« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月26日 (木)

別府市学校保健大会で表彰

 別府市学校保健会(会長・矢田公裕市医師会長)は、平成28年度別府市学校保健大会を25日午後3時、市役所で開催した。

0126t3

 矢田会長が「少子化で別府の子どもたちも減っている中でも、いじめや不登校、健康の問題がある。昨年から小学校でのフッ化物洗口が始まり、ありがたい。今後とも子どもたちの健康に力を貸していただきたい」とあいさつ。
 寺岡悌二教育長は「長年にわたり、子どもたちに健康面で指導していただき、ありがとうございます。3学期が始まったばかりで、小学校ではインフルエンザによる学年閉鎖もありましたが、中学生は受験前なので心配。専門的な立場から、これからも子どもたちが安心して安全に過ごせるようにお願いしたい」と述べた。
 功労者表彰があり、特別表彰(学校医20年以上)に内田博氏(64)、一般表彰(学校医及び役員10年以上)として学校歯科医の鶴田靖氏(56)を表彰。内田氏が「今度とも、生徒たちの健康管理にますます努力していきたい」と謝辞。
 阿南寿和副市長(市長代理)が祝辞を述べた。また、28年度の事業と会計について途中経過を報告。引き続き、小野貴美子別府大学教授が「地震後半年のアンケート結果から」と題して講演した。市教委は昨年4月の熊本地震後、2回にわたって幼・小・中学校でアンケート調査を実施した。その結果をもとに、小野教授は「学校がすぐに通常通りになったのが、子どもたちの回復に役立った。気持ちがイライラしたり、寝付けなかったりといろいろな症状が出ていますが、安全安心な生活をしていれば、おさまってくる」などと話した。

日本語パートナーズ事業

 政府関係機関の地方移転として国際交流基金の研修のうち「日本語パートナーズ事業」についてASEAN諸国の日本語教師を招聘して行う「カウンターパート研修・地方研修」のアンケート結果を24日、市政策推進課が発表した。

01262

 参加者から全体の満足度として「別府市の人たちは親切で優しい。温泉、竹、神社など有名で面白いものや面白いことがいっぱいあり、日本についてより理解できるようになる地域であった」。
 高校訪問について「教師として、外国の学校が見学でき、本当に幸せ。日本の教師だけでなく、学校のスタッフも親切で熱心だった。日本の高校について理解できることはいい。自分の国の高校と比べることもできた。日本語を使うこともできたし、とても良かった」。
 ホームビジットについて「日本人の温かい家庭が見えて、嬉しい。自分も家族を守ろうと思っている。大変お世話になりました。ホストファミリーはみんな、とても優しくて何でも話せる印象だった。連絡を取り続けたい」。
 竹細工体験について「日本の竹細工の物はとてもきれい。自分で竹を使って作れた。各商品についての紹介・説明はとても面白かった。熱心に温かく歓迎してもらった」のレポートがあった。
 そのほか、地方研修説明会、立命館アジア太平洋大学(APU)、別府地獄めぐり、宇佐神宮訪問、杵築訪問など多くの感想が寄せられた。
 地方研修は昨年12月15日から18日、ASEAN諸国の日本語教師14人(ベトナム11人、マレーシア3人)が別府翔青高校・APU訪問、地獄めぐり、鉄輪散策、竹細工伝統産業会館などを回った。
 平成29年度も、カウンターパート研修の地方研修を実施する。また、ASEAN諸国に派遣する日本人ボランティアを対象にした派遣前研修を実施する予定。
 今後の受け入れ体制は、平成29年度から大分県、別府市、APUを中心に構築していく予定。

きょうは第63回文化財防火デー

 「文化財防火デー」の26日午前10時、別府市公会堂で第63回文化財防火訓練があり、市消防職員、市教委、市文化財保護審議会、別府市公会堂関係者ら約70人が参加した。

