« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月28日 (金)

県猟友会が鳥獣供養祭を実施

大分県猟友会(冨田能範会長)主催の猟友鳥獣供養祭が28日、志高湖で開催され、約20人が出席した。

04282

 火男火売神社の加藤兼司宮司が神事を挙行し、祝詞を読み上げた。冨田会長、来賓の三宮隆秀別府警察署生活安全課長らがそれぞれ玉串を奉げた。
 冨田会長が「県内の猟友会に登録している人は3427人で、ピーク時の約70%となっている。平均年齢は64・4歳と少しだけ若返った。今後は、女性のハンターも含めて、人のためになりたいという人材を募集していく」とあいさつ。
 来賓の三宮生活安全課長は「猟期が終わったときに、1年間の狩猟したイノシシやシカに対して供養するとともに、皆さんの安全を祈願することが大切だと思います。別府署も今後、事故がないように尽力していきますので、よろしくお願いします」。
 宮崎寛別府市農林水産課課長補佐(課長代理)は「昨年度は、別府市内で有害鳥獣捕獲としてイノシシ655頭、シカ881頭、合計1536頭と2年連続して1500頭を超える捕獲頭数となりました。これも猟友会の皆さんの尽力のおかげです」。
 恒松直之市鳥獣害対策協議会長は「供養祭に出席し、身が引き締まる思い。猟友会の協力なくして、鳥獣被害は少なくならない。少しでも協力できるように、尽力していきたい」とそれぞれあいさつ。供養祭を終了。
 また、昨年起きた熊本・大分地震の影響で供養塔が台座から転落していたが、地震がある程度おさまったと判断し、元に戻している。

日出防犯協会が通常総会

日出町防犯協会連合会(会長、本田博文町長)の平成29年度定期総会が27日午前10時、町役場大会議室で行われた。約80人が出席。

0428t2_2


 本田町長が「児童、生徒への声かけ事案などがしばしばある。抑止には地域をあげた取り組みが効果的であり、登下校の際に地域の人による見守り活動をしてもらっており心強い。今後とも地域住民への啓発や自主防犯組織の育成に取り組んでいきたい」とあいさつ。
 甲斐芳文杵築日出警察署長は「15年前に比べると、日出町の犯罪発生数は6分の1になっている。これは、防犯セキュリティの充実や地域の自主防犯活動が大きく広がったことが要因ではないかと思う。警察としても赤色灯をつけてのパトロールや制服警察官による見せる、見える活動を強化するので、連携を密にしていきたい」と述べた。
 防犯活動に功労のあった豊岡・辻間地区街頭犯罪防止「しまやま会」の杉野紀一郎さん、上仁王みまもり隊の阿部敦司さん、豊岡・辻間団地街頭犯罪防止「しまやま会」太田地区曲木隊の個人2人、1団体を表彰した。曲木隊の土田和則隊長が「皆さんのおかげで長く続けることが出来ました。これからも頑張っていきたい」とお礼を述べた。
 議事に入り、平成28年度事業・決算・監査報告、29年度事業計画案・予算案について審議、承認した。今年度は、新入学児童に「いかのおすし」消しゴムとクリアファイルを贈った他、新たに幼稚園児にも「いかのおすし」身長計を贈呈した。各種研修やパトロールニュース「NEWまもるくん」を発行するなどして、犯罪防止に努める。

2017年4月27日 (木)

ヒットパレードクラブ仮営業開始

音楽博物館ヒットパレードクラブ(川野昌秀総支配人)は26日午後6時、北浜1丁目のブルーバード劇場地下1階のイベントスペースで仮営業をスタートした。用意された80席は満席となり、立ち見客を合わせて100人以上が来場した。

