本紙購読

特集ページ

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

いいたい砲台

「建国」に考える

 別府市連合青年団OBで、青年団協議会の役員を務める河合芳隆クンは、「今日論壇、いいたい砲台」の大ファン。先日仕事先で会ったら、「今年は調子がいいですねぇ~。次は『紀元節』のタイトルでお願いします!」とオファーが来た。
 「紀元節」については、あまり知識がない。知っている範囲で記してみる。「紀元節(きげんせつ)」とは、古事記や日本書紀で、日本の初代天皇とされる「神武天皇」が即位した日。時は紀元前660年(辛酉元年)の1月1日。今年は皇紀2677年に当る。明治6年に定め、新暦の2月11日に制定。終戦直後は天皇制の否定で紀元節廃止の風潮が高まり、一時休止。その後、復活の気運が醸成され、昭和41年2月11日に「建国記念日」として制定、42年から国民の祝日として適用された。神武天皇のお人柄については、神話上の人物であり、定かではないが、次の機会に解説したい。
 さて「建国」をもとに国のあり方について考えてみた。
 国家が成立する必要条件の一つに国民(民族)がある。最近目を見張る出来事があった。ドナルド・トランプ米国大統領が難民、移民政策を見直し、永住権(グリーンカード)や帰化に厳しく対処するという。正当なビザを所持しても、中東7カ国の難民・移民の入国を拒否している。テロ対策のためという。
 アメリカ合衆国は言わずと知れた移民の国。建国わずか242年。世界中に同一民族のみで形成された国家というものは皆無に等しい。日本は大和民族の国といわれるが、北海道のアイヌの人々がいる。沖縄の人達は中国大陸に直接影響を受け、琉球文化として独自に栄えた時代がある。九州人の七割近くは渡来人のDNAがあると言われる。
 アメリカは宗主国イギリス連邦からの先行移民がプリムスという米国東海岸の一地方に上陸。政治経済の中核を担う人種に、ワスプ=WASP=(白人、アングロサクソン系、プロテスタント)と呼ばれる人々がいる。その内の「イスタブリッシュメント」は全人口のわずか5%。歴代アメリカ大統領で「ワスプ」ではないのは、JFケネディー氏とオバマ氏の2人だけ。「ワスプ」を未だに国家形成の基調に考えているのであれば、大間違いを起こす。中西部白人の労働者層や軍関係や、退役軍人が支持勢力というが、就任直後から連発する「大統領令」は、白人中低所得労働者層やミリタリー関係者への公約実行でナショナリズムを煽り、視野が狭いように思える。彼には軍歴や公職の経験もなく、閣僚に5人の元軍人を入れたことは、軍に対する憧れが増幅したイメージを与える。
 日本の国防について、「米国側に相応の負担をせよ。自分の国は自分で守れ」と来た。この主張を通すのであれば、「終戦直後GHQによる『日本国憲法』は日本の国力を削ぎ、米国追従の国家をアジアの拠点にとするために、おしきせた憲法である」―――と改めて真相を公表し、極東軍事裁判(東京裁判)は戦勝国が一方的に裁いた作為的な終戦処理。この戦勝国は未だに国連安保理事国で拒否権を行使し、「米国ナンバー1」になりえない状況にある。国連維持のための負担金を見直す。「アメリカナンバー1」を実現するために―――と正直にありのままを伝えるべきだろう。
 トランプ氏自身、父方はドイツ系、母方はスコットランド系で妻君はラテンアメリカ。「移民」と呼ばれる流入の才能が国家を形成し、これまで人種の激突をくり返し、真の民主主義を確立したアメリカ。
 我々の戦後はアメリカが「恩師」であり、国の行く末を、アメリカを手本として受け止めて来た。「アメリカ・ナンバー1」?何を言ってんだ!アメリカは元々ナンバー1の超大国。米国がクシャミをすれば日本は風邪どころかインフルエンザになる。何をそんなに慌てるか、車を売りつける日本とは貿易不均衡で公平ではない?言うに事欠いて日本をターゲットにするか。米国が育てた世界一の優等生日本を。過去70年、いやペリー来航以来、文明と文化、国家繁栄のため教示された「恩師」たるアメリカに、授業料はちゃ~んと納めている。おつりが出るくらいに。
 ただ「ボーダレス(脱国境の意識)」を唱える巨大企業が、人件費の安い発展途上国に生産拠点を移し、利益拡大に走り、国家、国政をかえりみないアコギなやり方を反省させるには、いい材料にはなった。
 我々日本人は偏狭なナショナリズムを「愛国心」とは呼ばない。
     (陽)