01263

 別府市公会堂は、昭和3年に竣工。設計は、当時日本の近代建築をリードしていた逓信省の吉田鉄郎氏が行った。九州で最も早く造られたといわれるバルコニー型観覧席や、ストックホルム市庁舎をモデルとしたといわれている外観のアーチ構造や正面階段などの特徴を持つ大分県を代表する近代建築。
 訓練は、市公会堂1階料理室から火災が発生。自衛消防組織が初期消火を行う。3階東側ベランダと屋上に1人ずつ逃げ遅れた人がいる―と想定。
 火災を発見した市公会堂職員が「火事だー」と大きな声で火災発生を告げた。初期消火をするが消せなかったため、消防に通報すると同時に3階では健康体操教室を行っており、職員が教室参加者の避難誘導を行った。
 到着した消防隊が、3階ベランダに逃げ遅れた人を発見したため、はしごをかけて救出に向かった。同時に、手早くホースを伸ばして放水を始めた。はしご車は、屋上に取り残された人を救出した。
 高橋尚敏予防課長が「今回は、いつも公会堂を利用している人も参加した非常に良い訓練でした。文化財を後世の子どもに残すためにも、素早い通報や避難をすることが大切」。
 寺岡悌二教育長は「別府市は文化財防火デーの訓練を平成元年から行っており、今回で28回目となりました。貴重な文化財を、次世代に継承していかなければならないので、引き続き訓練を重ねていきましょう」とそれぞれ述べた。
 はしご車で救出される役だった市公会堂職員の篠田ひとみさん(25)は「はしご車に機会はないので、経験できて良かったです。消防隊員の方が『もうすぐ着きます。大丈夫ですから安心して下さい』と声をかけてくれたので、安心できました」と話した。
 別府市内の文化財は、国指定5、県指定18、市指定36、国登録19の計78点・カ所ある。
 昭和24年1月26日、法隆寺(奈良県斑鳩町)金堂の壁画が火災で焼損したため、文化庁と消防庁が昭和30年に1月26日を「文化財防火デー」に制定。両庁は同年から各都道府県・市町村教育委員会、消防署、文化財所有者の協力を得て、文化財防火運動を始めた。

2017年1月25日 (水)

昨年の別府警察署のまとめ

 別府署(横山弘光署長)は24日、昨年1年間の交通事故状況、刑法犯犯罪状況をまとめた。
 交通事故は、人身事故と負傷者は減少したが、交通死亡事故が大幅に増加した。
 刑法犯件数は減少。連続出店荒らしやオートバイ盗の少年を検挙するなど、251件の検挙実績を計上した。
 特殊詐欺(振り込め詐欺)は、16件約1240万円の被害だった。
 ◇  ◇
 交通事故状況は、人身事故622件(対前年比44件減)、負傷者807人(56人減)は減少したが、死者7人(5人増)と増加した。
 交通死亡事故7件のうち、4件は国道10号で発生。高齢者が犠牲となる事故は5件だった。
 人身事故622件を路線別で見ると、国道10号が166件(39件減)で、別府市内の人身事故の4件に1件の割合となっている。
 事故発生状況のトップは追突事故229件(36・8%)、次いで交差点などでの出会い頭125件(20%)となっている。事故原因は、前方不注意や左右の安全不確認など周囲に対する安全確認不足が351件(56・4%)と半数を超えた。
 事故の特徴として、65歳以上の高齢者が事故発生時に最も過失の重い第1当事者となる事故が159件(11件増)、死亡事故の被害者となる事故が5件(3件増)発生。高齢者が加害者または被害者として、交通事故の関係者となる現状が認められた。
 別府署交通課は、交通ボランティアと協働した街頭啓発活動などを通じて、市民の交通安全意識の向上を図る。また、国道10号での各種活動強化と高齢者が交通事故の関係者にならないための交通活動を重点として推進する。
 ◇  ◇
 刑法犯認知件数は490件(対前年比189件減)。最も多かったのが、万引き90件(42件減)。次いで、自転車盗65件(88件減)、住宅侵入窃盗19件(29件減)、オートバイ盗25件(22件減)、車上ねらい18件(7件減)、自販機ねらい5件(2件増)、その他268件(3件減)となっている。
 検挙状況251件195人の内訳は、万引き75件77人、出店荒らし15件6人、オートバイ盗14件7人、住宅侵入窃盗5件3人、その他142件102人となっている。
 特殊詐欺(振り込め詐欺)は、16件(27件減)発生しており、約1240万円(5660万円減)の被害が出ている。
 窃盗の特徴として、脱衣所ねらい20件(3件増)、ひったくり4件(4件増)、女性の衣類や下着などを盗む色情ねらい6件(5件増)など特定の罪の種類で増加した。
 別府署によると、万引きの被害の多くがドラッグストアや大型量販店で発生しており、高齢者の万引きが目立つという。
 特殊詐欺は、件数と被害額が減少した。特徴として高齢者に対して、医療費や保険金の返還手続きをするためと現金自動預払機(ATM)に誘い出して振り込ませる「還付金詐欺」の被害が多い。実行犯の5件4人、通帳などを犯人グループに渡した助長犯9件9人を検挙している。
 別府署は、自転車盗・オートバイ盗の被害防止対策として、自主防犯パトロール隊と協働して、ツーロックを呼びかけている広報活動を行っている。また、地域安全ニュースを作成・回覧し、犯罪発生状況や被害に遭わないための注意事項を啓発している。特殊詐欺の被害防止のため、老人会などの会合に出席し、被害防止講話を行う。関係団体などに情報発信し、家族や地域の見守りの目で被害の未然を行う。
 ◇  ◇
 別府署地域課の別府駅交番が、昨年11月のベスト交番賞に選ばれたのは明るいニュース。
 ◇  ◇
 別府署は、ボランティアや関係団体と連携し交通事故、窃盗、特殊詐欺の被害を1件でも減らせるよう広報啓発活動を展開していくとしている。

