« ほうせい茶 | メイン | みらい景気動向 »

2017年4月 7日 (金)

別府市国際スポーツキャンプ誘致委員会

 別府市国際スポーツキャンプ誘致委員会(会長・長野恭紘別府市長、27人)は、平成29年度第1回総会を6日午後3時、市役所で開催した。

0407t3

 長野市長が「実相寺多目的グラウンドの整備工事も着々と進んでいる。防球ネットや照明が完成し、いよいよ芝を植える工程まできている。公認チームキャンプも1月に実地調査があり、大きな変更を伴う指摘はなく、準備をしてきた甲斐があった。まだまだ道のりは遠いが、期間的にはあっという間。本番に向けて力を合わせていきたい」とあいさつ。また、東京五輪・パラリンピックの聖火リレーのスタート地点に太陽の家が名乗りを上げ、一緒にオリ・パラ組織委員会を訪れたことも明かした。
 議事に入り、平成28年度事業・決算・監査報告、29年度事業計画案・予算案について審議、承認した。29年度は、ラグビーの親善試合や実相寺多目的グラウンドのまき芝体験、8月頃にはグラウンドの整備工事が竣工し、9月には第70回の記念大会となる大分県民体育大会の総合開会式が別府市で行われる。平成30年2月には姉妹都市の米国バース市の高校生とラグビーや新体操などスポーツ交流を行う予定にしている。
 ラグビーW杯の動きとしては、5月に京都で組分け抽選会、夏頃には公認チームキャンプ候補地が発表される。秋頃には試合のスケジュールも発表される予定。


本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気