04273

 午後6時、ヒットパレーダーズの演奏と歌の中、最も早い人で午後2時半から並んでいた客が次々と入場した。
 長野恭紘別府市長は「私たちのヒットパレードクラブが、3日間で帰ってきました。これまでどれだけの人が、ヒットパレードクラブに勇気と元気をもらってきたか。これからは、市民やファンの皆さんでヒットパレードクラブをもう一度、再建をするという意気込みで頑張っていきましょう」と仮営業を祝うあいさつをした。
 続いて、ヒットパレーダーズの「ロコモーション」などの演奏が始まると涙ぐむ人がいる中、多くの客の手拍子とともに、火災前と同じようにステージ前で踊る客の姿があった。
 同クラブを運営する株式会社スピリッツ(本社、広島市)の松本浩二社長は「多くの人の縁で、ここで仮の再開ができました。この先、あの場所でやりたいという気持ちは強いです。まだ先は見えませんが、まずはこの場所で続けていきたいと思います」とあいさつ。
 その後、来場者の歓声とともに午後7時、8時5分、9時10分、10時15分、11時20分の5回のステージで盛り上がった。
 小倉から来た夫婦は「仕事帰りにヒットパレードクラブが燃えたと聞いたとき、動きが止まった。しかし仮営業ができると聞いて、本当に嬉しかった。ここに来れて良かった」。
 杵築から来た家族4人は「ヒットパレードクラブの存在は以前から知っていたが、来るようになったのは1年前から。月に1回の楽しみとして来て、子どももダンスを覚えたばかりだったから、火災の報道を見たとき、本当につらかった。仮だが早い営業は、本当に嬉しい」。
 20年以上月1、2回ヒットパレードクラブに玖珠から来ていた女性2人は「火災の一報を聞いたとき、楽しみがなくなったと思った。これだけ早い仮営業は、本当に奇跡で泣きそうになった。もともと26日に来る予定をしていて、それが仮営業の初日だったので、思いきり楽しむ」とそれぞれ話した。
 川野総支配人は「火災から3日での仮営業ができ、ヒットパレーダーズの元気な姿をお客さまに見せることができるのは奇跡。多くの人の協力と支援がありました。衣装がないなら衣装を貸す、楽器がないなら楽器を貸すといった連絡が、全国からありました。本当に、感謝と感激をしています」と述べた。

ひとまもり・まちまもり懇談会

長野恭紘別府市長は、市内17地区を回って未来を語る「ひとまもり・まちまもり懇談会を緑丘地区を皮切りにスタートさせた。26日午後7時、市中部地区公民館で行われ、住民ら約90人が参加した。

0427t3

 はじめに、塩地奎三郎自治委員会緑丘支部長(市自治委員会長、東荘園自治会長)が「地域にもいろいろな課題がある。行政と地域が一体となって取り組んでいきたい」とあいさつ。
 長野市長が市政報告をした。「私の任期は4年なので、2年ずつに分けて考えている。最初の2年は突っ走って、別府が本来持っているすごさ、本来いるべきポジションへ戻すことに力を入れてきた。サービスの質を落とさず、税金を一気に上げることなく持続させることを考えていかないといけない。そのためには、市民の皆さんの協力が必要。別府ほど資源に恵まれた場所はなく、ネームバリューのある都市。人口が減少する中、観光客を増やし、どんどんお金を落としてもらうことが必要だと思う。別府は素晴らしい武器を持っている」。
 今後の財政状況を示しながら「平成33年には基金が36億まで減る見通しとなっているが、標準財政規模は50億円なので、これを切らないようにしていかないといけない。そのためにもある程度儲けるという、会社経営のような感覚も必要になってくる」とし、観光再生実現への取り組みや防災体制、地域力の強化、通称ワンコインバス事業、産業の振興、公共施設の機能維持と経済対策などについて説明した。
 「全国のモデルになるような観光地になろうという意気込みでやっている。皆さんに包み隠さず現状をお話し、協力して一緒にやっていきたい」と話した。
 参加者からは「市営住宅がエレベーターもなくきつく、老朽化している」「漏れている温泉を活用できないか」「市民球場の照明設備やネットを高くすると数年前に言ってきてが、継続性はどうなっているのか」などの質問が出た。懇談会には各部長も出席し、現状を説明するとともに長野市長が「継続性はあるが、優先順位がある。(市営住宅の建て替えなど)財政が厳しい中、出来ることと出来ないことがあるので、どういったことが出来るか考えていきたい」などと答えた。