空き家等の適正管理に関する協定書

 別府市は、公益財団法人別府市シルバー人材センターと空き家等の適正管理に関する協定書を24日午後3時半、市役所で結んだ。県内では大分市、宇佐市に次いで3番目。

0125o

 空き家は適正な管理を行わないと荒廃し、倒壊などの安全上や衛生上、景観上問題があり、地域住民から苦情もあるという。持ち主に連絡をしても適正管理が難しいのが現状。市内には約千件の空き家があり、うち7割が適正管理をすれば利活用も可能だとみられている。シルバー人材センターと連携して、適正管理を進めていく。
 別府市が空き家の所有者から管理についての相談を受けた場合、シルバー人材センターを紹介する。シルバー人材センターは、所有者と直接交渉し、空き家等の状況確認や敷地内の除草、清掃、剪定、その他所有者が希望する業務を契約して代金をもらう。シルバー人材センターには現在約450人が会員登録している。
 長野恭紘別府市長と郷司義明理事長が協定書に署名した。長野市長は「シルバー人材センターの皆さんには、日頃から市内で元気に知見と能力を生かして働いてもらっている。懸案の空き家対策に、様々な力を借りられると期待しています。空き家は、利活用を含め、地域での関心事になっています。今後ともよろしくお願いします」とあいさつ。
 郷司理事長も「平成2年に設立以来、高齢者の生き甲斐づくりや地域活動の役に立つように努力してきました。今回の協定でより地域に貢献できる喜びを感じています。緊密な連携を取りながら、所有者と手を携えてよりよい対策ができるようにしていきたい」と話した。

別府署がコンビニ副店長に感謝状

 別府署(横山弘光署長)は25日午前9時15分、ギフトカード購入による詐欺被害を未然防止した木下幸一さん(42)=市内在住、セブンイレブン別府竹の内店副店長=に感謝状を贈った。

01252

 感謝状を手渡した横山署長は「詐欺は、いろんな手口になっています。その中で機転をきかしていただき、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします」と述べた。
 今月14日夜、同店に来店した60歳代男性がコピー機の辺りでそわそわしていたので、アルバイト従業員が声をかけると「ギフトカードを購入したいのだが」と答えた。従業員から報告を受けた木下さんが応対し、カードを置いている場所で説明。男性はそこで初めてギフトカードがどのようなものか知ったようで、木下さんが「インターネットで何か購入するのですか」と聞いた。男性は「購入するわけではない」と答えたので、理由を聞いたら小声で「インターネットサイトで間違えてボタンを押したら…」と答えた。その瞬間、インターネットサイトなどで突然、登録や入会完了となり料金を請求される「ワンクリック詐欺」と判断して、警察に相談するようにうながした。男性はそのまま別府署に相談に行ったという。
 声かけについては、セブンイレブン内でも注意するよう指示があり、従業員教育を行っていた。
 木下さんは「感謝状の贈呈はテレビでは見たことがあったが、まさか自分が受けるとは思っていなかった。店としては、当たり前のことをしたまでです。オーナーから注意するよう言われていましたし、町に根差した店をめざしているので、気軽に声をかける、かけてもらえる店になればと思います。被害が出なくて本当に良かったです」と話した。