べっぷ鶴見岳一気登山参加者募集

 第30回べっぷ鶴見岳一気登山記念大会(実行委員会主催)が4月9日午前8時半から、スパビーチスタートで開催される。今回は30回大会で、8日午後1時からはビーコンプラザで記念の集いも行われる。
 スタート地点の海抜0㍍のスパビーチから、ゴール地点の標高1375㍍の鶴見岳山頂まで、幹線道路を一切使わずに行われる全長約12㌔のコース。タイムレースの「いだてん天狗タイムレース」、ウォークの「のびのびさくらウォーク」と「GOGOGOハーフウォーク」がある。
 いだてん天狗タイムレースは、タイムを競うもので、定員は200人。登録料は5千円。のびのびウォークは定員800人で、登録料は2千円(小学生以下千円)。ハーフウォークは、8㌔で定員は2千人。登録料は千円(小学生以下500円)。昨年は、県内外から2988人が出場した。
 受付けは2月1日からで、いだてんが10日(消印有効)、ウォークは3月24日(必着)まで。希望者多数の場合は、いだてんは抽選、ウォークは先着順。
 また、記念の集いは、立命館アジア太平洋大学(APU)のダブルダッチ「Rich C Take」によるアトラクションやアウトドアウェアーで有名な辰野勇・株式会社モンベル代表取締役会長の特別講演「『夢と冒険』今、リーダーに求められる力」がある。入場は無料だが、整理券が必要。いずれも申し込み・問い合わせは実行委員会事務局(電話242828)へ。

第53回くらしの中の竹工芸展

 「竹・ルネサンス」実行委員会(岩尾一郎会長)主催の「第53回くらしの中の竹工芸展」が2月12日まで、別府市竹細工伝統産業会館で開催している。時間は午前8時半から午後5時。2月6日は休館日で、最終日の12日は午後4時まで。別府市など共催、今日新聞社など後援。

01313

 開催にあたり午前10時から、同会館2階で表彰式が行われた。今回は66人が145点を出品した。
 表彰式で、県知事賞の中臣一さんに県商工労働観光部商業・サービス業振興課の森山成夫課長から表彰状と盾などを贈った。また、別府市長賞など10賞にもそれぞれ表彰状と盾が贈られた。
 主催者を代表して、岩尾会長が「今回の第一席と第二席は、別府で勉強して竹田市で活動している人です。別府に根を張ってほしいと思いますが、これが今の流れなのかなと思いました。これからも、今受賞を励みにして頑張って下さい」と式辞。
 来賓を代表して猪又真介副市長(市長代理)が「今受賞は、皆さんのたゆまない努力の賜物だと思います。県内唯一の伝統産業の担い手として、竹細工の振興により一層努力して下さい」と祝辞を述べた。
 受賞者を代表して中臣さんが「受賞でき、大変光栄です。この賞を糧に精進し、素晴らしい伝統を踏襲していきます」と謝辞を述べた。
 表彰式終了後、1階の展示室で各賞の講評が行われた。
 各賞の受賞者と作品名は、次のとおり。(敬称略)
 ▽大分県知事賞=中臣一、ムスビ花籠「豊潤」▽別府市長賞=池将也、烈▽別府竹製品協同組合理事長賞=中村圭、やたら編み一輪挿し(白)▽別府竹製品卸商業組合理事長賞=一木律子、春の茶籠▽別府市議会議長賞=谷村政治、縄六つ目スタンドライト(LED)「やすらぎ」▽大分県竹産業文化振興連合会会長賞=佐野佳代子、豊穣▽別府商工会議所会頭賞=岡田晃、花風▽別府市観光協会会長賞=大谷健一、パーティーのための盛りかご▽大分合同新聞社社長賞=大橋重臣、BFライト(大)▽光雲斎賞=谷村政治、松葉編みバッグ▽特別賞(竹・ルネサンス賞)=中臣一、ムスビ花籠「豊潤」

2017年1月30日 (月)

