本紙購読

特集ページ

« 別府商工会議所の通常議員総会 | メイン | 別大公開講座 »

2017年4月20日 (木)

クールス寄付

 ロックバンド「COOLS(クールス)」の後援会とヒットパレードクラブが、ライブで集まった義援金11万8795円を19日午後2時、別府市を訪れ阿南寿和副市長に手渡した。

0420t2_2

 クールスは元々、舘ひろしと岩城滉一らが結成したバイクチーム。1975年にロックバンドとしてデビューしており、クレイジーケンバンドの横山剣も参加するなどし、メンバーは変わりながらも、現在でも活動を続けている。
 後援会は全国にあり、バイクでツーリングをしてはライブをし、義援金を集めて寄付をしている。別府への寄付は初めて。
 今回は、3月24、25日に北九州市で、26日に別府市のヒットパレードクラブでライブを行った。別府市でも地震や楠町の火災などがあり、今後の災害時の支援や地域福祉のために役立ててほしいと寄付を決めた。
 COOLS後援会の上野辰巳九州代表、荒井供実東北代表、ヒットパレードクラブの川野昌秀総支配人(常務)が市役所を訪れた。
 上野さんが義援金の趣旨を説明し、阿南副市長に手渡した。阿南副市長は「復興支援でライブをしていただき、寄付をしていただいた思いを大切にしながら、市民の安全安心のために使わせていただきます」とお礼を述べた。
 岩手県在住の荒川さんは、東日本大震災を経験しており、東北地域の復興支援にもこれまで寄付を続けている。多くの人からの支援の恩返しをするためにも同様の活動を続けていくという。「趣味イコール世のため人のためになること、をしたい。一歩前に出てライブなどをやることで寄付も出来る。別府でもまたライブを是非したい」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気