチの最前列に設置されたファミリーシート(20組)や、フリースペースにイスを設置するペアシート(200組)などでも見た。
 また、特設ステージでは「クリスマスライブステージ」があり、ザ・ヒットパレーダースがパフォーマンスを披露した。
 会場では、豊後フグ鍋雑炊、留学生参加のアジアン屋台も出店された。
 ゆめタウン別府では「冬のゆめまつり2016」として、やしろ優のライブ、別府溝部学園ハンドベル部のコンサートなどが開催された
 24日は、的ケ浜公園・スパビーチで、午後6時から「OABライブステージ」があり、午後8時から「恋人たちのクリスマス」をテーマに8千発の花火が打ち上がる。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気