2017年1月24日 (火)

認知症でも安全安心に生活を

 日出町は「日出町認知症高齢者等SOSネットワーク結成式」を、23日午後2時から町保健福祉センターで行った。約60人が出席。

0124osos

 認知症の高齢者が行方不明になった場合に、関係機関および地域の協力を得て早期に発見するための体制を構築し、安全の確保と家族の精神的負担の軽減を図ることが目的。43事業所が協力機関として支援する。
 本田博文日出町長が「地域の皆様に認知症を正しく理解していただき、主体的に取り組んでもらえるよう、講演会や連絡会議の開催など実施していきたい」とあいさつした。佐藤隆俊杵築日出警察署副署長(署長代理)もあいさつ。関係機関を代表して土井功町区長会会長に本田町長から登録証明書を交付した。
 引き続き、「認知症になっても最後まで住み慣れた町で生き生きと暮らせる日出町を目指して」と題して、増井玲子介護老人施設健寿荘施設長(由布市)が講演を行った。由布市は認知症サポーター研修会や徘徊模擬訓練の実施など、認知症の人にやさしい街づくりを目指している。
 増井さんは同市の取り組みを例に出しながら「高齢者人口は今後1千万人になるとも言われており、もはや一部の人の問題ではありません。行方不明になった際、500メートル以内の捜索や通報など、早くに行動できれば助かる命があることを知るのが大切です。また、徘徊には本人が口に出せないさまざま思いや理由もあります。認知症がどういう病気なのかを知り、本人や家族の気持ちを理解しましょう」と話した。
 同町の高齢者人口は昨年11月時点で、65歳以上が8114人で高齢化率は28・4%。75歳以上は4056人(14・2%)。介護および介護予防サービスを受けている中で認知機能の低下が認められるのが935人、そのうち11・5%が65歳以上となっている。

大分ヤクルト販売の表彰決起大会

 大分ヤクルト販売株式会社(竹内孝夫社長)の2017年表彰決起大会が21日午後4時、ホテルサンバリーアネックス3階エメラルドホールで開催され、220人が出席した。

01242

 出席者全員で社歌斉唱後、安田哲朗専務が開会のあいさつ。
 来賓の大分ヤクルト共栄会会長の桝田浩ミカド肉店代表取締役社長が「ここに集まった皆さんは昨年、一生懸命ヤクルト関連商品を販売されて、素晴らしい成績を残した人たちばかりです。1年間頑張ってきたぞ、という気持ちをひしひしと感じます。1年間の思いを一気に出して、素晴らしい会にしましょう」。
 長野恭紘別府市長は「健康を届けてもらっていることに対して、敬意と感謝を表します。皆さんと一緒に幸せをお配りする、幸せを実感できる別府市にしていきたいと思っています」。
 岩屋毅衆議院議員は「寒さも増しており、今からが大変だと思いますので、体に気をつけてこの1年も頑張って下さい。皆さんの活動が、町に健康だけでなく潤いと温もりを届けていると思います」。