2017年4月26日 (水)

「赤銅御殿」の復元調査が終了

別府市は、別府アリーナ南側にあった「赤銅御殿」について文献などから復元調査を終え、25日の定例会見の中で概要について説明し、復元時の平面図や立面図、建物と庭園のパースを公開した。

0426t3_3


 「赤銅御殿」は、大正5年に筑豊の炭鉱王といわれた伊藤伝右衛門によって建造された。敷地面積は1万700平方㍍で、地形の高低差を巧みに利用した庭園と建物だった。
 建物は主屋、蔵、茶室、台所棟、温泉浴室棟で構成され、2階には伝右衛門の妻で歌人だった柳原白蓮のために作った「白蓮の間」があり、6畳と4畳半の座敷。部屋の各所には竹が用いられ、茶室に見られるような数寄屋風の室内になっている。部屋からは、別府湾や高崎山を眺められる素晴らしい眺望だった。
 屋根を銅板葺きにしていたことから「赤銅御殿」と呼ばれるようになったと思われていたが、今回の調査で屋根は瓦葺きで銅板ではないことが分った。このことから、「赤銅御殿」の名称は、豪華な御殿であることの1つの慣用的な呼称であったのではないかと推測される。
 建物は昭和17年に海軍省に寄付され、戦後は占領軍の宿舎として使われ、29年にはホテル赤銅御殿として開業。54年に解体された。
 報告資料は市立図書館で見ることが出来る。建物などの復元は未定だが、今後は報告書をもとに調査研究を引き続き行うとしている。

 

2017年4月24日 (月)

県東部保健所が衛生監視指導

 大分県東部保健所(内田勝彦所長、鶴見)は春の観光、行楽地での衛生監視指導を、21日午後2時から実施した。同保健所監視員と別府食品衛生協会(小出英治会長)の指導員合わせて10人が検査を2カ所で行った。

0422o

 春の行楽シーズンに向けて、飲食店や宿泊施設、土産物売り場などの観光関連施設における食品による事故を防止し、施設の衛生管理の向上を図るのが目的。
 血の池地獄では、併設の飲食店「極楽亭」の調理場で汚染度を簡易に測定できるATP拭き取り検査と食品衛生チェック表による点検、売店で土産品の管理状況と表示についての点検が行われた。
 調理場では検査員が帽子、マスク、エプロンを着用し、整理整頓や清掃の状況、手洗い設備、まな板と包丁、調理器具の保管状況、冷蔵庫内の温度(10℃以下)、従業員の健康チェックなど10項目を検査した。
 売店では、食品ごとに陳列状況、賞味・消費期限および期限表示の有無、アレルギー表示抜けなどの不適切事項がないかどうかなどの確認を行った。調理場と売店のいずれも検査結果は良好で、問題はなかった。
 同保健所衛生課の甲斐正二主幹は「行楽シーズン中の食中毒などを防ぐために、点検項目の中でも特に手洗いがしっかりできているかどうか、そして調理器具がきちんと手入れされているかを確認しました」と話した。


2017年4月22日 (土)

第1回市老連いきいきウォーキング

 別府市老人クラブ連合会(林三男会長)は「平成29年度第1回市老連いきいきウォーキング」を21日午前9時45分、開催し、70歳代から80歳代までの会員27人が参加した。

