本紙購読

特集ページ

« 日本画「命」! | メイン | 日出町議会の第1回定例会開会 »

2017年2月24日 (金)

1月の県警ベストパトカー賞

 別府署地域課の自動車警ら班(班長・森宣宏警部補=12人)が1月の県警ベストパトカー(PC)賞に選ばれ24日午前10時半、別府警察署署長室で授与式が行われた。平成19年に設置された賞で、別府署は昨年11月に続き5回目の受賞。

02243

 地域課自動車警ら班はパトカーに乗車して警ら、巡視などを行う。県下15署と2幹部交番(杵築、津久見)の地域課にあるパトカー隊を対象に、毎月、県警本部地域課がベストPC賞を審査し、県警本部生活安全部長名で表彰している。
 今回は、積極的な職務質問による犯罪検挙実績などが優秀だったことが評価された。
 高山譲二県警本部生活安全部長が「皆さんが地域の安心、安全のためにしっかりと活動した賜物と思っている。昨年は月間で2位や3位が多く、年間でも3位だった。今年は良いスタートができたのではないだろうか。ベストPC賞が目的ではなく、市民と観光客に安心と安全を提供することが目的。その達成に向けての目標。この成果を、今月以降も示すように」とあいさつ。
 次いで和田正遠・大分県警察官友の会別府支部長は「皆さんが、昼夜を問わず精励努力した結果の賜物です。皆さんの一つ一つの功績が、評価につながっていると思います。これからも頑張って下さい」とねぎらった。
 森班長は「ベストPCは、パトカー乗務員の頂点です。我々は、それを目標に日々努力してまいりました。今回の受賞を、率直に喜んでいます。今後もご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」と感想を述べた。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気