本紙購読

特集ページ

« 別府市長旗中学校軟式野球大会 | メイン | 温泉絞り »

2017年4月19日 (水)

ほほえみ広場

 日出町の住民ボランティアで運営する集いの場「ほほえみ広場」の開所式が18日午後1時半から、日出町保健福祉センターで行われた。関係者約30人と大分県社会福祉協議会キャラクター「だいふくん」も参加した。日出町が実施し、町社会福祉協議会が受託された生活支援サービス体制整備事業の一環。

0419t2

 昨年6月に行われた、町介護ボランティア養成講座の修了生を中心に、誰もが集える場所づくりを行うことになった。杵築市の熊丸サロンを視察したり、すでに活動をしている町内4つのサロンを見学するなどして研修を重ねてきた。
 健康と生きがいづくりを目的に、地域になじめない人の居場所づくりや介護保険以外でも通える場づくりを、住民主体のボランティアでできる範囲で考えようというもの。17人のボランティアでスタートし、毎週金曜日の午後1時半から3時までで、誰でも参加することが出来る。
 八坂壮代表が「日本が抱える少子高齢化社会で必要となる地域での支え合いを通じて、幸せに生きていける日出町を考えるきっかけになればと思う。活動でのつながりをつくり、楽しんでほしい」とあいさつ。
 来賓の利光隆男町健康増進課長、吉良正英町社会福祉協議会事務局長(会長代理)が祝辞を述べた。町内で活動するつじま楽ゆ会、太田ふれあい食事会、ななつみ会、元気会がそれぞれ活動報告を行った。
 今月のほほえみ広場は、21日におりがみ工作、25日は3B体操、28日はレクレーションを予定している。申し込みは不要。問い合わせは町社協(電話720323)へ。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気