本紙購読

特集ページ

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

メダルの色

 みらいしんきん三支部合同講演会の取材に行ったとき、3年前に別府商工会議所のセミナーで講師を務めた神鳥税理士事務所の神鳥慶子所長に会った。今回も講演会の講師として参加。
 講演会の最後に「財産遺して銅メダル、思い出残して銀メダル、生き方遺して金メダル」と話し、自分の命をどのように締めくくるかを考えてほしいと参加者に伝えた。
 自分はどのメダルがもらえるのだろうか。(田口)

別府大学に芥川賞小説家3人集う

 別府大学大学院文学研究科日本語・日本文学専攻主催の特別講演「温泉と文学」が26日午後1時、別府大学メディア教育・研究センターメディアホールで開催され、約200人が聴講した。

02283

 講師を務めたのは、小説家の玄月氏(第122回芥川賞受賞)、吉村萬壱氏(第129回芥川賞受賞)、藤野可織氏(第149回芥川賞受賞)。
 コーディネーターは、別大文学部国際言語・文化学科講師の澤西祐典さん。
 第1部は「作家と温泉」について3人が語り合った。
 吉村氏は「住んでいるところの近くに温泉はある。湯質がドロッとしていていいですよ。貝塚市には、スーパー銭湯が3つあり、それを回るのが日課になっている」。
 玄月氏は「同じところにじっとできない性分で、湯船に5分入るのを3回も繰り返したら上がる。だから温泉に行っても、それは変わらない。しかし、秘湯は巡ってみたい」。
 藤野氏は「お風呂は1人でこっそり入るタイプなので、公衆浴場は苦手。温泉はマナーが分からないので、あの人あんなことしていると思われるのではないかと不安」とそれぞれが述べた。
 別府について吉村氏は「創作活動に行き詰っているので、何かつかんで帰りたい」。
 玄月氏は「モダンな建物があり、京都や奈良などにない魅力がある」と語った。
 第2部は「温泉で読みたい本」をテーマに語り合った。
 藤野氏は「温泉地で本を読むとしたら、1人で来ていると思った。ということは、部屋に閉じこもってダラダラゴロゴロしている。家と一緒になると思う」と笑いを誘った。選んだ3冊は、「殺人者たちの午後」「日時計」「プリズン・ブック・クラブ コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年」。
 参加者は、3人の話をメモしたり、思いもよらないエピソードで笑ったりと盛り上がった。

別府翔青高校に「青山文庫」設置

 県立別府青山高校の最後の卒業生となる第51回生の卒業プロジェクトの一環として、別府翔青高校に「青山文庫」の寄贈式を27日午後4時10分、行った。

0228t3

 卒業プロジェクトは「青高は人と人の間に残る」をコンセプトに、記念碑などではなく人々の間に「語り継がれる」ことによって、別府青山高校を残していこうというもの。3日に行われた3年生を送る会で職員が劇「青高は終わらない」を上演するなどしてきた。
 青高の伝統の1つである「皆がよく本を読む」から、3年生155人の中から希望者を募り「心に残る1冊」を図書館に約70冊寄贈。後輩に思いを伝えるため、寄贈された本で特設コーナー「青山文庫」を設置することになった。
 寄贈式には、3年生の図書委員9人と別府翔青高校2年生の図書委員16人が出席。梅木伸彦教頭(校長代理)が「末永く、後輩や教職員で読ませてもらいたい。映画や音楽などいろいろあるが、個人的には活字文化の方が勝っていると思う。文章や行間、文字には見えない人物の表情、筆者の思いを感じ、世界が広がる素晴らしさがあるし、教養も深まる。青高生の思いを翔青の生徒が読み、味わいながら皆の気持ちを伝えていきたい」とあいさつ。
 前図書委員長の岡崎真也さん(18)が「最後の学生として、何らかの形で伝統や思いをつなげたいと思い、寄贈することにしました。1冊1冊に生徒の思いが沢山込められています。より多くの生徒に読んでもらい、翔青の発展にも寄与したい。大切にして下さい」と述べ、別府翔青高校の安部健太図書委員長(17)に手渡した。
 安部委員長は「皆さんの是非読んでほしいという思いが沢山こもった本をいただき、ありがとうございます。青山高校はなくなりますが、校舎も図書館もここにある。青山文庫はずっと残るし、これから入ってくる生徒にも親しまれると思います」とお礼を述べた。
 28日には3年生全員で校歌を歌った記念CDの引き渡し式、3月1日に卒業式と閉校式を予定している。

