« 温泉絞り | メイン | クールス寄付 »

2017年4月19日 (水)

別府商工会議所の通常議員総会

 別府商工会議所(西謙二会頭)の通常議員総会がこのほど、別府商工会館で開催され、委任状を含む58人が出席した。

04192

 西会頭を議長に議事に入り、平成28年度の一般会計収支補正予算、会館運営特別会計収支補正予算、中小企業相談所特別会計収支補正予算や、平成29年度の事業計画、一般会計収支予算、商工会館営繕等積立金特別会計収支予算、ジョブカフェおおいた別府サテライト事業収支予算など25議案が承認された。
 事業計画の基本方針は、会員事業所などの生の声の拾い上げと、その声に基づいた行政などとの協議、協働による経済環境の改善実現といった根本的役割強化を図る。また、会員・議員・役職員が一丸となって諸事業に鋭意取り組む―とした。
 その背景には、昨年4月16日に震度6弱の大震災の物的被害、その後の相次ぐ余震や発生時期がゴールデンウイーク直前だったため、基幹産業の観光業を中心に風評による甚大な経済的被害があった。この危機的状況下で、行政・関係諸団体が一致結束し、風評被害対策として国による「九州復興割」、市内関係各所と連携した「福岡駅ジャックによる大観光宣伝隊派遣」、雇用対策として県と連携した「外国人おもてなしセミナー」、地場産業支援として市と連携した「べっぷで飲んでクーポン券発行」など矢継ぎ早に対策事業を実施したことが挙げられる。
 今年度の重点事業は▽観光産業の街づくりとしてラグビーワールドカップの機運醸成、全線開通した東九州自動車道や商工会議所のもつ広域ネットワークなどを最大限に活用し誘客強化を図る。▽商店街や個店の支援強化として、積極的な事業所訪問などを通じて、各自が抱える問題点の把握とその共有を図る。多彩な会議所の支援メニューを駆使して、問題解決と事業所などの自立や持続的発展を支援する。▽組織の活性化と外部有識者などの活用として、内部会議の活性化と各種業界団体との意見交換を通じて、山積する問題点の収集と共有化を図る。行政などとの緊密な連携で、問題解決策の策定と実施策を検討する―としている。
 事業項目は①提言・要望活動の展開②会員サービス事業の拡充と組織拡充・財政基盤の強化③小規模企業ならびに市内商店街の育成と支援対策の推進④観光・商業の振興と地域づくりの推進⑤交通体系整備に関する積極的活動の展開⑥雇用・労働問題への対応⑦広報活動と情報化の推進⑧商工技術技能の普及・人材育成―としている。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気