01242_2

 吉良州司衆議院議員は「皆さんは、どんなに寒い日でも健康と笑顔を届けています。この1年間、頑張っている皆さんにとって幸多くなることを祈っています」とそれぞれあいさつ。
 続いて、竹内社長が「350人の全ヤクルトレディー(YL)と社員が一丸となって、健康飲料ヤクルト及び乳製品、さらにヤクルト400を大分県下の中に、1人でも多くの方に普及することをもう一度、テーマとして徹底したいと思います。表彰、決起大会終了後、懇親会があり大いに騒いで下さい」とあいさつ。
 その中で、同社は今期8つの展開をするという。それは①マネージャーの数を増やして、スタッフを育成する②環境改善の実施③研修制度を強化して普及業務を徹底④月度の企画の削減や見直しの実施⑤重点センターを設置しマネージャーを導入⑥環境整備強化として保育園を増園、本格的な学童・病児保育参入⑦仕事の効率化の促進⑧栄養士など有資格者を導入し直接お客さまのアドバイスを実施―の8つ。
 販売センターや個人の表彰を、竹内社長や安田専務が行った。
 体験発表として、これまで仕事で体験したことや感じたことなどを山本清美YL(竹田センター)、小袋真由美YL(中津センター)、安藤和子YL(別府センター)、佐藤しげ子YL(芸館センター)の4人が発表した。
 このあと、水野和彦部長が決意表明して閉会、懇親会に移り、出席者の融和親睦を深めた。

別府親と子の劇場40周年記念事業

 別府親と子の劇場40周年記念事業「みんなのげきじょうフェスティバル」が22日午前10時半、別府市コミュニティセンターで開催され、約100人が参加した。

01243

 砥綿夕貴子代表が「いっぱい楽しんで盛り上がりましょう」とあいさつ。
 初めに、昨年12月に開催された「ピアニカの魔術師」ミッチュリーさんから教えてもらった両手引きで有志24人が「メリーさんの羊」を演奏した。
 続いて、パネルシアター専門劇団のDANパネ団が「おばけマンション」「つるのおんがえし」などを披露した。「北風小僧の寒太郎」では、ペットボトルのマラカスや手作りの鈴などを使って生演奏すると、子どもも大人も手拍子をするなど盛り上がった。
 ランチタイムでは、別府親と子の劇場名物となっている会員手作りのキーマカレーがふるまわれた。年齢に関係なく「美味しいー」と感想を述べて笑顔になっていた。
 食べ終わると、会員がボディパーカッション、竪琴(ライアー)の演奏などで行い、終始、参加者を楽しませていた。

2017年1月23日 (月)

別府市GG協会

 別府市グラウンド・ゴルフ協会(山下義男会長)主催、今日新聞社など後援の「平成28年度グラウンド・ゴルフチャンピオン大会」が21日午前9時、野口原野球場で開催され、124人が出場した。

01233

 大会は、同協会が主催・主管した11大会の入賞者や各クラブの会長推薦者が出場する。
 開会式では、川口稔副会長が開会宣言。
 来賓の寺岡悌二教育長(市長代理)が「昨日の天気から開催できるのかと心配していましたが、好天となり開催できることをお慶び申し上げます。昨年度の入賞者のみが出場できる大会ですので、ここには精鋭ばかりがそろっています。日ごろの練習の成果を発揮して、チャンピオンめざして頑張って下さい」。
 檀上陽一今日新聞社社長は「昨日の夜の雨で中止かもと思ったのですが、日ごろの皆さんの精進の賜物か、グラウンド・ゴルフに対する情熱が晴天につながりました。楽しい有意義な一日になりますよう、ますます元気に頑張って下さい」とそれぞれあいさつ。

01232

 その際、檀上社長がグラウンド・ゴルフ専属のコートについてもふれた。
 続いて、主催者の山下会長は「皆さんの1年間の努力の結晶として、チャンピオン大会に出場し優勝をめざして頑張って下さい」と話した。
 選手宣誓を第2回優勝者の新田進さんが行い、新田さんや来賓の廣田巌市地区体育協会連合会会長や塩地奎三郎市自治委員会会長らが始球式を行った。
 試合は8ホールを3回、計24ホールを回り打数の少なさを競った。出場者の中には車イスに乗った人もあり、会場にはホールポストめがけてボールを打つ音が響いた。

01232_2

 成績発表があり、1~3位に小鹿田焼きの皿が贈られた。
 1~10位は、次のとおり。(敬称略、かっこ内は団体名)
 ①江藤スマコ(コスモス)51打②鹿嶋信彦(遊の会)53打③松川寿子(南)53打④藤野俊一(立石)55打⑤篠原龍馬(鶴扇)56打⑥一木祥之(東園)56打⑦林武夫(大平山)56打⑧北村富士夫(なかよし)56打⑨林昭文(ニューライフ)56打⑩佐藤民子(同)57打

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気