中部中同窓会に140人入会

 市立中部中学校(新谷なをみ校長)で27日、70回目の同窓会(鶴洋会)入会式が行われた。

02272

 3年生(140人)を前に、新谷校長が「皆さんは3月31日までは中部中学生です。しかし、4月1日から同窓生となります。同窓生というのは、中部中学校に何かあったとき、駆けつけて何か活動する人だと思います。何かの力になれる人になって下さい」とあいさつ。
 続いて、同窓会入会の歓迎メッセージが、同校卒業生の屋田清教頭から配られた。
 「成人式を迎えたとき、中部中の仲間や中学校時代を思い出すでしょう。君たちが二回目の成人式を迎える40歳、還暦を迎える60歳になったとき、再会するかもしれません。そのときは、体育大会、文化発表会、修学旅行での出来事、友だちや先生の話で盛り上がるでしょう。ぜひ卒業した後も、140人の仲間をお互いに大切にしてほしいと思います」と記されていた。
 生徒を代表して宮下直人生徒会長が「まだまだ未熟者ですので、同窓会の諸先輩方の温かくそして厳しいご指導をお願いします。中部中学校で学んだ人と人との関わりの大切さと誇りを胸に頑張っていきます」と入会の誓いを述べた。
 中部中学校は昭和22年4月23日、市立第3中学校としてトキハ別府店(旧北小学校西側)に開校。23年に現在地に移った。これまで1万6389人が卒業しており、卒業生の中には故稲尾和久投手(西鉄ライオンズ)や113番目の元素を発見した森田浩介九州大学教授などがいる。


別府市議会の第1回定例会開会

 別府市議会は平成29年第1回(3月)定例会を28日午前10時、開会した。会期は3月24日までの25日間。

0228t2

 今回は、平成29年度予算案など予算関係16件、条例関係14件、その他4件の34件が上程されている。
 長野恭紘別府市長が冒頭、5日夜に発生した楠町の火災について報告。全焼4棟に部分焼などを含む7棟14世帯、22人が被災し、3人が死亡した。消防活動をする一方で、災害対策連絡室を設置し、避難所を開設するなど対応を行ったことを説明した。
 引き続き、「就任以来、『まちまもり』こそ『まちづくり』であり、別府の歴史、伝統、文化、産業を磨き続けることこそが、別府の誇りを再建し、新たな誇りを創生することにつながると考え、地域を磨き、別府の誇りを再生することを念頭に市政運営をしてきました。29年度は、すべての市民に寄り添い、すべてのまちの隅々まで燦燦たる光が行き届くことを期して、ひとをまもり、まちをまもり、別府人の暮らしをまもる年にしたい」と決意を述べた。
 上程中の議案については、「市税収入が伸び悩む中、国の地方財政対策においても、地方交付税の減額が示されるなど、本市もまた予算編成にこれまで以上の工夫と努力を傾注した。その中でも、当初予算は、地方創生の発展期の予算として、別府創生の実現を加速するため、重点的に取り組むべき施策に対しては、財源を重点配分するとともに、地域経済を下支えする公共事業費も大幅に増額し、景気にも配慮した積極型予算を編成した」と説明した。
 本会議は3月2日に再開され、議案質疑と上程中の議案すべてを委員会に付託。6日に常任委員会を開き、9日に本会議で委員長報告、討論、表決を行う。休会中の13日から15日まで予算決算特別員会を開き、29年度予算案について集中審議を行う。16、17、21日には一般質問があり、14人が通告。最終日の24日に予算決算特別委員長からの報告、討論、表決を行う。


2017年2月27日 (月)

ネコも市民?

 別府のあちらこちらを歩いていると、ネコの多さに驚かされる。こちらを見るや近付いて頭をなでることを要求したり体をすりつけてきたり、何もしていないのに一目散に逃げ出したりと、反応は様々。それはどこに住むネコも同じことだが、側溝から湧き出る湯けむりで恍惚の表情を浮かべて温まるネコの風景は、まさに別府ならではと思う。人間の文化の発展に合わせて、面白く順応しているものだなあ。
 そういえば2月22日はネコの日だった。別府の街中を気ままに歩くネコがいつになく気になったのは、そのせいか。(大平)

別府市消防団の春季訓練に300人

 別府市消防団(片岡典之団長)の春季訓練が26日午前9時、市立別府商業高校グラウンドと柔剣道場で開催され、17分団及び女性分団から約300人、車両20台が参加した。

