« 産学連携で新商品開発など | メイン | 緑丘地区体協主催の第39回体育大会 »

2017年5月16日 (火)

母の日似顔絵コンクールの表彰式

今日新聞社主催の「母の日似顔絵コンクール」(別府市、別府市議会、別府市教委、別府商工会議所、別府市観光協会、JAべっぷ日出、ホテル別府パストラル後援)の表彰式が15日午後4時半、ホテル別府パストラル2階鳳凰の間で行われた。

05162

 市内の幼稚園児と小学生を対象に葉書きで募集し、607作品(人)の応募があった。表彰式に今日新聞社社長賞の川野真奈さん(9、境川小4年)ら入賞の児童・園児13人と父兄が出席した。
 檀上陽一今日新聞社社長が「モデルになったお母さんの通りに、きれいに可愛く描かれています。皆さんの将来の表情が、お母さんの似顔絵として描き出されているように感じました。お母さんは、皆さんを育てるのに苦労しながらも愛情をいっぱい注いでいます。母の日に限らず『お母さん、ありがとう』という気持ちを持って下さい。楽しい明るい家庭を築くため、皆さんも一緒に努力しましょう。勉強にスポーツに、元気よく別府を盛り立てて下さい。別府は、皆さんを宝のように育て上げ、楽しい毎日を過ごせるようにつくっていくことをお伝えします」とあいさつ。
 来賓の阿南寿和別府市副市長(市長代理)「どの作品も、良く描けており素晴らしい作品ばかりでした。今回受賞した作品は、お母さんにとっても宝物となります」。
 三重忠昭別府市議会副議長(議長代理)「一生懸命描いた作品を見て、お母さんが好きと伝わってくる作品ばかりでした。いつも皆さんのことを第一に考えてくれているお母さんや家族に、ありがとうという感謝の気持ちを持って、これから友だちとたくさん遊んで、勉強して頑張って下さい」。
 寺岡悌二別府市教育長「似顔絵の力を、学校生活や幼稚園の中で生かして、ますます活躍して下さい。校長先生や園長先生に伝えておきます」。
 井元博一別府商工会議所総務部副主幹(会頭代理)「多くの応募があり、審査で迷いましたが、笑顔が素敵な一枚を選びました。その絵から、家族の愛、笑顔あふれる家庭というのが見えました。これからも楽しい家庭で過ごして下さい」。
 梅野朋子別府市観光協会長「たくさんの応募から選ばれた、皆さんです。どれも可愛く、どれが一番というものではなく良くできています。私も昔、子どもから似顔絵などもらいました。それは何物にも代えられない宝物です。お母さんも喜んで、大切にしていると思います。皆さんは、今の心を忘れずに、お母さんと一緒に毎日を送って下さい」。
 大野浩一JAべっぷ日出総務部長(代表理事組合長代理)「多くの似顔絵を見て、どの作品も色がきれいで、お母さんの特長を描いていると思いました。これからも、お父さんやお母さんの言うことを聞いて、JAのお米や野菜をもりもり食べて、元気に大きくなって下さい」。
 宇薄孝美ホテル別府パストラル代表取締役常務(代表取締役社長代理)「応募作品607点は、どれも素晴らしい作品ばかりでしたが、中でも受賞した13人が特に素晴らしかったと思います。おめでとうございます」とお祝いの言葉が続いた。
 入賞者に賞状、トロフィー、賞品が贈られ、記念撮影をした。全応募作品を16日から31日まで、JAべっぷ日出の本店・各支店ロビーで展示されている。
 今日新聞社社長賞の川野さんは「お母さんの笑顔が好きで、笑っているところを描きました」とはにかみながら答えた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気