本紙購読

特集ページ

« 小学校に図書50冊寄贈 | メイン | 宣伝効果 »

2017年3月30日 (木)

28年10~12月の宿泊者数速報値

 別府市は、平成28年10月から12月の宿泊者数の速報値を29日、発表した。
 総数では、10月22万7572人(前年比6・8%増)、11月19万588人(同16・5%減)、12月21万8642人(同1・4%減)で、合わせて63万6802人(同3・9%減)だった。11月は増加したものの、11、12月は減少。九州ふっこう割が12月28日まで適用されたものの、11月は土日を含む3連休がなかったことや複数の宿泊施設が耐震工事などのために休業していることが要因とみている。
 外国人宿泊者は、10月3万718人(同20・8%減)、11月3万118人(同12・6%減)、12月3万6422人(同20・8%増)で、合わせて9万7258人(同5・9%減)だった。外国人宿泊者が占める割合は、14・5%となり、前年と比べ1%増えた。
 地区別では、北浜・中央地区が27万598人(同3・4%減)、鉄輪・明礬地区が10万7901人(同8・7%減)、堀田・観海寺地区が23万1995人(同0・5%増)、その他地区2万6308人(同22・4%減)。
 速報値を含むため確定数ではないが、平成28年の宿泊者数は、234万8584人で、前年と比べ8・2%減となっている。28年は4月に熊本地震が発生したことからゴールデンウィーク中の宿泊者数が大幅に減少したことが影響しているが、九州ふっこう割などもありほぼ例年並みに回復しつつある。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気