02272

 水・火災などの災害から国民の生命、身体、財産を守るため、その部隊行動を確実軽快にし、厳格な規律を身につけて消防諸般の要求に適応させる基礎を作ることが目的。
 開会式で、団本部と各分団が分列行進を行った。
 続いて、片岡団長が「短時間の訓練だが、真剣に取り組み事故がないよう、最後まで気を緩めずに取り組むように」。
 来賓の長野恭紘市長は「防災力は地域の力と同じです。その防災力の中核を担うのは、消防団員の皆さんです。これからも、片岡団長をはじめとした皆さんの力なくしては地域力を上げることはできません。これからも、市民や観光客の安心、安全のために尽力して下さい」。
 堀本博行市議会議長は「いざというときには、地元の地理や事情に精通した消防団があるからこそ、地域の皆さんが安心して暮らせると思っています。自分たちの地域は、自分たちで守るという強い精神で市民のために一層の尽力をお願いします」とそれぞれあいさつした。
 グラウンドでは、3班に分かれた17分団が訓練礼式、車両3台をホースでつなぎ放水する中継訓練、車両運転・誘導訓練を行った。女性分団は柔剣道場で、訓練礼式と応急手当指導を学んだ。

02273

 訓練終了後、河原靖繁消防長が講評を述べた。


猪の瀬戸湿原で野焼き実施

 猪の瀬戸湿原野焼き実行委員会(代表、渡邉新十郎NPO法人猪の瀬戸湿原保全の会理事長)は26日午前10時頃から、野焼きを実施した。保全の会メンバーや城島高原オペレーションズなどから約50人が参加した。

0227t3

 湿原の乾燥化、森林化の防止および害虫を駆除して湿原を保全するのが目的で、今回で6回目。
 猪の瀬戸湿原は、鶴見岳と由布岳の南斜面の間にある標高700㍍の山地湿原で、周辺の自然林により涵養された水によって支えられている。サクラソウやヒメユリなど貴重な植物も含む豊かな植生があり、動物の生息環境としても優れた地域。
 野焼きの対象は輪地面積を含む12・36㌶。毎年3つのブロックに分けて実施していたが、今年は2つにし、6班が1ブロックごとに燃やして移動した他、輪地の内側を例年より狭めて、少し広い範囲で行った。
 風向きを見ながら国道側から火をつけると、大きな炎が上がり、あっという間に赤い稜線が広がり、周囲を黒く染めていった。また、野焼きに驚いたシカが慌てて逃げ出す姿も見られた。

福祉フォーラムin別杵速見実行委員会

 福祉フォーラムin別杵速見実行委員会と別府市は、「障がいのある人もない人もともに暮らすまちづくり」として取り組んだ、小学校・幼稚園訪問ワークショップ事業の報告会を25日午後1時半、県立社会教育総合センターで行った。約40人が参加。

0227ta2

 実行委員会は、平成28年度の別府市協働のまちづくり事業補助金で、行政提案型協働事業としてワークショップを実施した。将来を担う子どもたちが、障がいを身近に感じることで理解を深めてもらおうというもの。
 はじめに、首藤健太さんが学校での様子を報告。2幼稚園と3小学校を訪問し、約620人の園児・児童と触れ合った。視覚障がいの体験や盲導犬との触れあい、卓球バレーやボッチャなどのスポーツと様々な分野の講座・体験を実施した。報告会終了後、首藤さんは「私たちの方が身構えている部分があったと思う。低学年ということで大丈夫かなと思っていましたが、すごく落ち着いて話を聴いてくれて、いろんな質問をしてくれた。これからも続けていきたい」と話した。
 報告会2では、徳田靖之弁護士をコーディネーターに、講師として学校に行った西田幸生実行委員会代表、湯澤純一県盲導犬協会長、発達障がいの子どもを持つ江藤裕子さん、難病で車イス生活をしている川野陽子さん、障がいを持ちながら障がいのある人の相談員として活動している五反田法行さん、絵手紙教室を開くなどしている原野彰子さんが体験を語った。「子どもたちの質問にどう答えるか迷うこともあった」「いろんな生活をしている人がいると知ってもらうきっかけになればと思った」「子どもの頃から障がいに理解を持つと、大人になっても手助けをしてくれる人になると思う」「もっと多くの学校に参加してほしい」などの意見が出た。
 引き続き、授業体験もあり、盲導犬との触れあい、視覚障がい者の誘導、絵手紙、発達障がいについて学んだ。
 29年度は、まちづくり事業の市民提案型協働事業として、中学生まで対象を広げて実施することにしている。

2017年2月25日 (土)

忙しい人

 平成28年度みどりの少年団椎茸ほだ木駒打ち体験の取材に行ったとき、「常連」サンと会う機会が多いと感じた。
 大分県椎茸農業協同組合理事の小川建さんもその一人で、別府市消防団第16分団長だったことが分かった。
 取材前日の17日、別府市消防団幹部研修会を取材。小川さんも出席していた。駒打ち体験では「昨日も取材に来ていたね」と言われてた。
 忙しい人とは仕事以外にも多くの役をこなす。忙しい人とは公に尽くす機会が多い人と解釈している。(田口)


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気