第28回為朝杯高校弓道選手権大会

 別府溝部学園主催の「第28回為朝杯高等学校弓道大会」が29日午前9時半から、同学園85年館弓道場で開催された。今日新聞社など後援。

0130t3

 学園のある別府市大字雨側字通山は、源為朝公と深いかかわりがある地名だという。為朝公は源氏第7代為義の第8子で、弓の名人として知られている。居城(館)は学園の近くにあり、近くにある山の「姫山」という名前にも、為朝公のおそばに差し出された豪族たちの娘のお墓があるためだとう言い伝えもある。これらのことから、「為朝杯」として弓道大会を開催している。
 今年は、県内外から男子25校、女子26校が出場。それぞれ27校が出場予定だったが、インフルエンザなどのため欠場が出た。
 1校3人で、2校ずつが射場に立ち、順番に弓を射っていった。静かな弓道場の中に、的に当たるバシッという音が響くたびに、大きな拍手が送られた。男子は上位3校が同点だったことから、的からの距離で順位を決める同中競射が行われた。成績は次のとおり。
 ▽男子①鶴崎工業②大分豊府③中津南▽女子①大分南②大分西③中津南。


生涯学習フェスティバル

 昨年10月から行われていた、第24回別府市生涯学習フェスティバルのトリとなる第29回サザンクロス発表会が27日から29日まで、中央公民館の第22回あったか祭りが28、29両日行われ、施設を利用する講座生や地域住民が日頃の成果を披露し交流した。

0130t2

 サザンクロス発表会の展示会は、創作屏風教室、華道教室が1階ホールを彩り、入場者を迎えた。4階では、デジタル一眼レフカメラ入門、やさしいデッサン教室、水墨会、木版画入門、布花、翠晃書道会、木綿・友・遊(パッチワーク)、ふみ手編み教室、やさしい日本画教室、伸び伸び絵画、着物リメイク洋裁、日本画絵手紙と写真教室、押し花彩恵、野の花を訪ねて(野草写真)。
 2日目には3階視聴覚室で映画鑑賞会「ポセイドン」「レナードの朝」があり、3日目にはステージ発表と食品バザーがあった。大正琴(藤花会)、鶴見詩道会(詩吟)、日本民謡梅幸会、楽しいウグイス会(カラオケ)、別府民謡愛好会、24式太極拳、ゆけむりカラオケ愛好会、ザ・コールサザンクロス(コーラス)、藤栄会(舞踊)。主催講座の楽しい食卓、男の厨房、男の料理入門編が手づくりうどんを、各講座の有志が山菜炊き込みごはん、助六寿司などの販売を行った。
 ◇   ◇
 第22回あったか祭りのテーマは「みんな生き生き、ふれあう文化の輪」。リニューアル工事のため、1年ぶりの開催。

0130t2_2

 1階講座室とホールでは、さとう絵画教室、蒼土会、別府親と子の劇場、別府番傘川柳会、やさしい日本画教室、染め遊、楠遊墨画会、小原流生け花、華つねまつ、梅津圭二フラワーデザイン教室が作品展示をした。
 2日目には、今年度リニューアルした市公会堂ステージで、鶴見詩道会・光翠扇流、別府市太極拳朋友会、楽しい日本舞踊講座、華つねまつ(現代の名工生け花パフォーマンス)、オカリナアンサンブル・フリージア、木村流大正琴、喜多美流(演舞)、涼芳会(長唄)、ポコ・ア・ポコやさしい大正琴、ハーラウ・オ・プアレイヒヴァヒヴァ(フラダンス)、別府健康体操、混声合唱団歌輪、ルアナ・フラダンス、レイミナ・ハウオリ・フラスタジオ、岳星会、スマイルピアノ、マプアナスタジオ別府(フラダンス)が発表をした。塚原オニパンカフェと別府コトリカフェが移動車やブースで軽食を販売。近隣店舗による、豚まんやおにぎりなどもあり、好評だった。

2017年1月28日 (土)

