本紙購読

特集ページ

« 杵築市議会が高校生と意見交換 | メイン | 忙しい人 »

2017年2月25日 (土)

みらいしんきん三支部合同講演会

 みらいしんきん同友会三支部(南支部、本店・野口支部、山の手支部)合同講演会が24日午後6時半、県立社会総合教育センター2階視聴覚室で開催され、約90人が参加した。

02252

 みらいしんきん同友会は、大分みらい信用金庫の取引先の経営者で構成されている。
 講演会に先立ち、山の手支部常任幹事の中島一志さんが花束を作った。
 続いて、同友会南支部の後藤明文常任幹事が「毎年、3支部合同の講演会を行っており、今年は南支部が担当します。私は浜脇に住んでいますが、空き家がどんどん増えています。神鳥先生の話は分かりやすく、ためになる講話になると思います。最後までご聴講を」とあいさつ。
 講師の神鳥税理士事務所の神鳥慶子所長が「あなたの家、住んでくれる人いますか?~~夫婦・親子で考える実家問題」をテーマに講演した。
 空き家の現状として、全国の空き家数および空き家率は昭和38年に52万戸で全体の2・5%だった。平成25年では、空き家数820万戸(13・5%)と増加している。その原因は①人口減少②少子高齢化の進展③人口移動の変化―とした。しかし、最大の原因は「相続」。両親が亡くなり子どもが相続する際、子どもは持ち家があるため、実家が空き家になる可能性が高い。
 「空き家の問題点は、火災の発生、建物の倒壊、衛生・景観の悪化、防犯力の低下、自然災害発生時の二次被害などが挙げられる。そのため、平成27年5月に『空き家対策特別措置法』が施行された」と話した。
 これまでは特例で、家を撤去せずに放置しておいた方が、土地にかかる固定資産税などが安かった。平成27年度税制改正後は「勧告」を受けると特例から除外され、最大で固定資産税が6倍、都市計画税が3倍になる。
 固定資産税、譲渡所得の特別控除の特例、相続された実家をどうするかなどを説明した。
 「老後資金は、3つに分けられる。それは日常生活のために使うお金、何かあったときのための備えるお金、万一の際に子どもたちに残すお金となる。また、遺言書、エンディングノートなどがどこにあるかを残された人たちに伝えてほしい」と述べた。
 最後に、大分みらい信用金庫南支店の末廣功二支店長代理が花束を神鳥所長に贈り、本店・野口支部の菅健一常任幹事が謝辞を述べた。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気