本紙購読

特集ページ

« べっぷ湯けむり杯テニス大会 | メイン | いいたい砲台 »

2017年2月 8日 (水)

5月に第19回アルゲリッチ音楽祭

 アルゲリッチ芸術振興財団は7日午後1時45分、大分県庁舎本館で「第19回別府アルゲリッチ音楽祭」の発表を行った。今回は5月6日から26日に、別府市のしいきアルゲリッチハウス、ビーコンプラザ、大分市のiichiko総合文化センターなどで開催される。

02083

 二日市具正理事長(大分県副知事)が「今回は大変すばらしい内容となっています。来年は国民文化祭があるので、相互連携をしながら機運を高めていきたいと思っています。国内外から多くのお客さまを呼びためにも、PR動画を作成しました」。
 阿南寿和副理事長(別府市副市長)は「別府の持つ多様性などの観点から、温泉地とクラシック音楽との出会いという別府の魅力を世界に発信していきたい。同音楽祭は、特に次世代を担う子どもたちの心に寄り添うものでありたいと思っています」とそれぞれあいさつ。
 音楽祭総合プロデューサーの伊藤京子副理事長が、今回のテーマ、ポイント、出演者、日程、コンサート内容などを説明した。
 テーマは「小さな子どもだったあなたへ~私たちの星で音楽を奏でる理由(わけ)~」。「大切なことは目に見えない」という「星の王子さま」の中で語られるメッセージとともに、人々にとって何が大切なのかを問い、穏やかに共生していける世界への願いを音楽に託したいと思う。
 ポイントは、現代に望み得る最高の2大巨匠による共演として、世界的指揮者の小澤征爾氏とマルタ・アルゲリッチ総監督が音楽祭では初共演となる。小澤氏が総監督を務める水戸室内管弦楽団とアルゲリッチ氏がベートーベン「ピアノ協奏曲第1番」を奏でる。出会いから始まる音楽祭オリジナル企画として、5年ぶりにマラソン・コンサートを再開。アルゲリッチ総監督によるソロ演奏も予定。しいきアルゲリッチハウスのスペシャルコンサートは、同財団アドバイザリー・コミッティのチェロ界の巨匠ミッシャ・マイスキーとリリー・マイスキーによるチェロ・リサイタルを予定している。
 今回、5月16日にiichiko総合文化センターで開催される「子どもによる子どものためのコンサート」に700人を招待する。応募資格は小学1年から19歳まで、中学生以下は保護者同伴。
 往復はがきに①郵便番号②住所③希望者全員の氏名(ふりがな記入)、年齢(学年)④電話番号を記載。郵便番号874―0903、大分県別府市野口原3030―1、公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団「子どもによる子どものためのコンサート」係まで。締め切りは3月31日必着。応募多数のときは、抽選となる。
 音楽祭のチケット販売は、3月5日午前10時から開始。ローソンチケット、別府エトウ南海堂、トキハ別府店、トキハ会館などで購入できる。また、アルゲリッチオンライン(http://www.ticket.ne.jp/argerich)でも申し込める。電話での申し込みは同月9日午前10時から。
 申し込みや問い合わせは、公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団(電話272299、メールinfo@argerich-mf.jp)まで。
 音楽祭の日程は、次のとおり。(敬称略)
 5月6日=大分県出身若手演奏家コンサート(開場午後2時半、開演3時、ビーコンプラザ・国際会議室、全席無料だが整理券が必要、出演者は宮城薫ほか)。
 8日=しいきアルゲリッチハウススペシャルコンサート「ミッシャ・マイスキーチェロ・リサイタル。(開場午後6時半、開演7時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、全席指定1万5千円、出演者はミッシャ・マイスキー、リリー・マイスキー)。
 16日=大分県芸術文化スポーツ振興財団共催事業「子どもによる子どものためのコンサート」(開場午後6時半、開演7時、iichiko総合文化センター、全席無料だが要応募、豊嶋泰嗣ほか)。
 17日=別府アルゲリッチ音楽祭・水戸室内管弦楽団共同制作ベスト・オブ・ベストシリーズ「室内オーケストラ・コンサート」(開場午後6時15分、開演7時、iichiko総合文化センター、全席指定でGS2万5千円、S1万8千円、A1万2千円、B8千円、C6千円、ユース3千円、出演者はマルタ・アルゲリッチ、小澤征爾ほか)。
 18日=公開ヴァイオリン・マスタークラス(開場午後6時半、開演7時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、聴講料1500円、出演者はイヴリー・ギトリス)。
 20日=室内楽マラソン・コンサート~アルゲリッチが贈る星の王子さま(開場午後2時半、開演3時、ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール、全席指定でGS1万8千円、S1万5千円、A1万2千円、B7千円、C5千円、ユース2千円、出演者はアルゲリッチほか)。
 21日=フィルムコンサート(開場午後0時半、開演1時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、全席自由1千円)。
 26日=世界へ羽ばたく音楽家たち「樋口一朗ピアノ・リサイタル」(開場午後6時半、開演7時、しいきアルゲリッチハウス・サロン、全席自由で3千人が必要、出演者は樋口さんほか)。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気