国保税賦課限度額引き上げへ

 平成28年度第1回別府市国民健康保険運営協議会が27日午後1時、市役所で開かれた。
 委員は公益代表、被保険者代表、療養取扱機関、被用者保険代表で構成され、19人。長野恭紘別府市長が1人ひとりに委嘱状を交付し、市国保税賦課限度額の改正について諮問した。
 内田勝彦県東部保健所長を会長に、副会長には渡邊秀一別府商工会議所専務理事を選任した。
 国保税の賦課限度額は、別府市を除くすべての県内市町村が国の28年度基準の89万円で、別府市は85万円となっている。これまでも賦課限度額は上げられてきたが、26年度から別府市は税法上の限度額より4万円低い状態が続いている。しかし、30年度から国保事業の広域化がはじまるに当り、県内で統一的な方針のもとで事業運営を行うことが必要となる。資格管理や保険給付、保険税などの事務を標準化し、賦課方式・賦課限度額も統一される方向であり、被保険者間の保険税負担の公平性確保の観点からも、賦課限度額の引き上げが不可避となっている。
 国保の広域化は、安定的な財政運営を行うためのもので、現在は市町村ごとに医療費水準を推計しているが、広域化で県が国保特別会計を設置し、各市町村が納付金を特別会計に納め、県は各市町村に交付金を出す。保険給付に必要な費用は県が交付し、納付不足は財政安定化基金から借りることができ、当該年度中の補正予算など財政措置が軽減されるという。納付金額によって被保険者の負担は変わるが、現在協議を続けている。
 今回、賦課限度額を引き上げることで、一定以上の所得の人には保険税が上がるケースもある。試算では、3人世帯でうち1人が介護分該当者(40~64歳)の場合、所得が180万円なら2万9400円の減、380万円なら増減なし。580万円なら2万円、780万円なら4万円増えることになる。答申は2月を予定している。

鉄輪温泉の「顔ポスター」作成

 鉄輪愛酎会(河野忠行会長)は「どんな顔?鉄輪温泉の顔」ポスターを500枚発行した。鉄輪の旅館などに配布して貼ってもらっている。

0128o

 別府を表現した俳句を集めて句報や句集などに掲載する「鉄輪俳句」や、鉄輪の見所を凝縮した「かんなわMAP」作成など鉄輪地域活性化のための活動を行っている同会が、鉄輪温泉の魅力を伝えるために作成した。
 ポスターは、2013年に公益社団法人大分薬剤師会(安東哲也会長)が発行した本「おおいたの温泉の顔2013」の中から、許可を得て転載したもの。大分県内の温泉の諸成分を人の顔になぞらえたイラストが掲載されている。ナトリウムイオン、塩化物イオン、硫酸イオンを多く含む鉄輪温泉の顔は、縦長の輪郭に太い眉ととても大きい目、肌つやを表現したマークを最も多く持つなど、際立った特徴がある。
 河野会長は「鉄輪の特徴や歴史、魅力を、深く分かりやすく理解してもらいたくて作りました。鉄輪に来てくれるお客さんに、少しでもアピールになればと思います」と話した。

第21回お魚さばき講座

 別府溝部学園短期大学食物栄養学科、蒲江漁業青年部連絡協議会主催の「第21回お魚さばき講座」が28日午前9時、同大85年館1階調理実習室で行われ、同大食物学科1年、同大留学生、地域住民ら約140人が参加した。今回使われたブリやタイは、すべて同協議会が提供した。

01283

 魚の消費拡大と佐伯市蒲江産の魚の良さをPRすることが目的。
 牧昌生同大食物栄養学科長が「蒲江漁業青年部連絡協議会と連携を取り、講座を行ってきました。地域住民にも魚の良さをPRし、魚食を普及していきたい」。
 戸高聡昭同協議会長が「日ごろから、新鮮で美味しく安心で安全な魚を消費者に提供し、蒲江の魚を知ってもらうと努力しています。今回は、魚のさばき方を習得してもらうとともに、魚の良さを再認識して下さい。さばくとき、最初は戸惑うかもしれませんが挑戦して下さい。今回の体験を通じて、これから新鮮な魚をより多く調理していただければうれしいです」とそれぞれあいさつ。
 同青年部の阿部正博さんが、豊の活きブリ、タイを実際にさばいて、コツなどを教えた。
 その後、班に分かれてブリの湯煮、ブリの鍋照り焼き、タイの包み焼き、刺身の盛り合わせなどを作った。留学生の多くは、初めてさばくため緊張していたが、徐々に慣れてきて真剣な表情で包丁で切っていった。
 スミット・クマルさん(29)=スリランカ=は「初めて魚を切ったが、良い経験になった。食べるのが楽しみで、またやってみたい」。
 シー・ピンさん(37)=中国=は「自国で魚をさばいたことはなかったので、内臓を取るところや3枚におろすところが難しかった。レシピをもらったので、家でチャレンジしたい」。
 同大食物学科の佐藤妃代里さん(19)は「国に関係なく、交流ができました。魚に触れたことがない人も、料理が完成していくのを見ていて楽しそうでした。刺身のツマをみて、元がダイコンと知るとびっくりしていました」とそれぞれ話した。
 調理実習終了後、全員で試食をして、魚の味を再認識した。

2017年1月27日 (金)

