本紙購読

特集ページ

« 豊岡警察官駐在所が竣工式 | メイン | 日本画「命」! »

2017年2月23日 (木)

地獄蒸し工房鉄輪指定管理取消し

 別府市は、地獄蒸し工房鉄輪の指定管理者であるNPO法人鉄輪温泉共栄会の指定を取り消し、3月1日から直営とする方針を22日、発表した。

0223t2_2

 本来、指定管理は平成24年4月1日から29年3月31日までとなっていた。共栄会から提出された平成25年度から27年度に係る事業報告書の中で、添付書類の収支報告書に事実と異なる掲載があり、管理運営に関する基本協定書の規定の虚偽の報告に該当するため、指定を取りし消した。
 基本協定書第53条の規定によると、利益処分をした場合、その結果を市に報告することになっていたが、利益処分の実施の報告はなく、収支報告書を調査した結果、利益処分として実施可能な余剰金があることが判明したもの。
 別府市に提出されていた収益は、24年から28年度までの累計で159万3千円だったが、再提出された収益は累計で2452万6千円で、2425万6千円の差があった。利益が上がった際には、地域貢献に使うとされていたが、使われずそのまま残っていた。余剰金は、老朽化した湯けむりライトアップをLED化する提案がされており、市としては今後の当該利益処分の詳細が分かるものの提出を求めている。
 今後は、平成29年度中に新たな指定管理者を募集、選定する予定で、それまでは市の直営となり、管理業務を委託準備中だという。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気