« 七ツ石稲荷神社初午祭に300人 | メイン | 走る新しい移動図書館車 »

2017年3月27日 (月)

好物、ダッシュ!

 どこの高校でも、昼食時にお弁当やパンを売りに来るお店屋さんがいる。記者も高校時代はお世話になった。
 午前中最後の授業が終わりに近づくと、少し早めに終わったクラスの生徒たちの廊下を走る音がし始める。特に売り場から遠い教室の生徒にとっては、売り場に着いたとき、選択肢が多いか少ないかの瀬戸際。比較的近い教室だった記者は、その音が聞こえると早く授業が終わらないか願ったことを思い出す。
 県立別府鶴見丘高校で約50年にわたり、数多くの生徒や教員の胃袋を支えてきた「きまつベーカリー」は24日で営業を終了したが、その味と思い出はいつまでも色あせないものになるだろう。(田口)

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気