別府溝部学園高校食物科の第9回作品展示会

 別府溝部学園高校食物科3年生の「第9回作品展示会」が26日、同校総合実習棟1階試食室で開催された。早朝から食物科3年3組の36人が、それぞれテーマを掲げて調理。午後0時20分から審査、1時半から成績発表が行われた。

01273

 3年生は、これまでの調理実習を通して実践的な知識を身につけて調理技術の向上に努めてきた。今回は3年間の集大成として個人で作品を展示し、今後の活動の更なるステップにするため、研鑽を積むことが目的。伝統として3年生が調理、1、2年生が会場設営をしている。
 生徒は、冬休みの間にテーマを決めており、支えてくれた多くの人に感謝の気持ちを込めて作った荒金琴音さん(18)の「報恩謝徳~今までもこれからも~」、今まで学んだ成果を見てもらい感謝を伝えようと思い作った酒井陽菜さん(17)の「成果」、3年間学んだことを存分にいかして花が蕾から開花するように表現した益形彩未さん(18)の「華」などが並んだ。
 成績発表で、松尾司教頭(校長代理)が「これから美味しいものを提供するだけでなく、サービスなどもポイントとなる。良い意味で、お客さまの期待を裏切る料理を作ってほしい。学んだことを昇華して、一歩ずつ進歩して下さい」とあいさつ。
 食物科の外部講師5人や教員が審査した結果、最優秀賞は若山美和さん(18)の「輝」に決まった。この作品には、同校で過ごした3年間を思い返すと毎日輝いており、これからも、もっと多くのことを勉強し夢に向かって毎日きらきらと輝いている人になりたいという気持ちが込められている。
 優秀賞は荒金さん、酒井さん、益形さんの3人。
 若山さんは「それぞれの料理の色合いを気をつけながら、調理しました。ブライダルプランナーをめざしているので、フルコースにチャレンジし、年齢に関係なく、味覚で味わうことも大事ですが視覚でも楽しめるようにしました。最優秀賞に選ばれたことは、3年間の成果が出て嬉しいです。これまで教えてくれた先生に感謝しています」と述べた。

し尿処理場春木苑を建て替え

 別府市中須賀東のし尿処理場春木苑の新しい施設「別府市汚泥再生処理センター(仮称)」の安全祈願祭が27日午前10時から、現地で行われた。設計・施工を行う水ing株式会社九州支店が主催し、関係者約50人が出席した。

0127ta2

 春木苑は昭和44年に供用を開始し、老朽化が進んでいることや公共下水道の整備が進んだことで処理対象物のうち、し尿の占める割合が減少。浄化槽の清掃により排出される浄化槽汚泥処理量の割合が建設当初は4割だったが、現在は9割以上を占めており、施設での安定した適正処理に障害を及ぼしている。昭和54年から河川への放流を止め、処理水を20倍に希釈して下水道に放流。下水道の使用料を運営費用として負担していることから、運営費の負担が増加している。また、現在は住宅地となっており、生活環境や景観等に配慮した施設への改善が必要となった。
 新しい施設は「安心で快適な生活環境の実現」を基本方針に▽処理対象物に対応して適正かつ安定した処理▽循環型社会の形成に寄与▽省エネルギー化▽生活環境や景観等に配慮▽自然災害に備えのあるー施設をコンセプトとしている。契約金は31億2660万円。現在の春木苑を運営しながら建て替えを行い、平成30年度の完成を目指す。
 神事は八幡竈門神社が行い、長野恭紘別府市長が苅初めの儀、森山義治市議会副議長(議長代理)が鍬入れの儀、設計・施工監理を行う株式会社日産技術コンサルタント九州支店の宮脇佳史取締役常務執行役員が鋤入れの儀、水谷重夫水ing代表取締役社長が杭打ちの儀を行った。長野市長、森山副議長、吉冨英三郎県議、左山浩司市自治委員会春木川地区支部長(春木自治会長)、内山正人中須賀東自治会長らが玉串を奉てんし、工事の安全を祈願した。
 長野市長は「循環型社会の役割を持ち、適正かつ安全、衛生で災害への備えもある施設となる。持てる技術を存分に発揮し、安全安心な工事をしてほしい。地域住民にはご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします」とあいさつ。来賓の森山副議長が祝辞。
 施工業者の水谷社長も「現在の施設を稼働しながら、更新工事をする技術力を伴うもの。環境に配慮したコンパクトな施設になる。騒音や臭気など周辺住民に配慮しながらやっていきたい」と述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気