本紙購読

特集ページ

« 別府市議会の第1回定例会開会 | メイン | 別府翔青高校に「青山文庫」設置 »

2017年2月28日 (火)

中部中同窓会に140人入会

 市立中部中学校(新谷なをみ校長)で27日、70回目の同窓会(鶴洋会)入会式が行われた。

02272

 3年生(140人)を前に、新谷校長が「皆さんは3月31日までは中部中学生です。しかし、4月1日から同窓生となります。同窓生というのは、中部中学校に何かあったとき、駆けつけて何か活動する人だと思います。何かの力になれる人になって下さい」とあいさつ。
 続いて、同窓会入会の歓迎メッセージが、同校卒業生の屋田清教頭から配られた。
 「成人式を迎えたとき、中部中の仲間や中学校時代を思い出すでしょう。君たちが二回目の成人式を迎える40歳、還暦を迎える60歳になったとき、再会するかもしれません。そのときは、体育大会、文化発表会、修学旅行での出来事、友だちや先生の話で盛り上がるでしょう。ぜひ卒業した後も、140人の仲間をお互いに大切にしてほしいと思います」と記されていた。
 生徒を代表して宮下直人生徒会長が「まだまだ未熟者ですので、同窓会の諸先輩方の温かくそして厳しいご指導をお願いします。中部中学校で学んだ人と人との関わりの大切さと誇りを胸に頑張っていきます」と入会の誓いを述べた。
 中部中学校は昭和22年4月23日、市立第3中学校としてトキハ別府店(旧北小学校西側)に開校。23年に現在地に移った。これまで1万6389人が卒業しており、卒業生の中には故稲尾和久投手(西鉄ライオンズ)や113番目の元素を発見した森田浩介九州大学教授などがいる。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気