0422a2

 今回は、内竈の西念寺と八幡竈門神社を往復する2・4㌔㍍のコース。
 参加者は西念寺の駐車場に集合。林会長が「元気にいるために、健康づくりが大切。ウォーキングはとても良いことなので、今回も元気に歩きましょう」とあいさつ。続いて、昨年度の皆勤賞3人を賞状と記念品が贈られた。
 曇っており少し肌寒かったため、ツツジやシャクナゲが咲いている西念寺ではストーブがついており、参加者に対する配慮で心も温まったという。また、高橋護住職が寺の歴史などを説明した。
 西念寺を出発すると、徐々に晴れてきて暖かくなり絶好のウォーキング日和となった。途中、立命館アジア太平洋大学の学生がおり、一緒に歩きながら交流を深めた。
 八幡竈門神社では、初めて訪れた参加者が多く、参拝したり敷地内を見学した。その後、歩いて西念寺に戻り解散した。
 一緒に歩くことで交流を深めた参加者らは「亀川にこんな素晴らしいところがあったことを、初めて知った。また次回も参加したい」と感想を述べていた。
 同ウォーキングは平成23年度から行っており、年10回実施している。また昨年度から、市外でのウォーキングも行っている。
 皆勤賞をもらった3人は、次のとおり。(敬称略)
 ▽藤内キヌ子、安部ヒサ子(内竈福寿会)、挾間レイ子(南立石2区仙寿会)


高円宮杯の別府支部予選会

 高円宮杯第37回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント大会別府支部予選が8、9、15日に市営野口原ソフトボールB球場で開催された。

04222

 12チームが出場し、A、Bのパートに分かれてトーナメント方式で争った。Aパートの決勝は、吉弘野球スポーツ少年団と朝日少年野球部の戦いに。吉弘は1回表に四球で出塁したランナーを5番・上野選手のヒットで先制するなどして2点を入れた。その裏、朝日もヒットと四球で出塁したランナーを5番・林田凜選手の2塁打で2点を返して同点に。しかし、吉弘が2回に連続ヒットで一挙4点を入れ突き放すと、4回にも打者一巡の猛攻をみせ、6点を、5回にも1点を追加した。朝日も4回に1点を返したものの、13ー3で5回コールドゲームで吉弘が6年ぶり7回目の優勝。

04222_2

 Bパートは、上人少年野球部と別府大平山少年野球部が決勝で対戦。大平山が3回表に連続ヒットで1点を先制したが、その裏に上人も連続ヒットで同点に。上人は4回にもヒットで出塁したランナーを6番・長谷川選手が2塁打を放ち、逆転。投げては、児玉(迅)投手が大平山の反撃を抑え、2ー1で上人が2年ぶり6回目の優勝を飾った。
 第3代表決定戦では、朝日と大平山が対戦し、大平山が1回裏にヒットと四球で出塁したランナーを5番・山崎選手のヒットで返し、2点を先制。2回にも相手投手のワイルドピッチなどで4点を追加。4回には連続ヒットなどで5点を入れ、試合を決定づけた。朝日も5回に2点を返したものの及ばす、11ー2で大平山が5回コールド勝ちした。

04222_3

 各パートで優勝した吉弘、上人と第3代表決定戦で勝った大平山、昨年12月に大分市などで開催された「第14回大分県新人学童軟式野球選手権大会」で優勝した別府鶴見小マリンズ、準優勝だった北浜スポーツ少年団の5チームが別府市代表として、5月27、28日、6月3日に大分市のだいぎんスタジアム等で開催される大分県予選大会に出場する。吉弘は10回目、上人は6回目、大平山は3回目、鶴見は8回目、北浜は3回目の代表。
 今回の大会で代表の座を勝ち取った3チームのメンバーは次のとおり(敬称略)。
【吉弘野球スポーツ少年団】▽代表=安部雅浩▽監督=丸田史明▽コーチ=上野達也、永松直樹▽選手=岩井慎之介、江藤柊陽、吉岡佑介、大石煌心、上野宏樹、杉田圭吾、岩野匠徳、橋本悠太、甲斐康太、荒金直希、石川翔太、中村友謙、片倉琉成、山本晟之、菅原翔空、高見仁一郎
【上人少年野球部】▽代表=児玉直仁▽監督=長尾秀樹▽コーチ=原田大介▽選手=児玉迅、山崎航宜、梶原拓真、長谷川大翔、原田玲音、佐藤蒼悟、長谷部恭太郎、伊藤巧凱、石川獅、児玉温人、奈良きあら、吉田翔、松田ウォルターズ展長
【別府大平山少年野球部】▽代表・監督=今宮美智雄▽コーチ=上原勇二、高野浩幸▽選手=右田雄心、安部烈光、奥園弘人、●本健斗、安部秀英、山崎陽向、滋野塁、前田翔太郎、真田優斗、三原唯翔、本田夕晴、金沢絢信、早坂颯真、三浦悠真、伊藤紗月、仁田野夏緒

