« 別府市が会見で市議会の概要説明 | メイン | 目立つぞ!W杯プレート »

2017年5月30日 (火)

詐欺被害

別府警察署は29日、市内在住の無職女性(80歳代)が現金520万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として、捜査している。
 調べによると、同日午前10時ごろ、女性の自宅に大分県警本部の警察官を名乗る男から「あなたの名前などの個人情報が漏れている。誰でも、通帳や印鑑がなくても現金が下せるので、自分で下ろしてください」という電話があった。その直後、日本銀行の職員を名乗る男からも同様の電話があり、その中で「下ろした金の指紋を調べるので、職員に行かせる」と言われた。
 女性は午前11時半、市内の金融機関で引き出した現金520万円を、自宅に来た日本銀行職員を名乗る男に手渡した。
 午後4時10分ごろ、別府署に「お金はどうなったか」と女性から問い合わせがあり、被害が判明した。
 同署は「警察官をかたった特殊詐欺の電話が、複数件かかっている。このような電話がかかったときは、必ず警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。また、県警メール配信システム「まもめーる」でも注意喚起のメールを配信している。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気