※●は「木」に「鉛の右側」

2017年4月21日 (金)

タイガーマスクプロジェクト

 医療法人福光医院こころの相談室(大分市)と新日本プロレス株式会社(東京都)が共同プロジェクトとして行っている「タイガーマスクプロジェクト」の一環で、プロレスラーのYOSHIーHASHI選手が19日午後4時、別府整肢園を訪れ子どもたちと交流をした。

0421t3

 YOSHIーHASHI選手は愛知県出身で、34歳。中学生の頃にプロレスラーに憧れ、トレーニングなどを積んで23歳で新日本プロレスの入門テストを受け、24歳でデビュー。メキシコで1年半経験を積んだ。得意技は、向かい合う相手の右腕を捕らえ、相手の左腕を相手の股間を通して自らの左手で相手の手首を掴み取り、そのまま相手の身体を前方回転させながら宙に抱え上げ、開脚ジャンプした自らの股の間に上下逆さまとなった相手をマットに叩きつける「フィニッシュ・ホールド」。
 こころの相談室の江藤行大室長との対談形式で、子どもたちに諦めない心などを伝えた。YOSHIーHASHI選手は「昔は体が細くて、食べてもなかなか太らなかったけど、食べ続けることで体を作った。家の近くに格闘技のジムがあったので、そこに通って体を鍛えました。デビューしてからも1年は勝てなかったが、初めて勝った時には、それまでとは違う充実感があった。メキシコ時代は毎日日本に帰りたいと思ったけど、今までの努力がムダになるのがイヤであと1日頑張ろうと思いながら頑張った」と振り返った。
 また、常に目標を持ちながら頑張ることの重要性について「これまで、プロレスラーになりたい、勝ちたい、海外で修行がしたいという目標を立て、時間はかかったけど、達成してきた。次の目標はチャンピオン。みんなも、明日は絶対に出来るという目標を立てて、一緒に頑張りましょう」と話した。
 じゃんけん大会をして、勝った人にはサイン入の写真やポスター、全員に新日本プロレスのステッカーをプレゼントした。さらに、29日に別府市のビーコンプラザで開催される大分大会の観戦チケットも贈呈した。


春の山野草・盆栽展

 鶴見岳花木の会(阿南繁信会長)の「春の山野草・盆栽展」が21日午前9時から、別府ロープウエイ山野草館で開催している。22日は午前9時から午後5時、23日は午前9時から午後4時まで。毎年、春と秋の2回行っている。

04212

 会員が手塩にかけて育てたランや多肉植物のハオルチアのほかに、ウンナンハギなどを使った箱庭などの盆栽や山野草、写真や竹細工のハンドバッグなど会員自慢の作品約200点が並ぶ。展示販売も行っている。
 3日間とも午後1時半から、参加費無料のオークションを行っている。また、同館では日田市の伝統工芸品「小鹿田焼(おんたやき)」の植木鉢を販売している。
 展示会に初めて来た女性3人は「会場が広くて、展示している種類が多く、見応えがあった。さすがの一言」と述べた。
 阿南会長は「会員が誠心誠意、1年間かけて愛情込めて育てた作品ばかり。ぜひ一度、鑑賞するために足を運んでもらえれば嬉しい」と述べた。
 問い合わせは、別府ロープウエイ山野草館内事務局(電話222277)まで。



本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気